2012年1回小倉5日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス0秒8。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3だった。まずここまで6日間の芝の馬場差振り返っておく。1週目はマイナスの馬場差で、その内1200mで時計が出やすくなっていた事が注意点。2週目以降では特に4日目は雨の影響であとのレースになる程時計が掛かっていった。
Bコースの3週目を迎えた芝は、ついに1200m対象の数値さえも、良馬場にしてプラスゾーンに突入した。傷んだコースとまだ伸びるコース、この違いはある程度見た目では判断できると思うが、芝での最初のレースを実施した土曜3R1200m戦がいきなり8枠3頭のワンツースリーその後土曜に行われた1200m戦3鞍は好位を進んで、上手く伸びるコースの外目へ持ち出した馬ばかりが勝っていた。日曜日は土曜よりさらに時計の掛かるコンディションだった。今度は枠順やコースどうこうよりも、インコースがぽっかり空きすぎるせいか、逃げ残りやインからの差し込みが目に付いた。今週はCコース替わりとなるが、こうした馬場の消耗度を踏まえると、同じようにと言うか、それなりに土日の中での傾向の変化があるかもしれない。
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス0秒6だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は時計の掛かるコンディションだったが、3日目以降は雨や雪の影響を受け、マイナスの馬場差。特に3日目から5日目となる先週土曜までは、速い時計の出るコンディションだった。
同じ稍重発表でもこの開きと言うか、この差(土日の差)の開きは大きいので注意が必要。中間雨こそ観測されていないが、連日雪がちらついていた様。凍結防止剤を用いて水分を保っている状態が続いていた訳だが、週中に日差しが少なかった事が土曜の馬場差に影響したのかなと想像している。


  タイム分析
 2012/01/28 (土)  芝=+0.7 / 1200m=+0.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 カルナヴァレ    牝3 未勝利・牝 1:09.2 -0.2 --- -0.3 +0.7 B C --
4R T2000 シルクキングリー    牡3 未勝利 2:04.0 +2.5 --- +0.6 +0.7 D D --
5R T1200 フジドリーム    牝3 新馬 1:10.3 +0.7 --- +0.6 +0.7 D C --
8R T1200 ドリームヒーロー    牡5 500万下 1:09.2 +0.7 --- +0.6 +0.7 D D --
10R T1800 ラブフール    牝5 日田特別500 1:49.2 +2.1 --- +0.7 +0.7 D D --
12R T1200 ダイメイザクラ    牝5 別府特別500 1:08.4 -0.1 --- -0.2 +0.7 C D --
 2012/01/28 (土)  ダ=-1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1000 キタルファ    牝3 未勝利 0:59.4 ±0 --- +0.9 -1.5 E E --
2R D1700 ワイドクロス    牡3 未勝利 1:46.5 -0.6 --- +0.9 -1.5 E D --
6R D2400 メイショウイッシン    牡4 500万下 2:31.9 -2.3 --- -0.5 -1.5 B D --
7R D1700 セニョリータ    牝4 500万下・牝 1:44.4 -1.0 --- +0.5 -1.5 D D --
9R D1700 ネオザウイナー    牡4 500万下 1:43.9 -1.5 --- -0.3 -1.5 C D --
11R D1700 アクティビューティ    牝5 由布院H1000 1:43.0 -1.6 --- -0.1 -1.5 C D --

小倉1R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
小倉2R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
小倉3R 3歳未勝利・牝 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 カルナヴァレ 
ハイペースの2・3番手を追走して、教科書通りにサッと抜け出す競馬。デビュー戦と馬体が12キロ増えた4戦目に連対している。今回の馬体増も調整が上手くいった証なのだろう。ただ、今回はギリギリのBランク。これぞという対戦比較も今まで見あたらないので、しばらくは牝馬同士で競馬をした方が確率が高いんじゃないだろうか。
2着 ヨドノグレイス 
なかなか馬体を増やせないという悩みがある様。上手く脚を溜められたというのは、競馬としては収穫だが、ちょっと反動が怖いタイプ。
3着 イントゥザストーム 
良いバネを持っているが、まだ他力本願の域を出ない、ランク的にもそういう扱いかなと思う。
小倉4R 3歳未勝利 注目
勝ったシルクキングリーを取り上げる。
1着 シルクキングリー 
前半1000m64秒7の超スローとは言え、上がり600mを推定34秒2でまとめての独壇場だった。とてもフットワークの良い馬ですし、中距離馬としての資質は高いと思う。2戦目から3回連続でメンバーランクBのレースを走って5着・2着・2着。同時に完全タイム差もマイナスを記録し続けて来た。こういった下地を考えると昇級しても楽しみがある。
小倉6R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
このレースで教訓と言えば、1番人気ジャストザシーズンが8着。2番人気ロケットダイヴが内・外の差というのもあるが、3着という事で、いかに人気どころが頼りないかという事だと思う。
1着 メイショウイッシン 
今回馬体が12キロ絞れた事も大きいが、やはり距離を伸ばした事で目論み通りマイペースの単騎逃げに持ち込んだ事が最大の勝因。中盤で12秒9-13秒7-12秒8のラップが記録されている。軽くペース補正が入った事によってBランクとなったが、昇級どうこうの評価には当たらないと判断している。しかも人気薄の2着アグネスハイヤー共々減量騎手同士で決まったという事、それから前走のレースぶりからしても並ばれるとモロい気性である点が不安。今後も注文がつきそう。
小倉9R 4歳上500万下 注目
勝ったネオザウイナーを取り上げる。
1着 ネオザウイナー 
推定上がり600m36秒1という脚を使って、後続を5馬身千切る大楽勝だった。馬場差を考慮しても水準より1秒ほど遅いスローペースだったが、これを水準の勝ちタイムにまで引っ張り上げて、完全タイム差Bランク一歩手前だった。前向きな気性からも相手なりに走れる可能性は大。引き続きローカルコースに出走をやれば、次走も狙える。
小倉12R 別府特別 
4着 ハワイアンシュガー 
前回の番組注目馬だった。内を通った先行馬に上位を占められてはお手上げだが、この馬自身もそう伸びていなかった。やはり滞在競馬でも中1週だと力を出せないのかなという感じもする。

  馬券Summary
小倉ダート1700m穴なら内枠
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai