2011年2回東京6日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からプラス0秒1へと変動、日曜がマイナス0秒8だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目特に初日は雨の影響で時計の掛かっていくコンディションだった。2週目は時計が出やすくなったが、先週土曜は1週目ほどではないが、雨の影響を受けた。
土曜は朝一からしっとりと雨が降っていた。終日稍重発表ながら、馬場差はマイナス0秒3から5R・6R・7Rとジワジワと水準方向へと時計が掛かっていき、9R・11Rはプラス0秒1で同じ馬場差。しかし日曜は、気温が上昇して一気に馬場が乾き、良馬場発表。この開催3日目に並ぶ、時計の出やすいレベルとなった。ただ、いずれにしても土日ともだが、コレと言う傾向の偏りはなく、脚質・内外などは2週目よりも開幕週に近いイメージだが、後方待機馬がそれなりに占有率を上げては来ている。レース上がりの落ち込みが少なく、良馬場なら今週も時計は出やすいはず。今週からBコースに替わる。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒9からプラス0秒4へと変動、日曜がプラス0秒1だった。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日が半数あり、1日の中でも時計の出方が変動している。一方2週目は乾いた馬場で、時計が掛かっていた。
土曜午前はプラス0秒9と時計が掛かっていたが、雨の影響で後半水準方向へと時計が出やすくなった。日曜はさらに水準レベルへと近づいたが、それでもプラスの馬場差なので、脚抜きが良いという程ではなかった。ダートの傾向も無いと言えば無いという格好で、2週目よりは開幕週に近い好位勢を中心としつつ、あとは展開次第という連対馬脚質だった。


  タイム分析
 2011/05/08 (日)  芝=-0.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1800 カルマート    牝3 未勝利 1:49.4 +0.5 --- +0.2 --- C C --
5R T1400 スナイプビッド    牡3 500万下 1:22.2 -0.2 --- -0.2 --- C E --
7R T2400 ジェイケイラン    牝5 500万下 2:27.7 +0.8 --- +1.2 --- SL D --
9R T1800 ビンテージチャート    牡5 八ヶ岳特1000 1:47.2 +0.2 --- +0.3 --- C C --
11R T1600 グランプリボス    牡3 NHKマG1 1:32.2 -2.0 --- -1.4 --- A C --
12R T1600 シルクアーネスト    牡4 みらい賞1600 1:32.8 -0.8 --- -0.2 --- C B --
 2011/05/08 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 パワースポット    牝3 未勝利・牝 1:26.4 +0.2 --- +0.1 --- C E --
2R D1600 レッドシュナイト    牡3 未勝利 1:39.5 ±0 --- -0.1 --- C E --
3R D1300 トレボーネ    牡3 未勝利 1:20.5 +0.9 --- +0.8 --- E C --
6R D1600 ホノカアボーイ    牡3 500万下 1:38.4 -0.2 --- -0.3 --- B C --
8R D1600 アイソトープ    牡6 1000万下 1:38.8 +1.6 --- +1.5 --- E B --
10R D2100 キクノアポロ    牡5 ブリリアH 2:11.7 +2.2 --- +2.1 --- E E --

東京3R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
東京6R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。内のアラビアンザサン・アントウェルペンの外から8枠イーグルカザン・ホノカアボーイが叩き合いつつ抜け出して行く。それを追ってモンクが上がっては来るが、差を詰めることができない。そして前の2頭の争いはゴールまで続き、イーグルカザンが出る場面もあったが、外のホノカアボーイが競り勝って1着。イーグルカザンはまたしても勝つことはできなかった。
中盤が適度に緩んで平均速めの範疇だった。上位2頭のマッチレース、その上がりの脚力が時計を引っ張り上げたのが今回の競馬。クビ差の1・2着はゲートが隣同士でもあって、終始至近距離での競馬だった。ですから、追う者と追われる者立場の違いが明暗を分けた形だが、微妙な距離適性の差が出た気もしている。いずれにしてもランクはギリギリのBですし、イーグルカザンについては何度か話をしているので、ここは総評という形にしておく。
東京7R 4歳上500万下 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
東京8R 4歳上1000万下 タイムE
基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
4着 ナイトフッド 
道中で行きたがっていた分、最後にスパっと切れなかった。ちなみにこのレースタイムランクEのレースだが、道中ペースが落ち着いたことも影響している。それ故に折り合いに課題のあるナイトフッドも苦労していたという事。今後も同様の課題が残る。
東京10R ブリリアントS タイムE
基準より2秒1遅い勝ちタイムだった。2100m戦だった。ペース補正が入るほどではなかったが、中盤で流れが落ち着いた事もタイムに影響したと見ている。
1着 キクノアポロ 
前走阪神ダート2000mの1600万クラス堺Sの楽勝に続く独壇場。わずか半年足らずで500万からオープンまでのスピード出世。このランクだけでは軽く扱う事はできない。
東京11R NHKマイルC タイムA
馬場差を考慮してもかなりのハイペース。追走に苦しむ馬は居なかったが、知らず知らず体力をむしばまれ、紛れのない消耗戦。そして坂上は底力と切れ味の勝負。グランプリボスの快勝を見届けるだけだが、それにしても皐月賞他一連の重賞を見ていると、今の東京の芝はしっかり後ろで走れる馬と言うか、下からの反発力を最大限に活かせるタイプの強さというのが際立つ。
基準より1秒4速い勝ちタイムだった。前後半の800mで見比べれば、前半45秒7に対して後半46秒5、かなりのハイペースで前が引っ張ったが、先行勢の内エイシンオスマン、これが皐月賞で1秒1差の8着だった馬、これが4着。そしてフォーエバーマーク、桜花賞で0秒6差の5着だった馬が8着に粘っているのはそれぞれ立派。それぞれのレース前走を見て、この馬を交せたかどうかと言うのは何らかの線引きに使えるかもと予感していた。未だに明確な答えが無いとは言え、今後の結果を受けつつ馬券的な効果が表れるかもしれない。ちなみに13着までが完全タイム差マイナスという速い流れの産物でもある好時計。昨年の世代と同様、秋から冬にかけて追跡調査と再検証。これが必要になりそう。
1着 グランプリボス 
1週前には初めてポリトラックコースで追われ、直前も坂路でビッシリ併せ馬だった。叩き良化タイプの無駄肉を削いだ馬体には迫力があった。正攻法の強いマイラーとして今後は王道を歩むことになると思う。次走は海外を予定されているが、ゆったりとした競馬の中でいかに脚を溜められるか、それが良い経験になるだろう。
==ウィリアムズ騎手==
去年はチャンピオンとして成績を残した馬だが、残念ながらその後良い成績を残せなかった。だけども1走1走マシになって行ったというところも見ていますし、確かに休養明けと言うか、戻ってきた時は良くなかったが、その後少しずつ良くなって行ってというのが、この馬の凄いところだと思うし、良くなっていったところが彼の本来の姿であると思いますし、勝てて本当にその姿が証明できて良かったと思う。日本の競馬の中で、東京のマイルで勝てる、こういう勝ち方ができるというのは非常に強いと思いますし、海外でも通用するという風には思う。
2着 コティリオン 
ゲート内でキョロキョロして出遅れた。直線も少しもたれ気味だったが、あれだけ外を回しての伸びですから、言い方はどうかだがNHKマイルCの負け方としては、極上のパターンだと思う。ダービーでも消耗戦になれば、上位進出だろう。
3着 リアルインパクト 
出遅れた直後に軽く前をカットされて、勝負所もやや窮屈だった。トビが大きくて、速い回転で走れないタイプですから、ちょっと内枠すぎたかもしれない。母系がスプリンターという血の宿命という別の焦点も含めて、今後の活躍に期待。
6着 マイネルラクリマ 
朝日杯当時よりも馬体のハマりが良いと言うか、ピタッと整っている感じがした。成長を感じる仕上がりで、最後までしっかり伸びていた。もっと強くなりそうな気がする。
10着 アイヴィーリーグ 
これまでスローの経験しかなかった点が響いたような気がする。多少の硬さも感じるので、渋めの馬場の方が向くかもしれない。

  馬券Summary
1枠にご注意
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26