2011年2回阪神7日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておく。連続開催の後半だった訳だが、雨の影響を受けた3週目を除けばマイナス0秒8からマイナス0秒6の間での推移とほとんど動きはなく、まずまず速い時計の出るレベルで安定していた。
Bコース3週目、金曜昼すぎから夕方まで雨が降った。ただし、強い雨ではなく先々週の様に時計の出方を鈍らせるほどではなかった。馬場差はコース替わりの開催2週目に近いもの。開催最終週だが、前開催から通して比較的天候に恵まれ、かつ開催前の芝丈を長めに設定したこともあって、洋芝の発育が良く、芝の傷みは少ないと馬場造園課の人も言っていた。極端な脚質的な偏りはないが、土曜は差し馬でもインを立ち回った馬の台頭が目立ち、日曜になって外の差し・追い込みが決まり出した事は先々週にも見られた傾向。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がマイナス0秒1、日曜日がプラス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前半4日間はやや時計の掛かるコンディションだった。3週目は雨の影響で脚抜きが良くなり、先週は水準レベルだった。
水準レベルではあるが、この開催の良馬場における基準を前半4日のレベルとすれば、時計は出やすくなっていた。芝とは違ってダートは金曜雨の影響を受けた。特に土曜は影響が残っていて、春の2開催を通して良馬場発表時にマイナスの馬場差となったのは初めての事だった。日曜は乾いてプラスゾーンに入って行ったが、こちらもプラス0秒1とほぼ水準だった。
土日を通して通常の良馬場発表時と比較して、前残りが多かったのも馬場コンディションが軽くなった事が関係している。


  タイム分析
 2011/04/16 (土)  芝=-0.7  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 ジョウノアラミス    牡3 未勝利 1:47.5 -1.1 --- -0.8 --- B C --
6R T1400 リーサムハーツ    牝3 未勝利 1:21.2 -1.8 --- -1.3 --- A B --
9R T1800 レッドセインツ    牡3 はなみず500 1:47.2 -0.6 --- ±0 --- C C --
10R T1400 カイシュウボナンザ    牡5 山陽特別1000 1:21.3 -0.2 --- +0.3 --- D C --
11R T1200 エーシンリジル    牝4 淀屋橋H1600 1:08.2 -0.3 --- +0.1 --- C C --
 2011/04/16 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ラトーヌペガサス    牝3 未勝利・牝 1:58.5 +3.8 --- +3.1 --- E E --
2R D1200 ケイエスキングオー    牡3 未勝利 1:13.9 +0.6 --- +0.7 --- E D --
3R D1800 カレンジェニオ    牡3 未勝利 1:56.0 +1.3 --- +1.4 --- E D --
4R D1400 サンレイワイルド    牡3 未勝利 1:26.6 +0.4 --- +0.5 --- D E --
7R D1800 トウショウフリーク    牡4 500万下 1:52.8 -0.3 --- -0.2 --- C C --
8R D1200 ヴンダーゾンネ    牝5 500万下 1:12.0 -0.3 --- -0.2 --- C C --
12R D1400 ハクバドウジ    牡6 1000万下 1:24.0 -0.2 --- -0.1 --- C B --

