2011年1回中山8日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス0秒8でスタートし、8日目がマイナス0秒6とほとんど変わりはなく、冬場としては速い時計の出るレベルだった。
先週の芝はかなり傷んでいる様に見えたが、上の緑色の洋芝が飛んで緑色の部分は少なくなっていたが、その下の野芝は根を張っている様で、極端に時計が掛かるようになった訳ではなかった。開催が進むにつれて、少しずつプラス方向に馬場差が動いたが、結局開催の中で最大0秒2しか違いがない。そして時計の出方は開催の前半と後半で大差なかったが、開催前半と比べて最終週の先週は外からの差しが決まる事が多かった。開催の中で仮柵の移動とかローラー整備というものがなくて、自然に外差しも効くようになっていたと理解しやすい馬場だった。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒5、1200m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと1800mはほとんどがプラスの馬場差で、4日目以降は時計の掛かるコンディション。特に4日目は掛かっていた。一方1200mは水準レベルで、その中では4日目が掛かっているが1800mほどに顕著には掛かっていない。
先週は水曜日から金曜日まで連日散水が行われて、3週目よりは含水量が高かった様。という事で1800mは3週目と比べれば、速い時計が出る状態になったが、っと言っても乾燥している事に変わりはなく、パワーが必要な馬場状態だった。なお、この開催全て良馬場だったが、1800mの馬場差は最大で1秒3の開きがある点に注意。日によって同じ良馬場でも含水率が違いますし、さらに4日目は風の影響もあった。これに対して1200mは開催を通じて、おおむね安定していて、中山のダートは1200mと1800mの馬場差が必ずしもリンクしていないという点を改めて確認したい。

先週ダート1800mでハイペース、ペースが速すぎて時計が速くならなかったというレースが2つあったので取り上げる。中山のダート1800mというのは直線の急坂を2回登る。特に冬場の時計のかかる馬場のハイペースになると、そういうコースですから各馬がバテてしまい、その結果勝ちタイムが馬の実力よりも遅くなってしまうという傾向がある。


  タイム分析
 2011/01/23 (日)  芝=-0.6  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 ケイアイアルテミス    牝3 未勝利・牝 1:37.7 +1.5 --- +1.7 --- SL B --
6R T1600 サクラフローレス    牡3 新馬 1:36.7 +0.2 --- +0.7 --- D C --
9R T1800 テイエムオオタカ    牡3 若竹賞500 1:50.7 +1.5 --- +1.1 --- SL C --
10R T1600 ナシュワンヒーロー    牡4 若潮賞H1000 1:33.7 -0.7 --- -0.2 --- C B --
11R T2200 トーセンジョーダン    牡5 アメリカG2 2:14.2 +1.4 --- +1.4 --- SL D --
 2011/01/23 (日)  ダ=+0.5 / 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ライヴドリームス    牝3 未勝利・牝 1:14.0 +1.0 --- +1.0 --- E D --
2R D1800 ルーズベルト    牡3 未勝利 1:56.6 +0.9 --- +0.4 --- D C --
3R D1200 サンライトムーン    牝3 未勝利 1:13.3 +0.3 --- +0.3 --- D C --
4R D1800 コルポディヴェント    牡3 新馬 1:59.7 +3.7 --- +3.2 --- E D --
7R D1800 タイフーンルビー    牡5 500万下 1:54.6 +0.6 --- +0.1 --- C B --
8R D1200 ハンマープライス    牡5 500万下 1:10.6 -1.3 --- -1.3 --- A C --
12R D1800 アンヴェイル    牡6 1000万下 1:53.4 +0.2 --- -0.3 --- C B --

中山1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中山4R 3歳新馬 タイムE
基準より3秒2遅い勝ちタイムだった。
中山5R 3歳未勝利・牝 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
中山8R 4歳上500万下 タイムA
基準より1秒3速い勝ちタイムだった。ショウナンダンクが内から先手を奪ってその後コスモオー・ハンマープライスと続いた。直線に入って手応え十分にハンマープライスが抜け出し、差を広げて1着。その後シセイオウジが上がって来るが、外からドンビザッツウェイが追い込み、シセイオウジらを交わして2着に入ったが、ハンマープライスとは4馬身の差があった。
1着 ハンマープライス 
前半600mが33秒2、後半600mが37秒4という前傾ラップだったがハンマープライスは3番手から楽々と抜け出して圧勝。4馬身差の2着に差し馬を連れてくるという強い内容だった。ハンマープライスはこれで3勝全てがタイムランクAかB。今回の時計や内容からは1000万でも通用するが、次走昇級初戦で狙えるかとなるとちょっと半信半疑。この馬500万で1番人気から3番人気になったことが5回あってその時は全て4着以下だった。そして500万2勝しているが、その2勝が7番人気と6番人気。マックスの能力は高いが、その能力をコンスタントに発揮できないという事ですから、非常に扱いが難しいタイプ。少なくとも連続で力を発揮できる馬ではなさそうなので、昇級してすぐに人気になっている場合は押さえまでの評価。そこで凡走してしばらく経って、人気が下がった頃に注意というタイプだと思う。
2着 ドンビザッツウェイ 
4馬身差でも好タイムではある。ただし、勝ち馬が前をつぶして展開に恵まれたという面もあるので、注目馬とはしないが次走も上位候補。
中山9R 若竹賞 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
中山11R AJCC タイムSL
4コーナー手前逃げていたミヤビランベリにマルカボルトが接近。すんなり並びが決まって淡々としたスローだったが、残り1000mからペースが上がった。直線を向いてマルカボルトが先頭に立ちかけたが、ミヤビランベリが二枚腰の粘りで突き放す。しかしそのマルカボルトの外から伸びたトーセンジョーダンが一気に差しきって1着。そしてさらに後方から追い込んで来たネヴァブションが3着に入った。
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
1着 トーセンジョーダン 
着差は小さいが、流れや展開に関係ないという差し切り勝ちで、着差以上の強さ。いよいよ本格化という感じで、今年はG1でも注目したいところ。
==内田博幸騎手==
今日はメンバー的にも負けられないという気持ちだったし、この馬の強さを引き出せればと思っていた。とても乗りやすい馬で、どの位置にでもつけられるが、58キロを背負っていた分だけ、行き脚がつかなかった。それにペースも遅かったけど、馬を信じて乗っていた。これだけ良いコンディションに仕上げてくれたスタッフに感謝したいし、この馬で大きな所を狙っていきたい。
2着 ミヤビランベリ 
ミヤビランベリの最大の好走要因はマイペースの逃げに持ち込んだ事だが、逃げ粘ったというだけでなく直線で伸びていてスタミナ勝負には強い。中山2200mというのは2500m辺りをこなすスタミナが要求されるという事で、この番組でもやったことがあるが、この舞台は合っていた。
3着 ネヴァブション 
上がり最速で追い込んでの3着。今回は流石に位置が後ろ過ぎてなおかつ展開が向かなかったが、冬の中山の王様とまで言われた適性の高さは健在というところ。
4着 コスモファントム 
中山2200mというまともにスタミナを要求される舞台は合っていないと思う。この馬は2000mで改めて注目。
中山12R 4歳上1000万下 注目
勝ったアンヴェイルが離して逃げて1000m通過61秒3。その後も極端にペースが落ちず、ラスト200mが14秒0も掛かってしまった。全体のタイムがあと0秒1速ければタイムランクBだったが、ラストの14秒0が響いてタイムランクC。ただし、ペースを考慮するとタイムランクBに匹敵する内容だったと判断できる。
1着 アンヴェイル 
中山1800m専用に近い成績になってまして、他のコースでは疑問だが、中山1800mなら1600万でも通用するはず。
2着 ナイトフッド 
トウショウロジックが止まったところを差したとは言え、展開に恵まれただけではなく初ブリンカーが効いたと思う。次走は軽視できない。
3着 トウショウロジック 番組注目馬
番組注目馬だった。道中は離れた2番手に居て自身の1000m通過が猛烈に速いという訳ではないが、4コーナー手前から単独で逃げる勝ち馬を追うという厳しい競馬になってしまって、その結果最後に失速して差されてしまった。典型的な尽きバテという3着ですから、これは改めて注目馬とするが、もし次走が東京の1600mなら割引が必要だと思う。と言うのもパワーとスタミナが持ち味の馬で、東京の1600m向きではないと思う。注目馬。

  馬券Summary
ハイペースで時計がかかった
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26