2012年2回京都1日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
先週の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒2だった。まずはここまでの馬場差を振り返っておく。1回開催5日目までは全てマイナス0秒2だったが、6日目・7日目は雨の影響で時計が掛かった。
先々週の様な雨の影響はなく、さらにBコースに替わった事で水準レベルに戻した。冬場で連続開催後半ですので、高速馬場というレベルではないが、時計は出やすくなっていた。連対馬の脚質やコース取りについては、特に土曜は中団・後方に控えていた馬の上位進出が目立った。そして外を回った馬も不利ではなかった。外差しばかりという訳ではなかったが、1回開催の様に前に位置した馬、内を通った馬が有利という事はなかった。なお、2回開催は全てBコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス0秒8だった。ここまでの馬場差を振り返っておくと、1回開催5日目まではやや時計の掛かるコンディションが続いたが、6日目・7日目は雨の影響で脚抜きが良くなり、速い時計が出やすくなった。
東京とか小倉と違って、凍結防止剤の散布に関する発表は無かった。先週は年明けの京都の中で最も時計が掛かっていた。時計は掛かっているが、連対馬の脚質には偏りがなく、不公平感のない馬場コンディションだったと思う。1年を通じての京都ダートの平均的なところよりも、差しとか追い込みが決まっていた。


  タイム分析
 2012/01/28 (土)  芝=±0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 ローゼンケーニッヒ    牡3 未勝利 1:48.9 +0.1 --- +0.1 ±0 C C
7R T1400 サンライズマヌー    牡3 500万下 1:21.8 -0.2 --- -0.2 ±0 C C
9R T2400 ミルドリーム    牡3 梅花賞500 2:27.9 +0.3 --- -0.3 ±0 C D
11R T1200 ロードカナロア    牡4 シルクロHG3 1:08.3 +0.4 --- +0.4 ±0 D C
 2012/01/28 (土)  ダ=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 アンビータブル    牝3 未勝利 1:14.0 +1.0 --- +0.3 +1.0 D D
2R D1800 ウイニングサルート    牡3 未勝利 1:56.2 +1.9 --- +0.6 +1.0 D D
3R D1400 ヴィーガトウショウ    牝3 未勝利・牝 1:27.6 +1.7 --- +0.9 +1.0 E D
6R D1200 トーホウサターン    牡3 新馬 1:14.6 +1.4 --- +0.7 +1.0 E D
8R D1400 プントバンコ    牝4 500万下・牝 1:25.5 +1.0 --- +0.2 +1.0 C D
10R D1900 デスペラード    牡4 雅S1600 1:58.7 +1.1 --- ±0 +1.0 C C
12R D1800 エーシンバリントン    牡4 1000万下 1:53.7 +1.9 --- +0.6 +1.0 D D

京都3R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
京都5R 3歳未勝利 注目
全体のメンバーランクはCながら、上位馬についてはBランクにしても良いぐらいのレベルだった。2番手に居たダノンアーチストが早め先頭に立って押し切ろうとする所、外からエボニーナイト・レッドヴァージン・ローゼンケーニッヒが伸び、大外のローゼンケーニッヒが差し切ったという競馬。
1着 ローゼンケーニッヒ 
母がローズバドで、ローズキングダムの半弟。後方を追走して4コーナーでもまだ前との距離はかなりあった、普通なら届かないかなという距離感だったが、差し届いた。コース替わり、そして中盤であまりペースが緩まない流れも味方したと思うが、薔薇一族ならではの末脚。昇級しても圏内だと思う。
2着 エボニーナイト 
馬券圏内に入った3頭の中では最も前に位置していた。ただ、勝負所の手応えはあまり良くなかった。直線外からもう一伸びという内容は評価できる。
3着 レッドヴァージン 
少しズブいところあったが、逆にデビュー戦の1400mから距離が延長した事、ここに対応してる点は評価と言うか収穫があった。
4着 ダノンアーチスト 
断然の1番人気に支持されたダノンアーチストは4着に敗れた。出遅れて、今回は後ろからかなと思っていたが、途中から前に進出して行った。勝負所では、できればもう少し待ちたかったんじゃないかなと思うが、溜める事ができない様な格好。ラップを見ても1200mからの200m地点が11秒5とラップ的にペースが上がっていた。この11秒5で脚を使っていたという事がラストの失速に繋がったと推測する。次走無印という訳にはいかないが、どうもデビュー戦よりも子供っぽさが今回の方が見えてしまったという点がちょっと気になる点。
京都6R 3歳新馬 タイムE
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
京都11R シルクロードS 
前半600mが34秒1、後半が34秒2。フラットと言うか、短距離戦としては結構落ち着いた流れとなった。多くの先行馬が失速しているが、恐らくは折り合いの問題とか切れ負けというせいだと思う。普通なら逃げたエーシンダックマンが何でもない競馬のはず。
1着 ロードカナロア 
これを中団から差しきったロードカナロアは正に役者の違い。いつもの先行策であれば、タイムランクもC以上に引っ張り上げる事が可能だったのではないだろうか。本番前に余力残しの快勝という評価で良いと思う。ただ、今回を含め、直線平坦の京都で緩い流れの経験ばかりしかないという事は事実。
4着 ツルマルレオン 
勝ち馬に匹敵するインパクトを感じたのは休み明け、12キロ増ながら4着に突っ込んできたツルマルレオン。スタートで2・3馬身置かれて4コーナーでも大外を回る競馬だった。まだキャリアが浅い馬ですし、これからどんどん伸びる素材だと思う。

  馬券Summary
小倉ダート1700m穴なら内枠
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai