2012年2回東京4日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2からマイナス0秒6へと変動、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで4日間全てマイナスの馬場差。雨の影響が残った先週土曜を除くと、馬場差はマイナス0秒8からマイナス0秒6の間で大きな動きはない。
土曜は雨の影響が残って、マイナスゾーンとは言え水準に近い数値でスタートした。後になる程乾いて行き、時計は出やすくなった。日曜はさらに乾いて時計が出やすいレベルになったという事。開幕週に続いて瞬発力勝負の決着が多くて、個々の脚質とか瞬発力への適性、これが結果を左右するパターンが多かった。同時に極端という程でもないが、逃げ・先行勢に比べると好位勢の連対占有率が優位だった。つまり、淡々とした流れの理想的なポジションからそれなりの数字で上がれるタイプが狙い目であり、逃げ・先行馬だと脚質的にむしろ苦しくなるというのが、今の良好なコンディションの傾向かもしれない。なお、今週もう1週Aコースが使用される。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス0秒7へと変動、日曜はマイナス0秒6だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は時計が掛かったが、先週は雨の影響で時計が出やすくなった。
開幕週からは一転したと言っても良いぐらい先週は脚抜きの良い軽めのコンディションとなった。特に土曜の前半は雨の影響が残って、時計が出やすく、後半はやや水準レベルに近づいたが、良となった日曜でも1週目より1秒以上速かったという事になる。連対馬の傾向として、中団・後方からの差し切り勝ちが目立ったのは、ある程度の時計勝負と言うか、時計を求められる状況において、個々の能力差、つまり脚力というところがハッキリ出たという事も言えると思う。展開的にややもつれるケースが多かったのも事実だが、東京でこそ狙いたい推定上がりの上位常連組みというのも、こうしたマイナスの馬場差の時の方が好走確率が高いとイメージできる。


  タイム分析
 2012/04/29 (日)  芝=-0.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 アミカブルナンバー    牝3 未勝利・牝 1:34.7 -1.1 --- -0.5 -0.8 B D
5R T2300 パリソワール    牡3 未勝利 2:23.7 +1.4 --- +1.4 -0.8 E D
6R T2400 ゼローソ    牡5 500万下 2:28.1 +1.2 --- +1.9 -0.8 E E
7R T1600 ハイクラウン    牡3 500万下 1:35.3 +0.2 --- +0.2 -0.8 C D
9R T1400 インプレスウィナー    牡5 晩春S1600 1:20.7 -0.5 --- +0.1 -0.8 C C
11R T1800 ダイワズーム    牝3 スイート 1:48.1 +0.8 --- +1.2 -0.8 E E
 2012/04/29 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 アポロパレス    牝3 未勝利 1:25.4 -0.8 --- -0.3 -0.6 B D
2R D1600 レイヴ    牡3 未勝利 1:39.1 -0.4 --- +0.2 -0.6 C E
8R D1600 オールドパサデナ    牝3 500万下 1:37.6 -1.0 --- -0.4 -0.6 B D
10R D1600 ナムラタイタン    牡6 オアシス 1:35.2 -0.4 --- +0.2 -0.6 C C
12R D1400 オリオンザポラリス    牡5 1000万下 1:24.2 ±0 --- +0.5 -0.6 D D
東京1R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 アポロパレス 
これまで今回の様なかなりのハイペースを経験した事も、まして逃げたこともなかっただけにスイスイ飛ばして直線で差し返しての勝利というのは正に大きな変わり身。過去の好走が不良馬場と重馬場でのものだけに、時計の出やすいコンディションが味方したことは確かだと思うが、今回の走りには敬意を払いたい。牝馬限定の500万戦なら有力。
2着 サウンドレーサー 番組注目馬
ダート戦では3着・2着・2着という事で、またしてもチャンスを逃した事にはなるが、初めての東京ダート戦で時計の出やすいコンディションが、勝ち馬とは逆にこの馬には辛かったのではないかなという気がしている。前走中山ダート1800mで5馬身差をつけた当時3着のトウショウギフトという馬が、次走福島の未勝利戦をCランク勝ちしている。この比較からしても次こそはという期待が当然だと思う。注目馬。
東京3R 3歳未勝利・牝 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 アミカブルナンバー 
番組注目馬だった。好スタートからジワッと抑えて脚を溜め、そつなく外へ持ち出すと、馬なりのまま先頭に並びかけるという文句なしの内容だった。順当勝ちだが、まだパドックではキャンキャンしたりして、子供っぽいところがある。ただ、レースに行って味がありますし、もろもろ今後の伸びしろは十分ではないだろうか。パンパンの良馬場でそこそこ流れる今回の様な状況設定が一番合うんじゃないかなと思う。昇級しても牝馬同士の水準メンバーならチャンス。
2着 エバールージュ 
じっくり構えて直線勝負のレース運びだった。坂を上がってから二枚腰の伸びを見せており、軽い馬場ならもう少し距離が伸びてもこなせるんじゃないだろうか。当日のテンションには注意したいが、牝馬限定なら次走も有力。
3着 レッドルイーザ 
10キロ増。もっと増えても良いぐらいだったが、馬体が回復して立て直されていた。馬体の維持はこれからも課題になるでしょうし、本質的にはちょっと非力なタイプという事で、絶対視はしづらいが、2着馬と同等ぐらいの評価にしておく。
東京5R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
東京6R 4歳上500万下 タイムE
基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
東京8R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 オールドパサデナ 
これで4戦中3戦で最速上がりをマークしている。前回の未勝利勝ちの時に昇級しても牝馬同士ならと補足して注意を促していたが、牡馬相手にしかも1600mに対応しての快勝ですから、これは期待以上のパフォーマンスだった。オープンに入って牡馬相手だと甘くはないと思うが、ダート路線の同世代で戦う期間においては、まま牝馬が台頭することもあるので、この牝馬特有の瞬発力は今後も注目という事になる。
2着 ゴールドゼウス 
完全タイム差がプラスになるが、内々から内田博幸騎手がしっかり叩き出してハイペースにおける正攻法での強い競馬。勝ち馬は大外一気、つまり見えないところから差された形というのも辛かったですから、引き続き首位候補で良いと思う。
東京11R スイートピーS タイムE
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
1着 ダイワズーム 
かなりスローで流れた割には上がりが平凡で、確かに時計的には評価できないが、勝ち馬ダイワズームはこれで未勝利からポンポンと3連勝という事になった。全て1800mでの勝利ですから、本番オークスで強く推せるという訳ではないが、非常に落ち着き払っていて、均整の取れた好馬体の持ち主。かなりレース巧者であるという事も、この雰囲気から納得していただけるのではないだろうか。未知の魅力として本番でも△をつけるかどうかぐらいの検討はしたいなと考えている。見た目のイメージも含めて、2着ココロチラリとの3/4馬身差というのは、決定的なものがある気がした。

  馬券Summary
旬は間近!?杉原誠人騎手 4週連続V
後で更新します。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai