2011年1回東京3日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4だった。初日がマイナス0秒6でスタートし、4日目がマイナス0秒4ですから、徐々に掛かってはいるが、大きな変化はなくマイナスの馬場差が続いている。
開幕週と大差ないコンディションが続き、上がり勝負だと速い数字がマークされている。落ち込みも少ない。芝のスタートとなった土曜4R・5Rでいきなり追い込み馬が2着に来まして、さらにその直後(6R)も差し決着だった。おやおやこれは…と思うところあったかもしれないが、連対馬の脚質に偏りはなく、むしろ2400m戦を除くとハッキリ外を回って差しきるのはまだつらい事を物語る結果となっていた。
先週の馬場差1600m対象の数値は土日共にプラス1秒0だった。初日プラス1秒2でスタートし、4日目がプラス1秒0。全てプラス1秒台で時計の掛かるコンディションが続いている。
開幕週よりいくらかマイナス方向に戻した数値だが、2週目の方が中団・後方に位置した差し馬の台頭が目立つ。逆に先週、逃げあるいは先行で勝ち切れた馬はどれも納得の強さを感じさせるパフォーマンスだった。割合厳しい流れからの決め手勝負が多かった印象。


  タイム分析
 2011/02/05 (土)  芝=-0.5  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1400 コーラルビュー    牝3 未勝利 1:24.0 +0.7 --- +0.5 --- D C --
5R T1800 ステラロッサ    牡3 未勝利 1:48.6 -0.5 --- ±0 --- C B --
6R T2400 ギュスターヴクライ    牡3 500万下 2:27.6 -0.1 --- +0.5 --- D C --
9R T1400 クリアンサス    牝3 春菜賞500 1:23.2 +0.6 --- +0.4 --- D D --
10R T1600 ムクドク    セ5 テレビ山1000 1:34.6 +0.4 --- +0.5 --- D C --
 2011/02/05 (土)  ダ=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 イカルス    牡3 未勝利 1:28.8 +2.5 --- +1.6 --- E E --
2R D1300 スモールキング    牡3 新馬 1:21.2 +1.3 --- +0.5 --- D D --
3R D1600 クラリスピンク    牝3 未勝利・牝 1:41.4 +1.8 --- +0.8 --- E D --
7R D1600 ダノンエクスプレス    牡5 500万下 1:38.6 +0.6 --- -0.4 --- B C --
11R D2100 ハギノリベラ    牡5 金蹄SH1600 2:12.1 +1.7 --- +0.4 --- D C --
12R D1400 ギンザナイト    牡6 1000万下 1:24.9 +0.7 --- -0.2 --- C C --

東京1R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
東京3R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
東京5R 3歳未勝利 注目
最近の芝中距離戦のご多分に漏れずと言うか、ここもまずまず素質馬が揃った。中盤がやや緩んだ分、ごく水準のタイムランクCだったが、何頭かチェックしておいた方が良いだろう。
1着 ステラロッサ 
デビュー戦と同様にフワフワしがちな走りだったが、勝負強さがあって直線は馬体を接触したがひるまなかった。今後も広いコースを使い続けていくはずで、相手なりとしてマークは必要。
2着 ヤマニンリップル 
デビュー前に古馬1000万をアオっていた攻め駆けタイプ。半兄のヤマニンイグナイトはやや勝ち味に遅かったが、今回男馬相手に立派な内容ですから、自信にして良いと思う。
4着 マイネルグラート 
番組注目馬だった。前回が返し馬でまるまる1周してしまったというちょっと癖のある馬で、今回馬場入場に工夫をするなど、気配は良かったと思うが、直線で前がスパッと開かず、もどかしい伸びしか見られなかった。次走は強気の先行策が見たいところ。中山1800mから2000mで改めて注目。
11着 カルマート 
2番人気11着。直線で前がつかえ通しだった。今回は参考外。テンションが高めで体に身が入らないのは確かだが、これまでの対戦比較から考えても巻き返しは必至だと思う。
東京6R 3歳500万下 注目
4着だったプルスウルトラを取り上げる。
4着 プルスウルトラ 
見ての通りフットワークは大きく、東京コースは向いていた。しかし、内々で窮屈な競馬をさせられた事が着順影響している。4コーナーで大外を回って来た馬が、1・2着なら相手が悪かったとも言えるが、真っ向勝負に持ち込める体制でもなかった。まだ幼さが全面に出ている雰囲気だが、叩き2戦目の次走は要チェックということになる。特にこの14頭のパフォーマンスは高かった。
東京7R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ダノンエクスプレスが逃げ、2番手にスマイルタイムと大久保龍志厩舎の2頭が前にいた。この内ダノンエクスプレスは先頭をキープしていたが、スマイルタイムはやや一杯。その外からキングスリージョン・ユースフル・アサクサマリンバが押し上げて行く。ただ、ダノンエクスプレスはリードを保って1着。2着はユースフルだった。
1着 ダノンエクスプレス 
実は一昨年夏の新潟で500万2着した時に、馬体の映像も含めてこの番組で高評価した馬。ちょっと潜伏期間が長かったと言うか、今回は人気の盲点で、軽快なスピードは健在だった。計算ではクラス水準より約1秒2速い、かなりのハイペースだった。1000万でも楽に逃げられる計算となる。今回と同じぐらい調教で動けていれば、連勝も望める存在。
2着 ユースフル 番組注目馬
完全タイム差はマイナス。決め手上位。2走前に同じ舞台でタイムランクAの2着。当時の勝ち馬ナイトフットは既に1000万でも連対している。次走はチャンスだろう。注目馬。
5着 スマイルタイム 番組注目馬
勝ち馬にハナを譲るところで、ハミを噛んでしまって終始力んだ競馬になってしまった。今回の馬体重はプラスマイナスゼロでも、いかにも重め感の残る仕上がりだった。レース前から今日は止まるなと見ていたが、掲示板に残ったのは流石だと思う。今まで厳しいペースの経験が無かったので、そういった意味でも今回は中身があると言うか、次につながる競馬だったと思う。次走注目馬に取り上げる。注目馬。
東京12R 4歳上1000万下 注目
1着だったギンザナイトについて。
1着 ギンザナイト 
成長を感じさせる勝ち方だった。一叩きされて絞れた事もあるのだろうが、前回と違ってスッと手前を変えてグイグイ伸びて来た。以前よりは溜の効いた走りができる様になっている。左回りの1400mはベストではないだろうか。条件が整っていれば昇級後も注意。ちなみに翌日に2勝2着2回、重賞勝ちを治める三浦皇成騎手にとっても気持ちの良い、弾みのつく勝利だったと思う。

  馬券Summary
完全タイム差マイナス KTM
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26