2011年1回阪神7日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
芝の馬場差2000m対象の数値は、土曜日曜がマイナス0秒7、月曜がプラス0秒9だった。開催3週目が取りやめとなり、先週は開催4週目だった。そして5日目のレースが月曜に代替として開催された。という事で、土曜が7日目・日曜が8日目・月曜が代替5日目となる。まずはここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、2週目は1週目よりもやや時計が掛かり、水準レベルに近づいた。先週の土曜・日曜は速い時計の出るコンディションとなったが、月曜は雨の影響で時計が掛かった。
【土日】前半2週と同じAコースで行われたが、1週間競馬が無かったことで、幾分芝コンディションが回復した様で、時計の出方は速くなった。脚質的には差し馬が届く様になっていたのが、印象的。とは言っても、一気の追い込みで間に合うかと言えば、そこまで極端ではなくて基本的には先行馬が有利。ペースが速くなった時のみ差し馬も台頭していた。
【月】月曜は雨だった。今度は逆に一気に時計が掛かった。ただ、馬場差としては終日同じ。連対馬の脚質は後半ほど差しが届いていた。土曜・日曜の方でも触れたが、基本的には先行有利の馬場だと思う。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒4からプラス0秒2へと変動、月曜がマイナス1秒8だった。まずここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、3日目までは時計の掛かるコンディション。その後水準に近づいて行き、代替5日目の月曜日は一転してマイナスの馬場差となった。
【土日】土日総じて見ればやや時計の掛かるコンディションだった。ただ、日曜終盤、雨が降って12R時は若干水準に近づいた。脚質的には徐々に差しが届く様になった芝とは違って、圧倒的に先行馬が有利だった。
【月】降り続ける雨の影響を受けて、脚抜きが良くなって時計の出方が一気に速くなった。ただ、馬場差は終日同じ数字。土曜・日曜の方で圧倒的に先行有利と言ったが、雨が降った月曜になってもその状況は変わらずだった。実質差し馬同士で決着したのは、10RのポラリスSぐらいだった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/03/19 (土)  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T2000 サワノファンタス    牡3 新馬 2:04.8 +2.1 --- +2.1 ±0 79 S D
7R T2400 シャイニータイガー    牡5 500万下 2:26.3 -0.8 --- -0.3 -0.5 103 C B
9R T1800 モルガナイト    牝5 須磨特別1000 1:46.0 -0.6 --- -0.4 -0.2 104 B A
10R T2000 ミッキーパンプキン    牡5 但馬SH1600 2:02.2 +2.7 --- +2.5 +0.2 75 S B
11R T1200 ヘニーハウンド    牡3 ファルコG3 1:08.7 -0.4 --- ±0 -0.4 100 C C

2011/03/19 (土)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 メイショウゴウヒメ    牝3 未勝利・牝 1:14.5 +1.2 --- +0.9 +0.3 91 E B
2R D1800 オメガスカイツリー    牡3 未勝利 1:55.2 +0.5 --- +0.1 +0.4 99 C B
3R D1400 メロート    牡3 未勝利 1:26.3 +0.1 --- -0.2 +0.3 102 C B
4R D1800 サフランディライト    牡3 未勝利 1:54.8 +0.1 --- -0.3 +0.4 103 C B
6R D1800 ドリームボルケーノ    牡3 500万下 1:55.2 +1.4 --- +1.0 +0.4 90 E D
8R D1200 ナムラナイト    牡4 500万下 1:12.3 ±0 --- -0.3 +0.3 103 B A
12R D1800 ロジスプリング    牡4 1000万下 1:53.2 +0.9 --- +0.5 +0.4 95 D B

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
 
6R3歳500万下 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 
7R4歳上500万下 注目レース・馬
メンバーランクはBで強豪が揃う中勝ち馬の強さが目立ったので、ここで取り上げておく。
1着 シャイニータイガー 去年の6月に既に原級を勝っている馬。今回は久々の実戦だったが、スッと折り合いをつけて最後は力でねじ伏せる様な形で押し切った。レースのラスト2ハロン目は11秒5のハイラップですから、抜け出すときの脚は速いですし、昇級しても有力。
 