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より3秒1遅い勝ちタイムだった。
阪神2R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神5R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。逃げていたヤマニンボンプアンの外からシンボリストームが先頭を伺うが、後続も追い上げて来る。間を割って伸びてきたジョウノアラミス、その外からミラクルペガサスが追い上げ、シンボリストームを交わして行った。そして2頭の争いではジョウノアラミスがクビ差で競り勝って1着となった。
1着 ジョウノアラミス 
前走小倉の1800mで1番人気となり、8着に敗れていたが小回りのスローに外外を回らされていた。2走前は同じ小倉1800mでアバウトにアタマ差2着。上がり600mの推定タイムは最速をマークしていた様に能力は高いものがあった。叩き3走目で状態が上向いて、また広いコースも向いていたのだと思う。昇級後はメンバー次第だが、スウェプトオーヴァーボードの産駒なので、マイル辺りに短縮しても面白そう。
2着 ミラクルペガサス 
ダートから芝に変わって切れ味を発揮した。とは言ってもデビューと2戦目は芝1400mで4着・8着だった。この比較から芝の中距離がベストだった様。今回の内容は認めるとしても、この時期に去勢されている気性面など、まだ全幅の信頼はかけられないと思う。
3着 シンボリストーム 
1番人気で0秒2差の3着。勝ちに動いてゴール前で甘くなったのは前走も同じだった。相変わらず詰め切れない印象があるが、父のStormy Atlanticは本質スプリンター。2歳時に良績を残したマイル以下に距離を短縮してくれば、勝機も近いと思う。
阪神6R 3歳未勝利 タイムA
基準より1秒3速い勝ちタイムだった。1番人気リーサムハーツが外枠から楽に先手を取って行く。直線に入っても先頭。手応えに余裕があり、一杯に追われる事無くリードを保って逃げ切った。2番手に居たペルレンケッテもそのまま2着。3番手以下は離されており、3ヶ月ぶりのリーアノンが先着していた。
メンバーランクもBと先週の未勝利の中では揃っていたが、1400mの完全タイム差マイナス1秒3はかなり優秀。
1着 リーサムハーツ 
前走もタイムランクAのエポワスが勝った鞍でクビ差2着。当時は前半600m33秒7のハイペース逃げだったが、今回は前半が34秒5と息が入り、上がり600mを0秒7短縮し、勝ち時計を0秒2引き上げた。単に好時計ではなく、折り合い面で進境があった事が収穫。とにかくスタートセンスが抜群で1400m以下ならオープンでもやって行けそう。
2着 ペルレンケッテ 
相手が強かっただけ。この馬の時計もAランクに入る。マイルの前走は外枠から行きたがって3着に敗れていたが、200m短縮した事から好位で完璧に折り合った。これなら次走たとえマイルを使って来ても折り合いはマシになるだろう。まず次走はチャンスと見て良いのではないだろうか。
阪神7R 4歳上500万下 注目
2着馬を7馬身千切ったトウショウフリークを取り上げる。
1着 トウショウフリーク 
今回が約8ヶ月の骨折休養開け。初ダートでもあったが、直前の栗東坂路で51秒5と動いていましたし、芝4戦のキャリアとは言え、新馬でダノンシャンティの0秒4差3着とか、未勝利でビッグウィークの3着とか戦ってきた相手が違うので、本命視していた。もちろん仕上がりも良好だったが、垢抜けした馬体からして500万では器が違う印象すらあった。そして実戦でも、余裕たっぷりの逃げから直線は後続を引き離して、最後は流すぐらいの楽勝だった。タイムランクもあと一歩でBランクとまずまず。厩舎側によると、脚元の関係から当面はダートを使う様子。父がキングカメハメハ、半姉がスイープトウショウ。血統的にも1000万下昇級は壁にならないと考えている。
阪神11R 淀屋橋S 注目
2番人気で3着に敗れたサクラミモザについて。
3着 サクラミモザ 
土曜の芝は内枠の活躍が目についたが、このレースは顕著な例。勝ったのは1枠2番から内で脚を溜めていたエーシンリジル。また、2着も近走枠が外めで外を回らされての惜敗が続いたボーダレスワールドが、今回内めの枠を引いて最後の一伸びに繋がった。対照的に7枠14番から外外を回らされたのが3着のサクラミモザ。直線前を捕らえにかかって伸び負けしたのも、コースロスが大きかったと思う。3走前が外枠から内に潜り込んだものの、前が壁。2走前は他馬と接触して悪い位置に入り、前走は外に出した際勝ったゴールドアグリに被されるなど、このところこの馬不利の連続。今回もそれを引きずった形だが、気温の上昇と共に馬体が絞れて状態そのものは上向いている。次走辺りスッキリ差してくれるかもしれない。

  馬券Summary
マイラーズカップの教訓
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26