2012年3回京都7日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒7だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差。特に2週目以降はかなり速い時計の出やすいコンディションが続いている。なお、3回京都も2回東京と同じく、6週間の開催。あと2週そのままDコースが使用される。
同じコースを使用していればそろそろ時計が掛かり出してもおかしくない。先週からコース設定が替わり、依然として超のつく高速馬場だった。残り2週天候が悪くならない限りは、急に時計が掛かって来る事はないと思われる。コース取りについては、内・外偏った傾向は見られなかった。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、ここまで全てマイナスゾーン。特に3日目以降は全てマイナス0秒6と馬場コンディションはやや時計が出やすいレベルで安定している。
繰り返しになるが、2週目以降は全て同じ馬場差でこの3週間に出走していた馬が、次走同じレースで対戦する場合は、そのまま時計比較が可能問いいうこと。先々週に続き、中団以降に居た馬の連対が目立った。通常の京都ダート戦よりは、差し・追い込みの効く馬場になっていると考えられる。


  タイム分析
 2012/05/12 (土)  芝=-1.8  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1400 キタサンエピソード    牡3 未勝利 1:21.0 -1.5 --- -0.2 -1.8 C C 8.87
4R T1800 サンライズメジャー    牡3 未勝利 1:48.8 +0.2 --- +0.7 -1.8 D C 6.27
6R T1400 ウインスラッガー    牡3 500万下 1:20.8 -1.0 --- +0.3 -1.8 D C 4.80
9R T1800 グルヴェイグ    牝4 紫野特別1000 1:45.6 -1.1 --- +0.2 -1.8 C C 3.58
10R T1200 エーシンヒットマン    牡4 彦根S1600 1:07.9 -0.4 --- +0.7 -1.8 E C 7.19
11R T1800 ネオヴァンドーム    牡5 都大路S 1:44.9 -0.4 --- +1.2 -1.8 E D 8.64
 2012/05/12 (土)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 メテオーリカ    牝3 未勝利・牝 1:54.4 +0.3 --- +0.9 -0.6 E D 6.18
3R D1200 ミヤジチョビ    牡3 未勝利 1:12.8 ±0 --- +0.4 -0.6 D D 8.14
5R D1800 ハギノタイクーン    牡3 500万下 1:51.9 -1.3 --- -0.7 -0.6 B D 9.80
7R D1400 キングブラーボ    牡4 500万下 1:24.1 -0.4 --- +0.1 -0.6 C D 8.73
12R D1800 エーシンテンモク    牡5 1000万下 1:52.2 +0.4 --- +1.0 -0.6 E D 6.87

京都1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
京都2R 3歳未勝利 注目
今回は先手を取ったキタサンエピソードが直線に入っても先頭だった。外からインクレセントが追い込んで来て、接戦となったが、結果は内のキタサンエピソードがハナ差で凌いでいた。
ただ、このレースで強調しておきたいのは2着のインクレセント。
1着 キタサンエピソード 
中央で2勝したキタサンメッセージの子供。逃げないとダメというタイプではないと見ているが、母の2勝は逃げ切り勝ちだった。この馬自身も2戦目以降ちょっと引っかかる様になっていたので、少なくとも今回は先手を取ったのが良かったのだと思う。
2着 インクレセント 番組注目馬
結果、交わすことはできなかったがゴール時点での脚勢と言うか、勢いでは勝ち馬を凌いでいた。勝ちきれないレースが続いているが、今回を含め、芝1400mでは新馬戦の7着以降は2着・4着・2着と上位入線を続けている。初勝利は近いだろう。注目馬。
6着 タガノショコラ 
最後はよく追い上げてきたという所に注意したい。
京都5R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 ハギノタイクーン 
まずまず仕上がっていた。休む前の戦績はこのメンバーでは抜けていますし、頭数も手頃だった。大外枠でもさほどロスのない立ち回りができた事で、結局まずは順当勝ちという事になった。まだ良化の余地と言うか、伸びしろというのは残しているが、この後クラスが上がると例えば3歳オープンであるとか、古馬1000万下まで行くと現時点では入着候補の評価が妥当かと考えている。
2着 ピンウィール 
例によってスタートは遅れ気味で後方からとなった。3コーナーから外を回らずに上がって行けたとは言え、この時計で勝ち馬に詰め寄っていますから、高評価には値する。3着ポップアイコンには2走前、0秒6差をつけられて負けている。ここ2戦でこのピンウィールの方が急激に力をつけ、完全に力関係が逆転したと考えて良さそう。当然次走も上位候補。
京都10R 彦根S タイムE
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
京都11R 都大路S タイムE
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
京都12R 4歳上1000万下 タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
初出走馬を要チェック!
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26