2011年2回新潟4日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
2011年2回新潟3日目?6日目(6/4?6/12)は全てダートでの開催。
新潟ダートは1回開催中盤から1800mと1200mで時計の出方が比例せずに、分けて表示している。先週の馬場差ダート1800m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラスマイナスゼロ。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒3だった。まずここまでの馬場差を振り返っておくと、雨や風の影響度によって開催日によって時計の出方が異なる。1日の中でも異なる日が多くなっているので、時計を比較する際には注意。
土曜は稍重から途中で良に変更されたが、馬場差は中距離・1200mとも1日を通した数値。なお、中距離については土曜よりも日曜が総じて時計が速くなったのに、1200mは逆に日曜の方が掛かっている。この辺りも時計の出方が比例しない1つの象徴的な事象と言えるかもしれない。
土日で時計の出方は異なったが、特に1800mでは土日を通じ、前めにつけた馬が粘り込むケースが目についた。新潟ダートで改めて強調すべき事ではないかもしれないが、今週もこの傾向は変わらないものと思われる。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/06/05 (日)  芝=+99.0 / 直線=+99.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML

2011/06/05 (日)  ダ=±0 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1700 メジロハクリュウ    牡3 未勝利 1:48.5 +0.6 --- +0.6 ±0 94 D E
2R D1200 マルサンライナー    牝3 未勝利・牝 1:12.5 -0.3 --- ±0 -0.3 100 C E
3R D1800 ドレミファドン    牡3 未勝利 1:54.5 +0.2 --- +0.2 ±0 98 C E
4R D1200 マルカファントム    牡3 未勝利・若 1:12.8 ±0 --- +0.3 -0.3 97 D C
5R D1800 コスタパルメーラ    牡3 未勝利 1:52.9 -1.4 --- -1.4 ±0 114 A D
6R D1200 エキナシア    牝3 未勝利 1:12.9 +0.1 --- +0.4 -0.3 96 D D
7R D1800 エアイグアス    牡5 500万下 1:51.7 -1.1 --- -1.1 ±0 111 A D
8R D1800 アオゾラペダル    牝5 500万下・牝 1:52.5 -0.3 --- -0.3 ±0 103 C E
9R D1200 ブラックルーラー    牡6 500万下 1:12.3 +0.4 --- +0.7 -0.3 93 E D
10R D1800 イーグルカザン    牡3 やまぶど500 1:53.6 +0.2 --- +0.2 ±0 98 C C
11R D1800 トーセンアドミラル    牡4 上越S1600 1:53.0 +1.8 --- +1.2 +0.6 88 S C
12R D1200 オリオンザポラリス    牡4 真野湾特500 1:11.7 -0.2 --- +0.1 -0.3 99 C D

         

3R3歳未勝利 注目レース・馬
このレースメンバーランクはEだったが、タイムランクはCで勝ち馬ドレミファドンは目立った。
1着 ドレミファドン 2戦目でダート替わりで一変だが、とは言ってもスタートで躓いて大きく取り残されてしまう。普通なら戦意喪失してもおかしくないケースだが、徐々に押し上げて行って、特に3コーナーで3番手に上がって行く辺りでかなり脚を使っている。それでも最後までしっかりとした足取りで抜け出す強い内容だった。初戦もしかりで、スタートの不安を抱えているので、次走もすぐとは推しづらいが、少なくとも成長は見守りたい1頭。
 
5R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒4速い勝ちタイムだった。内枠から先手を取ったコスタパルメーラが直線に入っても先頭。その後内にタイトロープ、外にスリープレシャスが居るが、コスタパルメーラはリードを保ち、差を広げて逃げ切った。2着は内のタイトロープ、そして3着スリープレシャスと4着ラッキーゾーンとは1秒8もの差がついていた。
上位3頭が後続を大差千切って、好タイムの決着となった。
1着 コスタパルメーラ 立て直しの効果と初ダートで正に一変した。芝のレースでは出遅れが目立って、4戦全て後方からのレースだったが、ダートでは行きっぷりそのものが違った。勝ちタイム1分52秒9はこの日の3歳500万下より0秒7も速く、上がり600mも2秒近く速い。展開的な事もあるので、確勝とは言えないが、少なくとも昇級しても勝てる裏付けは既にできた。
2着 タイトロープ タイム的には上々で、頑張りは認めるが、先行してしぶといタイプで、勝ち馬に引っ張られて好タイムという感が今回に関しては強い。次走全幅の信頼は置けないと見る。
3着 スリープレシャス タイトロープと同様の事が言える。次走全幅の信頼は置けないと見る。
 
7R4歳上500万下 タイムランクAのレース
基準より1秒1速い勝ちタイムだった。エアイグアスが今回も先手を取って競りかけられる事なく逃げて行く。サトノサウザーが2番手に上がり、差を詰めようとするものの、エアイグアスも踏ん張って並ばせる事なく1馬身差で逃げ切った。2着にサトノサウザー、やや離れた3着にトウカイノーマルが入って、このレースも前めの馬で決着を見た。
1着 エアイグアス 2走前と3走前の好内容から、前走の敗因がちょっとわからなかったが、ソエが影響していたという事。今回は十分に乗り込まれて、ほぐれた模様。スンナリマイペースに持ち込んで、終始楽な手応えで全く危なげのない逃げ切りだった。5歳にしてはまだキャリアも浅くて伸びしろがありますので、いずれは1000万下でも通用すると見ている。
2着 サトノサウザー 中央では今回が初めてのダート戦だった。こちらも頭数・メンバー構成などもあるが、スッと先行できる辺りは適性の高さを物語っている。今回は勝ち馬が強い上に楽に逃げられてしまったが、最後はよく差を詰めて3着以下は引き離してますから、ダート戦出走なら引き続き上位候補。注目馬。
 
9R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
 
11R上越S タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
 
ポイント
テイエムオペラオー産駒の連闘
後ほど
ブイワンVR30%OFF
↑ブイワンVR30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差