2012年1回京都3日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
初日と同じく2000m対象の馬場差は両日ともマイナス0秒2だった。
一昨年・昨年ほどは極端ではなくても、やっぱり内の先行馬が有利というのは確かで、3日目の芝は全5鞍の勝ち馬が逃げか先行だった。この開催は全てAコースが使用される。
初日と同じく2日間とも1800m対象の馬場差はプラス0秒6だった。
凍結防止剤散布していないが、2日目1/8の朝なんかは気温は氷点下で、つまりあまり含水率を上げるとちょっと凍結してしまう恐れがあるので、あまり散水していない。そのため、含水率2%を切るほど乾燥していて、京都としては力の要る時計の掛かる馬場状態が続いていた。


  タイム分析
 2012/01/09 (月)  芝=-0.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 バンザイ    牡3 新馬 1:36.4 +0.6 --- +0.8 -0.2 E C --
9R T2000 サイレントサタデー    牡3 福寿草特500 2:02.2 +0.9 --- ±0 -0.2 C C --
10R T1400 オーセロワ    セ6 新春S1600 1:22.4 +1.6 --- +1.5 -0.2 SL C --
11R T1200 エーシンダックマン    牡5 淀短距離 1:07.5 -0.4 --- -0.3 -0.2 B D --
12R T1600 スティルゴールド    牡5 1000万下 1:35.4 +1.5 --- +1.7 -0.2 E D --
 2012/01/09 (月)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 エスジーブルーム    牝3 未勝利・牝 1:13.6 +0.6 --- +0.2 +0.6 C C --
2R D1800 ダノンクリエーター    牡3 未勝利 1:55.7 +1.4 --- +0.8 +0.6 D D --
3R D1400 トルネードミノル    牡3 未勝利 1:26.7 +0.8 --- +0.3 +0.6 D B --
6R D1800 フリートストリート    牡3 新馬 1:56.1 +1.5 --- +0.3 +0.6 C C --
7R D1900 ドリームマジシャン    牡5 500万下 2:00.9 +1.7 --- +1.1 +0.6 E C --
8R D1800 ミッキーバラード    牡5 1000万下 1:52.6 +0.8 --- +0.2 +0.6 C C --

京都3R 3歳未勝利 
7着 ウインスラッガー 
番組注目馬だった。芝で好走して注目馬にして、ダートに出られるとかすごく辛い…。父がダイワメジャー、母の父Mr. Greeleyでダートこなせそうだが、実はMr. Greeley産駒は芝馬の方が多いという種牡馬。で、ちょっとこの馬はダートの方が合っていなかった。芝に戻って再度注目。
京都5R 3歳新馬 タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
京都7R 4歳上500万下 タイムE
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
京都10R 新春S タイムSL
前半が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都11R 淀短距離S タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
芝1200mのオープンというのは馬場や展開、さらには斤量の増減で同じメンバーで走ってもいくらでも着順が入れ替わるので、このレースのタイムランクがBだからと言って、上位馬を次走で買えば良いという事ではないと思う。例えば開催が進んで、外から差せる様になったとして、シルクロードSがそういう馬場だという事を想定すると、そこではエーシンダックマンよりもドリームバレンチノの方が狙い目だと思う。ハンデも恐らくドリームバレンチノの方がその時は軽いと思う。
1着 エーシンダックマン 
前走は前半内から競り込まれた上に直線入り口で並ばれるという厳しい競馬で5着だったが、その前走は小倉の最終日だった。その前走に比べれば内側の状態がかなり良くて、しかも内枠から逃げて今回は競り込まれる事も無かった。馬場や展開に左右されるので、次走の取捨は馬場状態とか展開といったものを重視したい。例えば、次の開催のシルクロードSだが、これは内の先行馬が有利ではない馬場の事が多い。
2着 スギノエンデバー 
アンコールSではあえて行かない感じで後ろからの競馬だったが、今回は出負けしながらも仕掛けて前につけて最後流れ込んだ。これが(前に行った事が)好走要因だと思う。
3着 ドリームバレンチノ 
今回は外から届かなかった。アンコールS2着だが、小倉の最終日の外が伸びる馬場で外から差して来たが、今回は京都の1週目のAコースで前走と比べれば外からの差しが効かないという状況。馬場の違いでエーシンダックマンとの着順が入れ替わったという結果だと思う。
京都12R 4歳上1000万下 タイムE
基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
中山・芝のダイワメジャー産駒
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai