2011年1回新潟5日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がプラス0秒2。直線1000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス1秒0だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、雨や風の影響によりプラスの馬場差となる日がほとんどだった。特に2日目は掛かっている。ただ、先週土曜だけはマイナスの馬場差で、一方日曜の直線1000mは時計が掛かっていた。
馬場情報で発表される野芝の草丈が週を追う毎に長くなっている。見た目には定積が目について来たが、馬場の消耗を相殺するかの様に、芝の成育期を向かえることが出来たのだろうか、土曜はマイナスの馬場差だった。とは言え、日曜は風の影響を受けて馬場差は再びプラスゾーンへ推移。日曜は土曜に比べて明らかにレース上がりを要し、ラスト200mの落ち込みが目についた。日曜では特に直線1000mは向かい風となり、かなり時計が掛かる事になった。あと、土日を合わせの連対馬・脚質傾向だが、2週目よりも逃げ・先行馬の占有率は落ちており、インコースの2・3頭分ぐらいはやや伸び負けする様なレースが目についた。なお1回新潟は5週の開催で、最終週までこのままBコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス1秒2。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨や風の影響により、週によってあるいは同じ週でも土日で時計の出方が異なる。時計の比較をする際にはくれぐれも馬場差を考慮してください。
1800mと1200mで風の影響が違った。数値を見ればわかるかと思うが、1800mの方が強く風の影響を受け、時計が掛かっている。特に日曜の1800mは掛かった。この様に馬場差の違いは大きいが、それぞれの開催日で逃げ馬が3勝ずつ計6勝を挙げている。ダートのレース数が16鞍あった開幕週よりも多かったというのは、大きな特徴だと思う。


  タイム分析
 2011/05/07 (土)  芝=-0.4 / 直線=±0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 スズカファルコン    牡3 未勝利 1:34.8 -0.1 --- +0.2 --- C D --
4R T2000 ヒカルマイデビュー    牡3 未勝利 2:04.7 +2.6 --- +2.1 --- SL D --
5R T1800 アクロスザライト    牝3 未勝利・牝 1:47.4 -0.3 --- -0.2 --- C E --
6R T1000 ストロングノヴァ    牡3 未勝利 0:56.5 +0.6 --- +0.6 --- D E --
8R T2200 タイセイダンサー    牡5 500万下 2:14.6 +1.2 --- +1.6 --- E E --
10R T1800 アドマイヤコスモス    牡4 二王子特500 1:47.3 +0.8 --- +0.3 --- C C --
12R T1400 チャームポット    牝5 五泉特別500 1:21.8 +0.1 --- +0.4 --- D D --
 2011/05/07 (土)  ダ=+0.6 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 クォリティシーズン    牝3 未勝利・牝 1:12.2 -0.6 --- -0.3 --- B C --
3R D1800 クラッシーゲイト    牡3 未勝利・若 1:55.6 +1.3 --- +0.7 --- D D --
7R D1800 マイネフェリックス    牝4 500万下・牝 1:54.6 +1.8 --- +1.2 --- E D --
9R D1200 メイショウバーモス    牡5 500万下 1:11.3 -0.6 --- -0.3 --- B D --
11R D1200 メイショウトリノ    牡4 八海山特1000 1:11.1 -0.2 --- +0.1 --- C C --

新潟1R 3歳未勝利・牝 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。先頭のトーセンスタッフが内ラチ沿いを踏ん張っているが、2番手に上がったラベンダーカラーが並び駆けて来る。さらに外から接近して来るのはクオリティシーズン。そしてクオリティシーズンが抜け出して1着。ラベンダーカラーが食い下がって2着、やや離れた3着が外から追い上げたテルユーホワットだった。
1着 クオリティシーズン 
スタートが遅いというより微妙に合わなかった分、前半の追い上げに脚を使ったが、終わってみれば性能が一枚上の勝ち方だった。距離的には限定されるが、昇級しても常に注目。一応平坦コースの方が信頼性は高そう。
2着 ラベンダーカラー 
まだ追われてフラつく面が残るが、併せる形になると見た目の走法のイメージとは裏腹にガッツを見せてくれる。もう初勝利を挙げるにはあとは組み合わせだけだと思う。
新潟4R 3歳未勝利 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
新潟5R 3歳未勝利・牝 注目
勝ったアクロスザライトを取り上げる。
1着 アクロスザライト 
川須騎手が100%勝つつもりで迷わずハナに立ち、そして下手にペースを緩めることなく押し切り勝ちだった。土曜の芝では唯一の完全タイム差マイナスを記録した。前2戦の小倉では左に逃げる感じで、少々雑な競馬になりがちだったが、左回りだとラチを頼れる利点がありますし、また同時に体力もついてきたのだろう。昇級後は脚質的に目標にされる分の負担がつきまとうが、再び広いコース登場という際には狙ってみたい。
新潟7R 4歳上500万下・牝 タイムE
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
新潟8R 4歳上500万下 タイムE
基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
新潟9R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ピースオブキングとメイショウバーモスが競り合って直線に入って行く。外のメイショウバーモスが勢いで勝って抜け出して行く。ピースオブキングは失速。その外からスマートキャスター・ツリーズオブホープが押し上げ、スマートキャスターが単独2番手に上がって行くが、メイショウバーモスがそのまま押し切った。
1着 メイショウバーモス 
昨年夏の北海道シリーズから一連、厳しい流れの中で正攻法を続けてきた甲斐があった。ハイペースで逃げて、馬なりのままで抜け出すんですから、正に強いの一語。今後はよりスピード型に偏りそうな気がするが、ただしローカル開催のダート短距離の1000万クラスというのは、実力馬が集まりやすい。ですから、同型との兼ね合いには慎重に判断して行きたい。
新潟10R 二王子特別 注目
勝ったアドマイヤコスモスを取り上げる。
1着 アドマイヤコスモス 番組注目馬
若葉S1着、皐月賞5着、ダービー4着で中山金杯を2連覇したあのアドマイヤフジの半弟で、そして同じくノーザンダンサーの4×3という配合。残り400mで1頭だけ手応えが違い、そこからの区間、200mであれよあれよと抜け出した。このレースラップが10秒4。まだもたれ気味だったりと我の強い面はある様だが、このスローで折り合えた事は自信になるはず。次走も人気になりそうだが、この記録なら逆らいようが無いと見ている。注目馬。

  馬券Summary
日曜のダートは…
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26