2011年3回京都11日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒4からプラス2秒8へと変動、日曜が設定不能だった。なお、関西エリアでは今週から開催場が阪神に替わる。まずはここまでの京都芝の馬場差を振り返っておくと、雨の影響がなければ速い時計の出やすいコンディションだったが、開催を通じて見ても雨の影響を多く受けた。
土曜は芝で最初の4R時点でやや時計の掛かるレベルだったが、後のレースになればなる程かなり時計の掛かるコンディションになって行った。そして日曜は東京芝と同じ理由で設定不能とした。もちろん後になる程時計が掛かって行ったのは、想像がつく。脚質的には土曜は内で粘る馬も居たが、日曜は外差しが有利だった。内を通って勝ち負けした馬はよほどの道悪巧者だと思う。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス2秒9へと変動、日曜がマイナス1秒9からマイナス1秒4へと変動した。まずはここまでの馬場差を振り返っておくと、ダートは12日間を通じ、全てマイナスの馬場差だった。マイナスと言うだけでなく、雨の影響により時計の出やすいレベルになる事が多い開催だった。
土曜は後のレースになればなる程時計がかなり出やすくなって、日曜はその逆で後のレースの方が時計が掛かっていた。とは言え、土日とも高速馬場でしたからその点は間違えないようにしていただきたい。脚質的には圧倒的に先行馬が有利で、ほとんどのレースがそうだった。ただ、東京と同様前残りを意識しすぎて前がやり合った時のみ差し馬も台頭していた。


  タイム分析
 2011/05/28 (土)  芝=+0.4 → +2.8  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1800 アドマイヤバートン    牡3 未勝利 1:48.7 +0.1 --- -0.3 --- C C --
5R T1400 サクラアドニス    牡3 未勝利 1:23.6 +1.1 --- +0.6 --- D C --
7R T1600 ジンクアッシュ    牡3 500万下 1:38.6 +4.0 --- +2.1 --- SL D --
10R T1800 マイネルラクリマ    牡3 白百合S 1:50.3 +3.3 --- +0.5 --- D C --
11R T2000 ルーラーシップ    牡4 金鯱賞G2 2:02.4 +4.0 --- +1.5 --- E B --
12R T1200 タマモコントラバス    牡4 1000万下 1:10.8 +2.1 --- +0.4 --- D D --
 2011/05/28 (土)  ダ=-1.4 → -2.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ワンダーエレメント    牝3 未勝利・牝 1:12.5 -0.3 --- +0.6 --- D D --
2R D1800 ナポレオンバローズ    牡3 未勝利 1:53.0 -1.1 --- +0.3 --- C C --
3R D1400 レスタービート    牡3 未勝利 1:23.9 -1.8 --- -0.7 --- B C --
6R D1800 テイエムドンマイ    牡3 500万下 1:51.4 -1.8 --- ±0 --- C C --
8R D1200 フィールドドリーム    牡4 500万下 1:10.4 -1.5 --- +0.2 --- C D --
9R D1800 メガロスバンダム    牡6 與杼特H1000 1:48.4 -3.4 --- -0.5 --- B C --

