2011年1回中山5日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日共にマイナス0秒7だった。ここまで8日間の馬場差を振り返ると、暮れの最終週はマイナス0秒5、マイナス0秒6。今年になってマイナス0秒8、4日目以降がマイナス0秒7と大きな動きはない。
先週に関しては雪がポイントだが、日曜の朝に雪が降ったが溶ける前に除雪したので、溶けた水分が染みこむという事はなくて、従って馬場差は土日同一だった。そして土日とも4日目と同じ数値だが、4日目は直線向かい風の影響もあった数値。という事はつまり、馬場そのものは4日目よりも時計の掛かる状態になって来た。っと言っても少しだが、内側が傷んで来た様で前半4日間に比べれば外を通る差し馬が届く事が多くなった。ちなみに逃げ切りは日曜7R1200mだけだった。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日共にプラス0秒8、1200m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておこう。1800mについては4日目以降時計のかかる馬場コンディションとなっている。一方1200mは4日目については、やや掛かっているもののほぼ水準レベルで推移している。
中間雨は全く降っていないが、木曜と金曜日に水をまいている。かなり乾燥していた4日目と比べると含水率は上がっていたはずだが、それでも乾いた状態。4日目は直線向かい風の影響を含んだ数値なので、4日目と比べて5日目・6日目の含水率が大幅にアップしていたという訳ではないはず。1800mに関しては前半3日間と比べると時計の掛かる状態だった。1200mは前半3日間と同じ程度の数値に戻り、水準級の馬場だった。こちらも日曜朝の雪だが、すぐに除雪したので溶けた水分が染みこむ事無く、従って1200m・1800m共に土日共に同一の数値だった。1200mは水準級の馬場とは言え、スピード型が活躍。牡馬混合戦で牝馬が2勝。未勝利戦では芝で抗争歴のある馬が2勝している。1800m、土曜日だが中団より後ろから差して連対したのは2頭だけ。それも5馬身差の2着とタイムランクEの勝ち馬、前も後ろも一緒にバテるという馬場なので、ちょっと差しにくい。


  タイム分析
 2011/01/15 (土)  芝=-0.7  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 アルマフローラ    牝3 未勝利 2:02.6 -0.6 --- +0.1 --- C B --
7R T2000 エイシンサクセス    牡5 500万下 2:00.5 -1.1 --- -0.4 --- B C --
10R T1200 セイコーライコウ    牡4 サンライ1600 1:08.3 -0.1 --- +0.3 --- D D --
11R T1600 コスモセンサー    牡4 ニューイ 1:32.9 -0.3 --- +0.3 --- D D --
12R T2200 ミッションモード    牡4 1000万下 2:15.8 +1.6 --- +1.8 --- SL D --
 2011/01/15 (土)  ダ=+0.8 / 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 メーヴェ    牝3 未勝利 1:12.6 -0.4 --- -0.4 --- B C --
2R D1800 マイネロードナイト    牝3 未勝利・牝 1:56.7 +1.0 --- +0.2 --- C D --
3R D1800 ホノカアボーイ    牡3 未勝利 1:57.4 +1.7 --- +0.9 --- E E --
4R D1200 フィンデルムンド    牡3 新馬 1:14.2 +1.0 --- +1.0 --- E D --
6R D1800 パシコジュリエ    牝4 500万下・牝 1:56.0 +2.0 --- +0.9 --- E E --
8R D1200 エアティアーモ    牝4 1000万下・牝 1:10.0 -1.3 --- -1.3 --- A C --
9R D1800 ディアフォルティス    牡3 黒竹賞500 1:55.3 +0.5 --- -0.3 --- C C --

中山1R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。外から好発を切ったメーヴェを制して内からフェアユースが先頭に立って直線に入る。しかしメーヴェが並んできた。後続は離されて2頭の首位争いとなる。メーヴェの方が勢いがあり、抜け出して1着。ただ、半馬身差遅れてフェアユースにしても3着イカルスに3馬身半の差をつけてのゴールだった。
1着 メーヴェ 
芝でも2着が2回あった馬だが、今回は初ダート。好スタートから最初の芝の部分でダッシュ良く前につけたが、ダートに入ってからは手応えがあまり良くなくて追い通し。4コーナーではすでにステッキが入っていたが、そのまましっかり伸びた。このレース内容からは1200mは本質的に合っていないと思う。この馬血統を見ると父がMotivator、母の父がShirley Heights、母の母の父がBe My Guest。実に重厚なヨーロッパの芝2400m向きという種牡馬がズラリと配合されていて、こういう馬が日本の芝で軽さ負けしてダートの短距離で追い通しの競馬をしてスタミナを活かすというのは、よくあるパターンだが、クラスが上がると本質的な距離適性の差が出てしまうはず。非常に先の話になるかもしれないが、この馬芝の道悪とか洋芝の2000m以上に出てきたら買いたいと思う。
2着 フェアユース 
休み明けだった前走3着から中9日での出走。2キロだけだが馬体が絞れ、息づかいも良化して時計を0秒4詰めた。ちなみに前回と今回は同じ馬場差。次はもう順番という立場だと思うが、今回ほぼ連闘で出走した点がどうでるか。
中山3R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
中山4R 3歳新馬 タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中山6R 4歳上500万下・牝 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
中山7R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ロックバルーンが一転して逃げて行った。2番手マツリダジャパンは失速し、その外からアースステップ、さらに外エイシンサクセスが上がって来た。そして内で粘っていたロックバルーンをエイシンサクセスが交わして1着。しかしロックバルーンも踏ん張って3着アースステップには2馬身半差をつけた。
1着 エイシンサクセス 
6ヶ月ぶりの勝利だったが、実はすでに500万を勝っていた馬。今回は休み明けでしかも休養前に500万で凡走していたので4番人気にすぎなかったが、馬体重が示す通り仕上がりは良くて、また休養前の6着・8着というのはクラス再編成直後の函館で今の中山の500万とはちょっとレベルが違った。この馬長い休養が3回あって5歳馬だが、まだキャリア12戦。1000万で過去1回走って7着だったが、当時はスローにハマって差しが不発という内容。昇級しても流れが合えば好走できそう。
2着 ロックバルーン 
こちらもすでに500万を勝っていた馬で、500万を勝っていた事があるというのは実はこの1着と2着の2頭だけだが、その組み合わせで何故か馬連が7420円もついてしまったのは、たぶん競馬新聞の責任。こちらが7番人気だったのは、近走成績が非常にボロボロだったということだが、前走がデビュー以来初の1200m。そして後方のままだったが、そこから今回2000mに出走してなおかつ鞍上に中館騎手を配して逃げて粘った。かなりのショック療法だったと思うが、それが上手く効いたという形なので、従って次は危ないと思うので、注目馬とはしないが、Rock of Gibraltar産駒の牡馬と言うのは京成杯のプレイもそうだが、芝の中距離で速めの平均ペースで先行して粘るという形になると、好走が多い。次走はちょっと疑問だと思うが、その後今回と同じような競馬に持ち込めると読める場合には、狙いたい。
中山8R 4歳上1000万下・牝 タイムA
基準より1秒3速い勝ちタイムだった。外枠からダッシュしたエアティアーモが先手を取っていく。2番手に居たオクルスが直線で差を詰めようとするが、エアティアーモの勢いは衰えず5馬身差をつけて逃げ切った。オクルスは突き放されながらも2着を確保。さらに差が開いて3番手争いは接戦となり、ウォンビーロングがノボレインボーを交わして先着していた。
1着 エアティアーモ 
エアティアーモの前走というのは12月26日の中山ダート1200mで、当時の馬場差はマイナス0秒1。そのとき前半600m34秒3で逃げたが後半600m37秒7も掛かって3着。1分12秒0だったが、当時は休み明けだった。今回前半600mは33秒7で逃げて、上がりも36秒3でまとめて1分10秒0。今回の馬場差はプラスマイナスゼロですから、休み明けの前走から2秒1も詰めた計算になる。叩いて上昇したとしか言えない内容。完全タイム差マイナス1秒3というのは破格で、昇級しても通用するはず。そして、こういう先行スピードが売りの馬は昇級するとペースの違いというのが懸念されるが、実はダートの短距離というのは先行スピードだけが武器の馬というのは1600万クラスまであまり上がれないので、1600万の方が先行馬が揃わなくて前半のラップが落ち着いたりすることが良くある。ちなみに、同じ馬場差だった今開催の初日1600万の初日の出Sは前半34秒2で、勝ちタイムは1分11秒2だった。
2着 オクルス 番組注目馬
今回は相手が悪かったとしか言いようがなくて、0秒8差あってもまだ好タイム。何よりこの馬2番手でもOKという馬になったのが大きくて、次走は勝機だと思う。その次走が東京だと少し不安もあるが、京都に遠征とかあるいは1開催空けて中山ならかなり有力。次走注目。
中山10R サンライズS 注目
5着だったサクラミモザについて。
5着 サクラミモザ 
っと言っても非常にわかりやすく前が詰まっていて、わざわざ紹介するまでもないかと思ったが、とにかく内に突っ込んで前が詰まった。それも残り200m付近とゴール前と2回ブレーキをかけていて、まともに追えたのはたぶん5完歩くらい。このレースのタイムランクはDだが、前が開いていれば突き抜けたと思う。そうは言っても多頭数の1200mで中団から内を突いて前が開いている方が珍しいが、とにかくこの馬に関してはタイムランクDのレースで5着だったという風には思わない方が良い。
中山12R 4歳上1000万下 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。

  馬券Summary
平場の関西馬
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26