8R4歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ピースオブキングが先手を取ってその外ナムラナイト・トーホウブエナスが続く。そして直線、トーホウブエナスが脱落。ピースオブキング・ナムラナイトが叩き合っているところにキクノフェーデも接近して来た。ゴールが近づき、真ん中のナムラナイトが競り勝って1着。2着がキクノフェーデ。最内のピースオブキングが3着だった。
地方から転厩してきた2頭を除けば、14頭全て前走5着以内というメンバー構成だった。結果前に行った馬同士で決着の競馬になった。
1着 ナムラナイト まだ体が太めでしたし、レースでも終始外にもたれていたが、それでも力の違いで押し切った。今回は1年ぶりを叩かれて2走目で、しかもキャリアまだ4戦ですから脚もとさえ無事ならまだまだ上を目指せる馬。
2着 キクノフェーデ これで連続の2着。時計を詰めている点は評価できるし、着実に力をつけている。
3着 ピースオブキング 1着・2着と同タイムの3着ですから、1200mに使われる様になってレースぶり安定してますし、こちらもチャンスは近いと思う。
 
9R須磨特別 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。休み明けのナリタダイコクが逃げている。3番手を進んでいたモルガナイトが直線に入って接近、交わして先頭に立つ。その内から伸びてくるのがドリームバスケット、一方大外からは1番人気ランリョウオーが追い込んで来たが、モルガナイト抜かせずに押し切って1着。その後ドリームバスケット・ランリョウオーと続いた。
16頭中前走5着以内の馬が15頭も出走していたレース。
1着 モルガナイト 馬体はきっちり仕上がっていましたし、前走9着とは言え準OPしかも不利があってのものですから、今回は課題のゲートを決めて3番手のインでじっと我慢して直線向くと力強く抜け出した。元来レースぶりにムラのあるタイプだが、今回の様なそつのない捌きができる様なら、昇級しても十分戦えると思う。
2着 ドリームバスケット 原級なら力は上位。次走も引き続き有力。
3着 ランリョウオー これは最後方から外を長く良い脚を使っていますから、上位2頭が内を立ち回った点を考えれば敗れはしたが、最も強い競馬をしているのはこの馬だと思う。次走は本命を打つ。注目馬。
4着 ハングリージャック 原級なら力は上位。次走も引き続き有力。
5着 ヒシカツジェームス 直線で前が詰まった。まだ脚が残っていただけに、次走穴で狙ってみても面白いと思う。
6着 ナリタダイコク 番組注目馬だった。休養明けだったので、それでも残り100mまでは踏ん張った。次走は着実に変わって来ると思う。
 
10R但馬S タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
 
11RファルコンS ピュアオパールが先手を取って、テイエムオオタカ・アフォードが続いた。結構テンの争いが激しいと言うよりか、こう1200m戦には珍しくひとかたまりになって団子で競馬が推移した。となると内の馬が有利かなと思ったが、意外と前の馬が止まる形になって、外から差して来たへニーハウンド・スギノエンデバーが1着・2着という事になった。
1着 へニーハウンド 初戦がスローペースの競馬で逃げ切りという形だったので、今回どんな競馬をするのかなというのは半信半疑だったが、一気に差す形で勝ったというのはこの馬の持っている潜在能力と言うかセンスの高さだと思う。距離が伸びても全然問題のないタイプですし、そういう意味では今後の活躍が見込めるんじゃないかなと思う。
==岩田康誠騎手==
前を見ながら外めをスムーズに追走できた。4コーナーでゴーサインを出したら、スッと反応してくれた様に、本当にレースセンスの良い馬。距離はもっと伸びても大丈夫だと思うし、これからが楽しみですね。
2着 スギノエンデバー 溜めを効かせてよく伸びた。負けはしたが、自分の競馬はできたと思いますし、調子はさらにここに来て上向いているなという印象。
3着 テイエムオオタカ 本当に前に行くとしぶとい。アーリントンカップでもそうでしたし。これも1200mでも1600mでも対応できるセンスの良さがありますし、こういう馬は人気が下がったときに狙ってみた方が面白いと思う。
10着 アフォード これは大外枠と言うか、ちょっと距離的なロスも大きかったと思うが、道中もちょっと行きたがっている感じでしたし、まだ毎回毎回安定して走れないのかなというのが印象。
 
12R4歳1000万下 注目レース・馬
勝ったロジスプリングを取り上げる。
1着 ロジスプリング この馬勝つには勝ったけど、ラスト1ハロン13秒5も掛かっている。映像でもわかる通り、ちょっと脚が上がっているなという感じだった。能力の高さだけで1800mをこなした感じがしますし、前半の行きっぷりの良さを考えれば、ダート参戦なら1400mがベストかなと。時計は平凡でも次走1400m戦出走なら狙ってみたい。
 
ポイント
穴は関東馬
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差