2011年1回東京4日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4だった。初日がマイナス0秒6でスタートし、4日目がマイナス0秒4ですから、徐々に掛かってはいるが、大きな変化はなくマイナスの馬場差が続いている。
開幕週と大差ないコンディションが続き、上がり勝負だと速い数字がマークされている。落ち込みも少ない。芝のスタートとなった土曜4R・5Rでいきなり追い込み馬が2着に来まして、さらにその直後(6R)も差し決着だった。おやおやこれは…と思うところあったかもしれないが、連対馬の脚質に偏りはなく、むしろ2400m戦を除くとハッキリ外を回って差しきるのはまだつらい事を物語る結果となっていた。
先週の馬場差1600m対象の数値は土日共にプラス1秒0だった。初日プラス1秒2でスタートし、4日目がプラス1秒0。全てプラス1秒台で時計の掛かるコンディションが続いている。
開幕週よりいくらかマイナス方向に戻した数値だが、2週目の方が中団・後方に位置した差し馬の台頭が目立つ。逆に先週、逃げあるいは先行で勝ち切れた馬はどれも納得の強さを感じさせるパフォーマンスだった。割合厳しい流れからの決め手勝負が多かった印象。


  タイム分析
 2011/02/06 (日)  芝=-0.4  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 アフロディーテ    牝3 新馬 2:06.7 +4.0 --- +2.9 --- SL C --
7R T1600 アーバンウィナー    牡4 500万下 1:35.9 +1.1 --- +0.8 --- SL B --
9R T2400 エイシンフレンチ    牡6 箱根特H1000 2:25.7 -0.5 --- -0.7 --- B D --
10R T1800 スズジュピター    牡6 早春S1600 1:47.1 +0.8 --- +0.5 --- D B --
11R T1600 スマイルジャック    牡6 東京新聞G3 1:32.5 -0.5 --- -0.2 --- C B --
 2011/02/06 (日)  ダ=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 サマーダリア    牝3 未勝利・牝 1:28.9 +2.6 --- +1.7 --- E D --
2R D2100 ライジングエース    牡3 未勝利 2:18.2 +4.0 --- +2.1 --- E E --
3R D1600 ケイアイアポロン    牡3 未勝利 1:41.1 +1.5 --- +0.5 --- D C --
6R D1400 エーシンジェイワン    牡3 500万下 1:27.0 +1.5 --- +0.6 --- D C --
8R D1300 ガルビスティー    牡4 500万下 1:18.9 +0.4 --- -0.4 --- B C --
12R D1600 ウインマリアベール    牝4 1000万下・牝 1:39.4 +2.2 --- +1.2 --- E D --

東京1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
東京2R 3歳未勝利 タイムE
基準より2秒1遅い勝ちタイムだった。
東京5R 3歳新馬 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京7R 4歳上500万下 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京8R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ダイワフラッグが大外から先手を取って飛ばしていたが、直線に入って後続が接近して来る。2番手を進んでいたコスモパイレットがダイワフラッグを交わして抜け出す。その後内からはガルビスティー、外からはアルセーヌシチーも追い上げて来た。中でもガルビスティーはゴール前もう一伸びしてコスモパイレットを交わし、1着となった。
1着 ガルビスティー 
ダイワフラッグが暴走気味の超ハイペースで逃げ、縦長にバラける展開がハマってぽっかり空いた最内を使って、存分に末脚を発揮した。未勝利勝ちがダート1800m戦で3馬身半差の楽勝だった馬だが、それにしては驚いた。3走前にも東京に遠征して、北村宏司騎手の手綱で0秒4差の5着。いわゆる良いイメージしかなかった事も大きいのではないだろうか。
2着 コスモパイレット 
離れた2番手とは言え、自身も厳しいラップを踏んだはず。残り200mでは3馬身ぐらい一旦は完全に抜け出していた。太めでの激走ですから、次走はちょっと反動が怖いが同じ1300mであれば首位候補だと思う。
東京9R 箱根特別 タイムB
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。逃げていたエプソムスタウトは失速。その外にマイネルシュトルム、ヒカルマンテンボシが上がって来る。その内からフランドルシチー、外からはレオプログレス、その後さらに外からエイシンフレンチも差を詰めての追い比べとなる。一旦抜け出したレオプログレスをゴール前でエイシンフレンチが交わして1着となった。
道中3番手以降が実質スロー。今回10着までが完全タイムさマイナスにまで当てはまる点は、このカテゴリにしては珍しいケース。全てを手放しに評価しない方が賢明だと思う。
1着 エイシンフレンチ 
今回を含めて東京の芝2400mでは7着・4着・2着・1着・10着・1着。この6回の内4回はメンバー中最速か、2位に当たる上がりをマークしている。平均速めのペースで引っ張ってもらって、ハンデが1キロ減っていた事で本領を発揮した形。不器用を自で行き、得意な設定でしか馬券にならないタイプですから、昇級後も同じ舞台で出番を待つのみ。
4着 ヒカルマンテンボシ 
冬場の休み明けが堪えた。
6着 キンセイポラリス 
直線で何度も前がつかえていた。
東京11R 東京新聞杯 
予想通りシルポートが逃げたが、直線に入って後続馬が差を詰めてきた。逃げたシルポートガややハイペース、離れた3番手カウアイレーンがややスローといった流れだった。見た目ほど余裕がなかったシルポートをスマイルジャックが捕らえてグイッと前へ出るが、後続も勢いはあってゴール前は接戦模様になりかけた。しかし最後は地力の差と言えなくもないスマイルジャックの押し切り勝ちということだった。
1着 スマイルジャック 
昨年のマイルCS6着、1分32秒1と今回の1分32秒5はそれぞれの馬場差を踏まえると、わすか0秒1しか違わない。同じだけ頑張ったら結果がついてきた。逆に当時の先着馬はパフォーマンスを落としたと。これが当番組流の見解となる。もう一つの大きな勝因は地の利だと思う。この馬は水曜日に追った後、前日土曜日に前日追いをかけられる地元の日曜日の競馬というのがベスト。つまり土曜日の競馬よりも、負荷を掛けやすいのが日曜日の競馬ということ。こういうことはあまり言われないが、似たようなタイプというのは少なくないと見ている。次走云々と言うよりは、要するに悲願を願うのであれば、安田記念か秋の天皇賞ということ。
==三浦皇成騎手==
最後はよく馬が踏ん張ってくれた。今年は勝負だと思っていたので、勝てて良かった。前回は川田騎手が良い競馬をしてくれていたので、それを無駄にしない様に乗ろうと思っていた。勝ちに行くというよりも、この馬のリズムを大事にハミを取ったら追い出そうと考えていた。初めてのG1勝ちはこの馬で勝てれば良いなと思っているが、昨年は自分がふがいないレースをして馬に迷惑をかけてしまった。今年は良いスタートが切れたし、先が楽しみ。
2着 キングストリート 
目の前に勝ち馬が居て、淡々と追走することができる理想的な競馬だった。最後のもう一伸びという脚の使い方はいかにも新潟外回りがベストというイメージ。
3着 ゴールスキー 
枠順やスペースの問題があるのだろうが、伸び足りずという負け方は一応想定内と言える。オープンのレベルに入ると、1400mの方がしっくり来るかもしれない。
5着 オーシャンエイプス 
直線で進路を切り替えるロスがもったいなかったと思う。不器用なのは確かだが、完全復活は近いだろう。
6着 シルポート 
58キロを背負って0秒2差6着のシルポートにも、一定の評価を当てたい。G3ならもう崩れないと思う。
7着 ダノンヨーヨー 
1番人気で7着。馬場コンディションと展開の両面で泣かされた格好。直線は1頭だけ芝の色みが薄いコースの外を走らされていましたし、悲観するほどは負けていない。
東京12R 4歳上1000万下・牝 タイムE
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
完全タイム差マイナス KTM
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26