京都3R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。デビュー2走目のレスタービートが一転しての積極策でハナに立って飛ばして行った。2番手に居た2番人気エイシンエンブレムがついて行く事ができない程で、レスタービートは直線に入ってもリードを保って逃げ切った。出脚が鈍く、中団を追走していたフランアンジェリコがエイシンエンブレムを交わして2着入線。
1着 レスタービート 
馬場を考慮してとにかく行ききった事が正解だった。後続を寄せ付けなかった。ただ、今回は何もかも上手く行った印象。昇級して仮に良馬場で行われた場合、同じ競馬ができるかとなると疑問。
京都4R 3歳未勝利 注目
序盤からラップが速くて上位には差し馬が数多く台頭したレース。
1着 アドマイヤバートン 
実際勝ったアドマイヤバートンも道中は中団待機で4コーナーで6番手まで押し上げるとゴール寸前で前を捕らえる形になった。この馬も強かった。次走昇級しても注意が必要。
2着 ショウナンカミング 番組注目馬
ハイペースの中、4コーナー3番手で2着ですから、差し馬が上位台頭する流れの中を考えればよく頑張っていると思いますし、勝ちに等しい内容だった。次走も引き続き勝ち負け。注目馬。
京都5R 3歳未勝利 注目
勝ったサクラアドニスを取り上げる。
1着 サクラアドニス 
この馬遅いペースの中、道中16番手からかなり外を回って押し上げて、直線向いて競り勝った。着差自体は半馬身で、最後も詰め寄られたが、内容的にはそれ以上の評価を与えて良いと思う。短距離戦出走なら、昇級しても印は打つべきレベル。
京都7R 3歳500万下 タイムSL
前半が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
京都8R 4歳上500万下 注目
勝ったフィールドドリームを取り上げる。
1着 フィールドドリーム 
この馬これまで追ってから伸びなかった馬。それが今回は追ってからが伸びた。現状を探るに、現状は1200mが良さそうという印象で、この馬も次開催からクラスが下がる。再度500万下に出走可能ですし、同じく、今回と同じ1200m戦出走なら当然勝ち負けになる。
京都9R 與杼特別 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。メガロスバンダムが今回は前へ、先手を取って軽快に逃げ、直線に入っても先頭をキープ。一杯になったモエレジュンキンの内から勝負所でステッキを入れられていたトップコマチが盛り返す様に内から伸び、外からはテルミーホワイが上がって来た。ただ、メガロスバンダムは並ばせる事無く逃げ切った。
これも逃げたメガロスバンダムが勝利した。このレースの際、取材で検量室前に居たが、各騎手に話を聞くと砂が流されてまるで路盤の上を走っているみたいだったという声が聞かれた。実際、極端に砂が浅くてソエとか脚元に何らかの不安のある馬は走れないという声も同時に上がっていた。1000万下のレースでレコードに0秒6差ですから、普通ならあり得ないですし、タイムランクがBだからと言って高く評価するのは危険すぎる。
京都10R 白百合S 注目
1着 マイネルラクリマ 
勝ったマイネルラクリマは最後までしぶとかった。道悪で自身の持ち味を十分に発揮した印象。
2着 ラトルスネーク 
道中引っかかっていたが、それでも直線もう一伸びしましたから、1800mもこなすが現状1400mから1600mぐらいの方が、競馬はしやすそう。
3着 ギュスターヴクライ 番組注目馬
最も評価したい。直線で一旦包まれる感じになって追い出し待たされたが、それでもまた最後よく伸びた。ちょっともたもたする面があったので、距離は1800mでは短い印象。2400mかそれ以上あった方が良さそうですし、次走適した条件に出走すれば狙い目。注目馬。
京都11R 金鯱賞 タイムE
1番人気のルーラーシップが大きく出遅れた。出遅れた瞬間、ああこれはもう無いなという感じの出遅れ方でしたから、1コーナーの入りの時点で大分離されたが、4コーナー回るときにはもう4番手まで上がって来ている。とは言ってもキャプテントゥーレが非常に楽なペースで逃げてましたし、ペースとしてはちょっと遅めだった。しかもこういう馬場ですから、前残りの形になるかなと思ったところルーラーシップが外から力強く伸びて、最後キャプテントゥーレに馬体を並べるまで行って力でねじ伏せる様な形でゴールインという結果になった。
基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。どういう訳かタイムランクはEだった。1つの要因として考えられるのは、勝ったルーラーシップがスタートで5馬身程度のロスがあったという事。この5馬身は時計に換算すると、約1秒ですから、仮にスタートを5分に決めてあと1秒勝ち時計が速かったとしたら、当然タイムランクはEではなかった。少なくともタイムランクがEだからと言って、低い評価を与えるレースではない。むしろ、勝ち馬は高い評価を与えて良いと思う。
1着 ルーラーシップ 
トビの大きな馬ですから、道悪下手だと思ったが全然関係無かった。馬自身が力をつけていると思いますし、以前はトビが大きくてグニャグニャした感じの走りの馬だったが、そこのこの馬場をこなしたという事は力強さが備わって来たという事の証明だと思う。秋には大きいところを取る馬だと。ひょっとしたら早まって宝塚記念で取ってしまう可能性も十分あると思う。
==福永祐一騎手==
調教の段階では掛かりそうなイメージがあったけど、返し馬での走りが良くて良い意味でそれとは違った。ただ、ゲートで待たされている内に中立が悪くなって跳び上がる様なスタートに。片方の鐙が外れてあやうく落ちそうだったが、乗っていた良かったです。ああなった以上慌ててても仕方ないので、後ろから行ったが、徐々に追い上げて最後は届いた様に能力の高さを見せてくれた。凄い馬だと思う。
2着 キャプテントゥーレ 
もともと道悪が上手ですし、マイペースで運んだが最後はルーラーシップに力負け。ですが、常に安定して走りますし今後も要注意だろう。
3着 アーネストリー 
休み明けだったが、非常に良い競馬だったと思う。最後道悪で走りにくそうにしてましたし、それでもバタッと止まる事無く非常にしぶとく粘ってましたから、次走これも宝塚記念になるとは思うが、非常に良い内容の競馬だったと思う。
5着 アンライバルド 
これは長期休養明けだったが、良い競馬だった。一瞬来るんじゃないかなと思わせる場面もありましたし、返し馬とか見てても硬さも感じられなくて、ちょっと脚部不安で長く休んだ馬だが、今回の内容なら次に向けて楽しみが出てきたなという感じがする。

  馬券Summary
どろどろの道悪に強い種牡馬
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26