2012年2回東京7日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。5日目まではマイナスゾーンではあっても、マイナス1秒台になる事はなかった。6日目は風や雨の影響でプラスマイナスゼロからプラスゾーンへと動いたが、先週は一転してマイナス1秒台となった。なお2回東京は6週間の開催で、5週目となる今週はもう1週Bコース、最終週となる来週のダービーウィークはCコースが使用される。
Bコースに替わって、雨の影響も残っておらず、速い時計の出る馬場コンディションとなった。Bコース替わり1週目の特徴と言えば、特に日曜で逃げ・先行馬の活躍が目立ったという事。また、差し・追い込みにしても、ほとんどが4コーナーで内2頭分を回って来た馬ばかりで、速い上がりに対応するには経済コースを捌かなければ間に合わないという決着が大半となっていた。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒3だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。1週目は時計の掛かるコンディション。その後2週はマイナスの馬場差だったが、先週はプラスゾーンになった。とは言え、1週目ほどは時計が掛かっていなかった。
プラスゾーンとは言え、水準寄りだったが、見た目には乾燥した状態にも見えるコンディションだった。逃げ・先行が連絡みしたレースは、流れの恩恵によるものが多くて、先週は全体に厳しい流れの競馬が主流となっていたというのが特徴。距離を問わず、中団・後方に位置した馬の台頭が目に付いた。


  タイム分析
 2012/05/12 (土)  芝=-1.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 アンスポークン    牝3 未勝利・牝 2:02.1 -0.1 --- +0.9 -1.0 E D
7R T1400 エアワンピース    牝4 500万下 1:21.9 -0.3 --- +0.4 -1.0 D D
9R T2000 ロードアクレイム    牡3 夏木立賞500 1:59.9 -1.4 --- -0.4 -1.0 B C
10R T1600 コルノグランデ    牡4 立川特H1000 1:33.3 -0.9 --- -0.1 -1.0 C C
11R T1400 サダムパテック    牡4 京王杯スG2 1:20.1 -0.6 --- +0.1 -1.0 C C
 2012/05/12 (土)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ピオニエトウショウ    牝3 未勝利・牝 1:27.0 +0.8 --- +0.4 +0.4 D D
2R D2100 オパールパワー    牡3 未勝利 2:15.4 +1.4 --- +0.9 +0.4 E D
3R D1600 シルクエルドール    牡3 未勝利 1:39.6 +0.1 --- -0.3 +0.4 B D
6R D1600 ブライアンズオーラ    牡3 500万下 1:39.6 +1.0 --- +0.5 +0.4 D C
8R D1600 マコトローゼンボー    牡4 500万下 1:38.7 +0.7 --- +0.3 +0.4 D D
12R D1400 インディーズゲーム    牡4 1000万下 1:25.2 +1.0 --- +0.6 +0.4 D D
東京2R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
東京3R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 シルクエルドール 
序盤はいかにも初出走らしい競馬で、3コーナー辺りまではまるで圏外の位置取りだった。超ハイペースも味方して、レース上がりが39秒4。これを外から馬力を活かして追い込んで来た。馬体はややおつり残しで、直線ではまだ手前を変えていない様に、ホントに素質だけの勝利と言った感じ。昇級して次走は人気との兼ね合いになってくるが、相当なレベルまで行ける可能性がある馬。
2着 ピラミッド 番組注目馬
同タイムですからBランク相当の完全タイム差マイナス。じっくり待機して4コーナーでもキレイに捌けた。体型であるとか、走りっぷりはいかにも白井厩舎のダート馬だという感じはするが、今の未勝利であれば、脚力上位という事は再認識できた。次走も有力。注目馬。
東京5R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
東京9R 夏木立賞 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ロードアクレイム 
出遅れからポジションを取りに行く形となって、前半は引っかかり気味だった。若干のハイペースで流れてくれた分、折り合いは何とか収集がついたが、直線では前が壁になり、一旦下げて外へ出してから差しきるという競馬だった。ウィリアムズ騎手も上手に乗った訳ではないが、こういう勝ち方ができるのは能力が高い証拠だと思う。デビュー戦からずっとプラスの馬場差というコンディションでレースをしてきた馬だが、今回は初めて軽い芝で能力がフルに引き出されたんじゃないだろうか。その辺が有る意味ディープインパクト産駒らしいと言えるかもしれない。
2着 ナリタポセイドン 
出遅れて、3コーナー過ぎから追っつけながらのスパートとなったが、これで2戦続けてメンバー最速の上がりのマークしている。不器用だが、所謂外周り向きの脚質。平均以上の流れであれば、次走もチャンス。
3着 レッドシャンクス 
人気を裏切る格好となったが、血統背景から全体の時計が速くなると辛いのかもしれませんし、マイルぐらいの距離で脚を溜めてどうかなというところを1回見てみたい。
東京11R 京王杯SC 
タイムランク・メンバーランク共にCだった。先行3頭がポンと飛び出した形だったが、若干のスローという範疇。最近の京王杯というのはこういう流れが多いが、今回の先行馬にとっては、上がり勝負に対応しきれる馬がなかなか居なくて、結果外からの差し馬が33秒台の上がりを使ってごっそり台頭という決着だった。
1着 サダムパテック 
出負け気味からの待機策だったが、本来の推進力を取り戻し、大きなストライドで駆け抜けての完勝。これはもう3ヶ月の休養で蘇ったと見て良いだろう。安田記念でも溜めの効いた走りさえできれば、有力だと思う。
2着 レオプライム 
1400m巧者。他の有力馬が本調子に無かった事も大きかったと思う。ただ、仕掛けのタイミングの差と言うか、そういう微妙なところで、この2着・3着の明暗は別れていた。
3着 インプレスウィナー 
1400m巧者。他の有力馬が本調子に無かった事も大きかったと思う。ただ、仕掛けのタイミングの差と言うか、そういう微妙なところで、この2着・3着の明暗は別れていた。
4着 ストロングリターン 
2番人気で4着。これは休み明け。本番での巻き返しは十分にある。
10着 サンカルロ 
1番人気で10着。G1好走の反動があったと思いますし、そもそも揉まれる様な競馬に対応できるタイプでもないのかなと思う。本番での巻き返しは十分にある。
11着 ジョーカプチーノ 
これにとっては馬場が速すぎたのかなという気がする。単騎で逃げて平均ペースですか、たぶん今後復活するとしたら、このパターンじゃないかなと考えている。
15着 サクラゴスペル 
これはせめて内枠が欲しかった。今回は外から流れに乗ってちょっとメリハリが利かなかった。

  馬券Summary
初出走馬を要チェック!
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai