2011年2回小倉8日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土曜日がマイナス0秒6、日曜日がマイナス0秒5からプラス1秒8へと変動した。まず芝の馬場差を振り返っておく。前開催最終週は続行競馬となったので、9日間を見ると雨や雪の影響を受けた日が多く、日によって時計の出方がかなり異なる。時計の比較をする場合、各開催日の馬場差をチェック。なお、取りやめとなった3週目の代替開催が今週行われる。
先々週開催が取りやめになった事で、一旦は馬場の悪化に歯止めが掛かったが、実際は土曜日は雨の影響を受けずに終日速い時計の出やすいレベルだった。しかしながら、日曜は降り続く雨の影響を多分に受けて馬場コンディションは徐々に悪化して行った。レースが進む毎に時計が掛かる様になって行った。
脚質的には馬場悪化以前の土曜は先行もしくは内を立ち回った馬が有利で、日曜も5Rまでは土曜と同様の傾向だったが、それ以降は各騎手が内を空けて走る様になって外差しも決まり始めた。と言うより、内を通った馬が不利な状況の馬場になったと解釈できる。基本的に良馬場でも馬場の内側はボコボコですし、一雨降ると一気に悪くなるという点は開催後半にありがちなパターン。
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がプラス0秒4、日曜日がプラス0秒3からマイナス0秒3へと変動した。まずはここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、雨や雪の影響によりダートも週によってあるいは開催日によって時計の出方が異なる。またこの開催1週目については、かなり時計が掛かっている。
まず土曜日はプラスの馬場差ではあったが、例えばこの開催1週目ほどに時計の掛かるコンディションではなかった。そして日曜日は雨の影響で、後のレースになればなるほど、やや脚抜きが良くなって行った。とは言え、高速馬場と言う程ではなかった。脚質的には先行タイプの馬の活躍が目立ったが、逆に各ジョッキーが前残りの傾向を意識しすぎて、ペースが速くなった時は差しが届いていた。後ほど取り上げる日曜12Rがその典型。


  タイム分析
 2011/03/20 (日)  芝=-0.5 → +1.8  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1200 ビューティバラード    牝3 未勝利 1:09.1 -0.3 --- ±0 --- C C --
5R T1800 カリスマミッキー    牡3 未勝利 1:48.6 +0.1 --- +0.4 --- D B --
7R T1200 ブラーニーストーン    牡4 500万下 1:08.4 -0.1 --- -0.2 --- C C --
8R T2000 オブコース    牡6 500万下 2:00.4 +0.5 --- -0.1 --- C C --
10R T1200 ドリームバレンチノ    牡4 薩摩SH1600 1:08.8 +1.1 --- +0.3 --- D D --
11R T2000 ナリタクリスタル    牡5 中京記念HG3 2:00.0 +2.2 --- +0.4 --- D D --
 2011/03/20 (日)  ダ=+0.3 → -0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 ラフアウェイ    牝3 未勝利・牝 1:49.4 +2.3 --- +2.0 --- E C --
2R D1000 カプリースレディー    牝3 未勝利 0:59.7 +0.3 --- +0.1 --- C C --
3R D1700 アントウェルペン    牡3 未勝利 1:48.0 +0.9 --- +0.6 --- D B --
6R D1000 コロナ    牝5 500万下・牝 0:59.2 +0.7 --- +0.6 --- D C --
9R D1700 ナムラブレット    牡5 500万下 1:45.3 -0.1 --- ±0 --- C B --
12R D1700 デンコウヤマト    牡5 錦江湾特1000 1:44.6 ±0 --- +0.3 --- C B --

小倉1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
小倉5R 3歳未勝利 注目
これで3戦連続でメンバーランクBで僅差のメイショウヤタロウを取り上げる。
2着 メイショウヤタロウ 
これで3戦連続メンバーランクBのレースで、僅差の好走。走破時計は平凡だが、戦ってきたメンバーもずっと強いですから次走も1600mから1800m戦出走なら勝ち負け。
小倉7R 4歳上500万下 注目
勝ったブラーニーストーンを取り上げる。
1着 ブラーニーストーン 
これは芝に使われる様になって2着・1着という事で、成績が安定して来た。これもタイムランクはBに近いCですから、まだキャリアも浅いですし、伸びしろは十分で昇級しても警戒が必要。
小倉9R 4歳上500万下 注目
前走2着の馬が4頭、3着馬が3頭。4着馬が1頭。5着馬も3頭出走してメンバーランクはAに近いBだった。そして前走2着・3着馬が上位を占めた。2着に2馬身半の差をつけた勝ち馬のレースぶりは優秀。
1着 ナムラブレット 
今回で休み明けから数えて4走目。休養前は1000万クラスでも2着2回の実績がある馬ですから、ここなら力が上でしたし、タイムランクCだがまだ余裕ありましたから、実質はそれ以上の価値だと思う。昇級しても印は打つべき。
小倉10R 薩摩S 注目
勝ったドリームバレンチノを取り上げる。
1着 ドリームバレンチノ 
持ったままの手応えで加速して、直線に向くと他の馬が馬場を気にして伸びない中一気に突き抜けた。レース後騎乗した松山騎手に聞いたが、良馬場ならもっと良かったと言っていたので、行きっぷりの良い馬ですから、昇級して流れが速くなった方がむしろ対応しやすいと思う。オープン昇級でも1200m戦なら注意が必要。
小倉11R 中京記念 
チョウカイファイト・シャドウゲイトと8枠の2頭が前に位置していた。後から小倉のタイム分析でも話すが、この時はやっぱり馬場が悪かった。やっぱりそれに対する適性という部分も問われましたし、実際各馬伸びていると言うよりかはバテ比べの消耗戦の様な一戦になって、結果ナリタクリスタルが千切ってシャドウゲイトが2着。道悪を苦にしなかったアンノルーチェが3着という形になった。
1着 ナリタクリスタル 
道悪上手かった。割とトビがキレイな馬なので道悪はどうかなというイメージを持っていたが、すっとこう良い位置につけて、直線前に取り付く脚も早かったですし、追ってからも気を抜く馬だが、むしろ下が悪かった分でそっちに気を取られて、気を抜かなかった様な感じもする。ですから、レースセンスは良いですし、G2ぐらいのレベルのメンバーになっても十分対応できるぐらいの実力をつけてきたんじゃないかなと思う。
==武豊騎手==
少し気むずかしいから、道中なだめる感じで注意しながら運んだ。4コーナーからは良い感じで上がって行けたし、馬場の良いところを選んでラストは良い伸びを見せてくれましたね。
2着 シャドウゲイト 
振り返れば道悪得意な馬。道悪巧者らしく、前々で非常にリズム良く運んでましたし、負けはしたが斤量58キロを背負っていましたから、評価できる内容だと思う。
15着 ラフォルジュルネ 
これは逆に道悪を苦にしたのかなという感じがしましたし、返し馬でもガツンと行く感じがなくて、もしかしたら順延になった分出来が下降してきた可能性もある。今回の負けだけで見限る様な馬ではないのは確かだと思う。
小倉12R 錦江湾特別 注目
各騎手が人気の先行馬を意識してペースが速くなった事で、差しがズバっと決まったレースの典型。展開がハマった1・2着馬はともかく、2・3番手追走から3着に粘ったナリタカービン、同じく4着に粘ったキングオブヘイローの内容は優秀。
3着 ナリタカービン 番組注目馬
馬券的に妙味があるのはナリタカービンの方で、先行馬が軒並み失速した中での踏ん張りは評価できる。しかも今回休み明けでしたから、次走の上積みを考えれば是非馬券を買いたい馬。注目馬。
4着 キングオブヘイロー 
次走も人気になるのは確実ですから、むしろ馬券的に妙味があるのはナリタカービンの方。

  馬券Summary
メンバーは揃っているが…
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26