2011年2回東京5日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からプラス0秒1へと変動、日曜がマイナス0秒8だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目特に初日は雨の影響で時計の掛かっていくコンディションだった。2週目は時計が出やすくなったが、先週土曜は1週目ほどではないが、雨の影響を受けた。
土曜は朝一からしっとりと雨が降っていた。終日稍重発表ながら、馬場差はマイナス0秒3から5R・6R・7Rとジワジワと水準方向へと時計が掛かっていき、9R・11Rはプラス0秒1で同じ馬場差。しかし日曜は、気温が上昇して一気に馬場が乾き、良馬場発表。この開催3日目に並ぶ、時計の出やすいレベルとなった。ただ、いずれにしても土日ともだが、コレと言う傾向の偏りはなく、脚質・内外などは2週目よりも開幕週に近いイメージだが、後方待機馬がそれなりに占有率を上げては来ている。レース上がりの落ち込みが少なく、良馬場なら今週も時計は出やすいはず。今週からBコースに替わる。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒9からプラス0秒4へと変動、日曜がプラス0秒1だった。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日が半数あり、1日の中でも時計の出方が変動している。一方2週目は乾いた馬場で、時計が掛かっていた。
土曜午前はプラス0秒9と時計が掛かっていたが、雨の影響で後半水準方向へと時計が出やすくなった。日曜はさらに水準レベルへと近づいたが、それでもプラスの馬場差なので、脚抜きが良いという程ではなかった。ダートの傾向も無いと言えば無いという格好で、2週目よりは開幕週に近い好位勢を中心としつつ、あとは展開次第という連対馬脚質だった。


  タイム分析
 2011/05/07 (土)  芝=-0.3 → +0.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2400 テンベアハート    牡3 未勝利 2:30.5 +1.9 --- +1.6 --- SL D --
6R T1800 サイレントソニック    牝3 500万下・牝 1:48.1 ±0 --- +0.2 --- C D --
7R T1600 コスモマクスウェル    牝4 500万下 1:35.9 +1.1 --- +1.2 --- E D --
9R T1400 シャドークロス    牡6 高尾特H1000 1:21.6 -0.1 --- -0.2 --- C C --
11R T2000 トーセンレーヴ    牡3 プリンシ 2:01.0 +0.5 --- +0.4 --- D C --
 2011/05/07 (土)  ダ=+0.9 → +0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1600 グジョウハチマン    牝3 未勝利・牝 1:41.3 +1.8 --- +0.9 --- E E --
2R D1400 マコトローゼンボー    牡3 未勝利 1:27.4 +1.2 --- +0.4 --- D D --
3R D1600 エルヴィスバローズ    牡3 未勝利 1:40.3 +0.8 --- -0.1 --- C D --
8R D1600 スマイルタイム    牡4 500万下 1:38.1 +0.1 --- -0.3 --- B C --
10R D2100 フリソ    牡5 丹沢S1600 2:11.7 +1.3 --- +0.8 --- D C --
12R D1600 マリアージュ    牝6 1000万下・牝 1:38.7 +1.5 --- +1.1 --- E D --

東京1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
東京2R 3歳未勝利 注目
1着マコトローゼンボー、4着リンクルリッジについて。
1着 マコトローゼンボー 
その後の好走馬が目立つ3/19メロート組の6着馬。当時の2着・4着・5着・6着が勝ち上がった事になる。今回相手関係も楽になっていたとは言え、平均ペースの範疇だけに大外を回しての差しきりは悪くない。昇級すると改めてペースの対応は課題になるが、鞍上蛯名騎手が語る通り、まだ本気で走っていないのであれば、ランク以上の注目が必要だと思う。
4着 リンクルリッジ 
上がり600m推定36秒9が特筆ものだった。スタートで大きく出遅れて、その分脚が残っていたとは言え、正味300mで切れ込みながらグイグイ伸びて来た。なかなか見栄えの良い馬体の持ち主ですし、テレビに映っていない鬼脚という事で、ここの特ダネにはならないかもしれないが、記憶しておいて欲しい。
東京3R 3歳未勝利 注目
4着だったダノンフォレストについて。
4着 ダノンフォレスト 番組注目馬
出遅れて芝からダートに入るところでカットされてちょっとブレーキをかけるシーンもあった。いかにもデビュー戦というゴテゴテ感があったが、直線と言うかゴール前で見せた脚力は抜群だったと思う。もちろん上がり600m推定37秒8はメンバー中最速。チークピーシーズ着用の馬ですから。まだ気性的にわからない面もあるが、非常にお尻の形が立派な馬でもあって、将来性は十分と見ている。ハイペースに恵まれたという見立てもできるので、次走は人気とリスクの兼ね合いとかあるが、ここはプッシュしてみたいと思う。注目馬。
東京5R 3歳未勝利 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
東京7R 4歳上500万下 タイムE
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
東京8R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ユウキハングリーが今回は逃げずに2番手、内めでランドオウジが先頭に居るが、内・外から後続が接近して来た。センターステージ・マスターソムリエ、その内から間を割ってスマイルタイムが並んで抜け出して行く。2着には外のマスターソムリエ、内ラチ沿いから追い上げたマカリオスがセンターステージを交わして3着だった。
個性はのユウキハングリーが控えた事で、普通のハイペースに止まり、馬群は比較的淡々と流れた。
1着 スマイルタイム 
3コーナー・4コーナーグッと我慢の競馬で運んだ。前回同様に直線は狭いところに入ったが、今度は小倉ではなくて、東京だったという事。結果的にギリギリの溜めが作れて、勝つときは何でも上手くいくという形での勝利。体つきなど未完成に思えて、長い目で見たいのは確かですし、昇級後も脚の使いどころ1つだと見ている。
2着 マスターソムリエ 
内・外のコース取りの差に泣いた。いつも何か強い馬が前でレースをしていて、それを捕らえられない、捕らえきれない2着大魔王だが、地力上位は明白。ただ、今のところチークピーシーズ着用の効果は一息の様。
3着 マカリオス 
完全タイム差はプラスになる。ミリオンディスク・リクエストソングの半弟。未勝利勝ちがタイムランクAだった馬で、当時の2・3着馬が既に500万を勝っている。決め手と言うよりは、徹底して軽さを活かすタイプかもしれませんから、次走のレース内容には注目。
東京11R プリンシパルS 注目
中盤がハッキリ緩む流れで、レースの上がりの内訳が11秒6-11秒3-11秒7だった。先週の青葉賞、これが11秒4-11秒2-11秒8だったが、これに続いての切れ味勝負の決着だった。
全体のメンバーという意味でも水準のレベルにはあったという事になる。
1着 トーセンレーヴ 
中団、そして内ラチ沿いの1頭分芝がキレイなコースに乗っかって、脚を溜め、余裕をもって馬群を捌いて来ることが出来た。先週の時点ではわずかにエンジンの掛かりが遅いと注文をつけたが、ここぞという時に本気を出せると言うか、相手を見下ろすような勝ち方ができる点は半姉ブエナビスタに通じるものもあると思う。なお、ダービーへの優先出走権は勝ったこの馬だけに与えられる。中2週のダービーへ向けては、馬体回復を願うのみ。現時点では上位候補として扱う。
追い込み勢がそこそこの着順を占めるが、実際には勝ち負けには参加できなかった格好。下記の馬以外に他にも…見直しておきたい馬が多かった事も事実。
2着 ムーンリットレイク 
出脚が良すぎるぐらいで、未知の距離が不安に思えた。乗れている内田博幸騎手が上手く御していた。成長途上なだけ、反動が怖い気もするが、今のところ欠点が見あたらない。
4着 ダノンシャーク 
直線で進路がふさがるロスが痛い。もう一列前に居たら…と思わせる競馬だった。
5着 ムスカテール 
脚を余す競馬だった。
6着 ハーバーコマンド 
脚を余す競馬だった。
東京12R 4歳上1000万下・牝 タイムE
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
1枠にご注意
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26