2012年1回東京3日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。まずここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1週目よりも2週目の先週の方が時計が出やすくなっていた。
この中間は雨も雪も全く観測されておらず、乾燥された状態だった。先週の月曜には管理作業として芝に散水が行われていた。開幕週に比べてやや差し傾向が強まったと言うか、特に土曜は中団に位置した馬の連対が目立つ。それも枠順が内であり、4コーナーでインを回って来て、馬群を捌ききれた差し馬の好走は目に付いた。日曜は流れが緩めの競馬が多かった事もあって、前残りも多いが、ペースなりにと言うべきかやや内枠有利という印象だった。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス1秒6、日曜がプラス1秒2だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週より先週の方がかなり時計が掛かっていた。
これという明確な理由を挙げる事はできないが、土曜の方が一層時計が掛かっていた。また、芝と同様に中間全く雨などの影響がなくて、非常に乾燥して極端に時計の掛かった先週のダートという事。開幕週に比べると後方に位置した馬の連対占有率がアップし、また先週の方がよりレース上がりを要する消耗戦になりやすかったという印象。


  タイム分析
 2012/02/04 (土)  芝=-0.5  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 メイショウモーレン    牝3 未勝利・牝 1:36.0 ±0 --- +0.4 -0.5 D D --
5R T1800 ブリスアウト    牡3 新馬 1:50.4 +1.0 --- +0.2 -0.5 C B --
7R T1600 ヴェルデグリーン    牡4 500万下 1:34.2 -0.6 --- -0.2 -0.5 C C --
9R T1400 チャーチクワイア    牝3 春菜賞500 1:22.2 -0.4 --- ±0 -0.5 C D --
10R T2400 ハーバーコマンド    牡4 箱根特H1000 2:26.3 +0.1 --- ±0 -0.5 C C --
 2012/02/04 (土)  ダ=+1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ゴールドゲッター    牡3 未勝利 1:28.0 +1.7 --- +0.3 +1.6 D D --
2R D2100 ユーロビート    牡3 未勝利 2:19.0 +4.8 --- +2.0 +1.6 E E --
3R D1600 ゴールデンクラウン    牡3 未勝利 1:41.8 +2.2 --- +0.6 +1.6 D D --
6R D1400 コリンブレッセ    牡3 500万下 1:26.7 +1.2 --- -0.2 +1.6 C C --
11R D1600 スエズ    セ7 白嶺S1600 1:38.3 +1.9 --- +0.3 +1.6 D C --
12R D1400 サトノデートナ    牡4 1000万下 1:25.8 +1.6 --- +0.2 +1.6 C D --

東京2R 3歳未勝利 タイムE
基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
東京5R 3歳新馬 注目
2着に3馬身差をつけ、逃げ切り勝ちをしたブリスアウトについて。
1着 ブリスアウト 番組注目馬
パドックから非常に落ち着いていて、手先の力強さというのは群を抜いていた。さらに超スローとは言え、上がりを11秒3-10秒9-11秒4に楽々まとめて、大物感たっぷりのレース内容だった。単なる初戦向き血統だけではなかったと言うか、おつり残しの仕上げだったという点からも昇級即通用の魅力がある。注目馬(これは自己条件ならとする)。
2着 ライズアゲイン 
レースセンスは上々だった。ディープ産駒故の気性面でのケアとか、もう少し馬力が欲しいかなという感じもするが、ゆったりした競馬ならすぐに順番だと思う。
東京6R 3歳500万下 注目
特に人気に推された2頭に触れておきたい。ちなみにこのレース、タイムランクはCと水準レベルだったとは言え、完全タイム差は土曜のダート戦の中では優秀な数値だった。5馬身差の圧勝劇を演じた
1着 コリンブレッセ 
5馬身差の圧勝劇を演じた1番人気のコリンブレッセは、スタートを決めて楽々先行。4コーナー手前から自身をもって進出して行き、後は見ての通りという形。前2戦と同様に、なかなか直線で手前を変えなかったが、そういう意味では切れ者というフットワークではまだないが、ここまでキャリアを積んできた事で蓄えた体力というのが、ここでは違っていたかなという感じがする。水準程度のメンバーで伸び伸び走らせると一方的に強いタイプというところで、同時にレベルが高かった2走前のポインセチア賞では3着だった事もある。ですから、昇級後も要は馬券の扱い方だけではないかなと思う。
5着 ミルキーブロード 番組注目馬
2番人気で5着に敗れたミルキーブロードも、これまでに完全タイム差B相当を2回記録している素質馬だが、今回上手く流れに乗れず、直線でも進路を探すのに一苦労だった。参考外に近いと思う。次走パフォーマンスを上げてくる事は必至だろう。注目馬。
東京7R 4歳上500万下 注目
1着 ヴェルデグリーン 
先行馬がオーバーペースの中、中団でしっかり脚を溜めて直線も外めへ展開して、上手く2着馬を目標とした競馬ができた。ちょっと負け癖がついていたので、勝負根性に疑問を持っていたが、今回はバリバリ追い切って馬体充実。一皮むけて来そうな背景があった事に注目したい。1000万でも注意が必要。
2着 ニシノマナザシ 
本質的には平坦がベターだが、前走が不良馬場の中山芝1600mで、超ハイペースを3番手追走して惜しい競馬だった。それ故にと言うか、今回は上手く出し入れをできた感じ。乗り方を変えてみるには前走と今回良い流れだったんじゃないかなと思う。これも次も上位候補に扱いたい。

  馬券Summary
伏線のハイペース
超ハイペース
 
かなりのハイペース
日付
レース
勝ち馬
日付
レース
勝ち馬
1/8 中山01R スターゲイジング   1/5 中山07R リックムファサ
1/9 中山01R ドリームリーグ     中山10R コンフォーコ
1/14 中山01R ラシーク     中山12R ディープサウンド
中山03R スズノライジン   1/14 中山05R ミッドサマーフェア
中山08R サクラシリアス   1/22 中山02R スズカヴィグラス
1/21 中山01R シンデンアラタ        
中山12R スノードラゴン        
1/22 中山07R ミッキーレモン        
中山10R コスモソーンパーク        
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai