2012年2回阪神6日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス0秒8だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てプラスの馬場差で時計の掛かるコンディションが続いている。ただ、プラス1秒以上か設定不能の日が続いていたが、先週日曜はプラス1秒を切る数値になった。
金曜日に雨が降ったので、雨の影響が全く無かった訳ではない。ただ、それまでの週と比較すれば、はるかに乾いたコンディションだった。連続開催の最終版らしい時計の掛かり方と言えるのかもしれない。コース取りは大ざっぱに言えば、外を回る馬が伸びてはいるが、内を通って来る馬が全くダメという事でもなかった。例えば、日曜10Rの大阪ハンブルクカップでも内を突いたユニバーサルバンクが勝っていた。ただ、最終週についてはホント正直なところわからない。内も外もない馬場かもしれない。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、マイナスの馬場差が続いているが、先週は水準に近づいた。
1回・2回の阪神を通じて、初めての終日良馬場。1回開催の6日目は重から稍重、馬場差の範囲はマイナス0秒1からマイナス0秒3だった事から、良馬場なら水準かプラスの馬場差になると想定していただけに、このマイナス0秒4は意外だった。先行有利には違いないが、全く差しが決まらないという訳ではなかった。


  タイム分析
 2012/04/08 (日)  芝=+0.8  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 ドラゴネッティ    牡3 未勝利 2:03.7 +1.3 --- -0.2 +0.8 C C
7R T2000 サクラアルディート    牡4 500万下 2:01.5 +0.6 --- -0.2 +0.8 C C
9R T1600 ベストクルーズ    牝5 山陽特別1000 1:35.2 +1.2 --- +0.4 +0.8 D C
10R T2400 ユニバーサルバンク    牡4 大阪―ハH 2:26.3 +1.3 --- +0.3 +0.8 C E
11R T1600 ジェンティルドンナ    牝3 桜花賞G1 1:34.6 +0.4 --- -0.2 +0.8 C C
 2012/04/08 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ラルシュドール    牝3 未勝利・牝 1:54.6 -0.1 --- +0.3 -0.4 C D
2R D1200 シューサクオー    牡3 未勝利 1:12.7 -0.6 --- -0.3 -0.4 B D
3R D1800 タマモデザイア    牡3 未勝利 1:54.3 -0.4 --- ±0 -0.4 C D
5R D1200 ヒカルマイソング    牡3 500万下 1:12.3 -0.3 --- ±0 -0.4 C C
6R D1800 スプリングシーズン    牡4 500万下 1:54.0 +0.9 --- +1.3 -0.4 E C
8R D1400 スティールパス    牝5 播磨特別1000 1:23.5 -0.7 --- -0.4 -0.4 B C
12R D2000 スマートタイタン    牡6 梅田S1600 2:04.1 -0.6 --- -0.8 -0.4 B C
阪神2R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 シューサクオー 
ここまで芝2戦、ダート2戦を消化して来た訳だが、特に見所はなかった。それだけにこの急変には驚かされた。初めての1番枠で好位のインのポケットで上手くレースを運べたのが良かったと推測する。力を100%出し切ってのギリギリのBランクなので、昇級初戦は様子を見た方がベターだと思う。
2着 ヤマニンメンヒル 番組注目馬
スウェプトオーヴァーボード産駒でダート替わり初戦だった。芝で3着があるが、今回のレースぶりを見ると断然ダート向きと言えそう。逃げ馬をマークして4コーナーで楽に並びかけて、勝ち馬と2頭で後続を大きく引き離した。今回と同じだけ走れれば、次走は有力だと思う。注目馬。
阪神5R 3歳500万下 
1着 ヒカルマイソング 
前回の番組注目馬。単勝160円の断然人気馬がハナ・ハナ差の辛勝で、M.デムーロ騎手でなければ危なかったという感じもした。スタートも良くなかった。高レベル対象の前2走が、重と不良のダート。今回乾燥したダートになって、パフォーマンスが下がった事は事実なので、この点は今後記憶しておいた方が良いと思う。
阪神6R 4歳上500万下 タイムE
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
2着 アサクサショパン 
前回の番組注目馬。内々を上手く捌いて来たが、これは勝ち馬に対してこちらのアサクサショパンの方は外を回る競馬だった。通ったコースの差が大きかったと思う。
阪神7R 4歳上500万下 注目
勝ったサクラアルディートを取り上げる。
1着 サクラアルディート 
昨年8月に小倉で初勝利を挙げた後休養に入って今回は7ヶ月半ぶりだった。仕上がっていたが、スタートで大きく出遅れてしまった。それでも道中外を回って追い上げて行って、勝負所で先団に接近して直線で抜け出して来た。かなり大外を回っていますし、伸びが止まりかけたかなと思ったところ、内からウインルキアが並んで来ると、最後もう一伸びしていた。長く良い脚を使っていますから、芝の中距離なら昇級しても圏内だと思う。ちなみに中山記念を勝って皐月賞2着のサクラプレジデントの弟。父はディープインパクトという良血馬でもある。
阪神8R 播磨特別 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 スティールパス 
強かった。限定戦なら力が違うと言わんばかりの勝ちっぷりだった。中枠で包まれるのを嫌って後方に一旦下げて外に出したジョッキーの判断も良かったと思うが、徐々に順位を押し上げて行って大外から楽に抜け出しての好タイム勝ち。昇級戦、牡馬相手でもスムーズなレースができれば通用するレベルだった。
2着 ホクセツダンス 
前走マイナス8キロだっただけに、馬体重は減って欲しくなかったが、今回もマイナス4キロ。それでも好位で馬込みにひるまずよく伸びて来た。ここまでまだキャリア8戦、弱いところがあってかコンスタントに使えないのは難点だが、この馬も限定戦なら力上位。ただし、次走の調整過程と馬体重には注意していただきたい。
阪神11R 桜花賞 
タイムランク・メンバーランク共にCだった。
アラフネが大外枠から先頭に立った。1000m通過が59秒3、改修後の阪神外回り1600mの桜花賞としたら、ほど良いペースだと思う。中からヴィルシーナとアイムユアーズが先頭に立つ。その外からジェンティルドンナ。これがこの2頭をまとめて交わす。1番外17番ジョワドヴィーヴルちょっと伸びあぐねている。最後ジェンティルドンナが快勝した。
1着 ジェンティルドンナ 
前走のチューリップ賞4着は熱発明け。当時の追い切りではアダムスピークと併せて併入がやっとだった。今回の追い切りはそのアダムスピークを千切っていた様に、状態が一変していた。過去牡馬相手のシンザン記念2着のダイワスカーレット、3着のマルセリーナが桜花賞を勝っている。この比較から言って、シンザン記念を勝っている訳ですから、実績は牝馬同士なら一枚上だったと思う。上がり推定タイム最速だった。強い競馬だが、ただオークスとなると母がスプリンターのG1ホースだけに、少し2400mは若干の不安がよぎる。
==岩田康誠騎手==
道中も余裕もって乗れましたし、本当に直線も弾けてくれたと言うか、まだまだこの馬自身が仕上がっていないが、能力で抜け出したと思う。前走よりも状態は遙かに良いが、まだこの馬まだまだ隠している要素があるので、もっと良いパフォーマンスが見せれると思う。凄く気が強いが、凄く冷静だと思う。これからも1戦1戦大事に乗って1勝でも多く、良いパフォーマンスが見せれる様に頑張りますので、応援よろしくお願いします。
2着 ヴィルシーナ 
好位の外めで折り合いをつけて、直線はアイムユアーズとの長い長い叩き合い。2着争いを制した。センスが良いですし、良い意味でのズブさがある。だから追ってからしぶとい。こうしたタイプは東京2400m向きじゃないだろうか。クイーンCで実際東京も経験していますし、オークスの距離適性では勝ち馬以上の可能性があると思う。
3着 アイムユアーズ 
ゲート入りを嫌ったが、競馬に行ったら関係ない。ハイセンスのレースぶりだった。一瞬の脚で一旦は2番手に上がったが、最後は距離適性の差で2着・3着の差。ファルブラヴの子供がマイルG1としたら最高の頑張りを見せていると思う。
4着 サウンドオブハート 
ここまでオークスの出走権が与えられた。あえて間隔を開けるローテーションを取って落ち着きもあったし、阪神JFの時より折り合いもついていた。上位3頭に離されたのは最終的には底力の差ではないかなと思っている。
6着 ジョワドヴィーヴル 
マイナス4キロという体重だが、暮れの阪神のG1を勝った時と比べると2キロ減っただけ。許容範囲だが、馬体から受ける印象は特にバネという点で暮れのG1より物足りなさが残った。直線で少し外にヨレていたというところで、この辺ちょっと馬自身に体力的に苦しいところがあったんじゃないかなと思う。あとは血統面。上のブエナビスタはスペシャルウィーク産駒だから成長力があったと思うが、配合面から言ってディープインパクトでは少し成長力がない気がする。これはこの馬の新馬の時にも話したこと。
==福永祐一騎手==
弾むようなフットワークが戻っていたし、状態は凄く良かったと思います。それだけに結果を出せなくて申し訳ない気持ちで一杯です。直線で苦しくなって外へ逃げていた様に、位置取りが悪くなりキツい競馬をさせてしまったのが悔やまれます。
阪神12R 梅田S タイムB
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
1着 スマートタイタン 
前回の番組注目馬。強かった。屈腱炎で1年半以上休養を余儀なくされていたが、3戦目で完全復活といった内容。好位から横綱相撲で最後は流して、補正が入ったとは言え、Aランク一歩手前の時計だった。この内容なら少なくともオープン特別ぐらいなら全く壁にはならないと思う。

  馬券Summary
福島芝1200mは中京で先行した馬
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai