2012年1回中山6日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラス1秒3、日曜日が設定不能だった。まずここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、5日目まではマイナス1秒1かマイナス1秒0と速い時計の出るコンディションだったが、先週は雨の影響で時計が掛かった。
金曜が朝から夕方まで雨で、土曜は昼から雨、日曜は昼過ぎまで雨というのが先週末の中山の天候だった。土曜日は終日稍重で、小雨が降り続けていたが馬場差が変動となるほどではなかった。ただ、稍重と言っても1週前と比べると2秒以上時計が掛かる様になっていますから、所謂稍重という響き以上に時計が掛かっていた。そして土曜から日曜にかけて雨が降り続けて日曜日は終日不良馬場。4コーナーの内側が真っ黒になっていて、あそこまで馬場が悪化してしまうと、タイムの優劣を示すことにあまり意味がないという状況なので、設定不能とした。日曜日は1年の中でも最高レベルに時計の掛かる馬場だったと理解してください。土曜の時点では内・外の馬場状態に大きな差はなかったと思うが、日曜日の特に後半は4コーナーの内側では泥の固まりがバンバン跳ね上がっていた。直線に入ってしまえば、内を通ってもそれほど不利ではなかったが、4コーナーで内を通っているとそこでちょっとスタミナを消耗している様だった。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒4からマイナス0秒1へと変動、日曜がマイナス2秒0からマイナス1秒5へと変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス1秒2だった。まずはここまで7日間の馬場差を振り返っておく。5日目まで1800mは時計が掛かり、1200mはやや掛かるレベルだったが、先週は雨の影響を受けて、脚抜きが良くなり特に日曜はかなり速い時計の出やすいコンディションとなった。
土曜は終日稍重だが、昼過ぎからそんなに量は多くない小雨だが、雨が降り続けていて、1800m対象の馬場差は2Rがプラス0秒4、11Rはマイナス0秒1。徐々に速い時計が出る様になった。ただし、1200m対象の馬場差は1日を通じて同一だった。日曜日は終日不良馬場で、1800m対象の馬場差は2Rがマイナス2秒0で、12Rがマイナス1秒5。雨が降り続くことによって馬場に水が浮いてきて、徐々に時計が掛かる様になったという事だが、いずれにしても高速馬場が1日続いた。こちらも1200mは土曜と同様に1日を通じて同一の馬場差。こちらは土曜よりも高速の馬場となった。
雨の影響かどうかわからないが、土曜の1800mは4レース中3レースが逃げ切り勝ちで、もう一つ11Rだがこれは3コーナーで先頭に並んで行った馬が勝った。ただし、2着や3着には差し・追い込み馬も来ている。日曜日の1800mは逃げ切り勝ちはないが、4レース中3レースは4コーナー3番手以内の馬が1着。ただし、日曜の1800mは極端に前残りという程でもなくて、中山のダートならこれが普通という状況だろう。1200mについては土曜が差しが決まり、日曜は前残りが目立ったが、これは展開とかの要因が大きくて、1800mもそうだが雨が降ったから前残りとか、逆に雨が降ったから差しが決まったという事ではないと思う。


  タイム分析
 2012/01/21 (土)  芝=+1.3  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ソルレヴァンテ    牡3 未勝利 2:04.8 +1.6 --- +0.3 +1.3 C C
6R T1600 アルコシエロ    牝3 新馬 1:42.3 +5.8 --- +4.2 +1.3 E D
9R T1600 パララサルー    牝3 菜の花賞500 1:36.2 +0.7 --- -0.3 +1.3 B C
10R T2000 サトノシュレン    牡4 東雲賞1000 2:03.2 +2.3 --- +0.7 +1.3 D D
 2012/01/21 (土)  ダ=+0.4 → -0.1 / 1200m=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 シンデンアラタ    牡3 未勝利 1:12.7 -0.3 --- +0.2 -0.5 C C
2R D1800 オーシュペール    牝3 未勝利・牝 1:56.4 +0.4 --- ±0 +0.4 C E
3R D1800 シンクヴェトリル    牡3 未勝利 1:57.9 +1.9 --- +1.5 +0.4 E D
7R D1800 ユメノトキメキ    牝5 500万下・牝 1:54.9 +0.9 --- +0.8 +0.4 D D
8R D1200 オリオンザポラリス    牡5 500万下 1:11.2 -0.7 --- -0.2 -0.5 C C
11R D1800 ゴールデンチケット    牡6 アレキH1600 1:51.8 -0.6 --- -0.5 +0.4 B C
12R D1200 スノードラゴン    牡4 1000万下 1:10.8 -0.5 --- ±0 -0.5 C C
中山3R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
中山6R 3歳新馬 タイムE
基準より4秒2遅い勝ちタイムだった。
中山9R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 パララサルー 
中団から早めに外に出して、残り600m辺りからスパート。4コーナーで鞍上の手が激しく動いていたが、エンジンが掛かった直線では素晴らしい伸びだった。ギリギリのタイムランクBだが、余力を感じさせる勝ちっぷり。今回の勝ちタイム1分36秒2というのは、この開催3日目の重賞フェアリーSと比較すると走破タイム自体は0秒7遅いが、2000m対象の馬場差で比較するとフェアリーSの時がマイナス1秒0。そして菜の花賞はプラス1秒3。それだけ先週土曜の方が時計の掛かる馬場だった訳で、これを1600mに換算すると差し引きで1秒1菜の花賞の方が優秀だという事になる。展開とかペースの問題もあるので、フェアリーSにパララサルーが出ていれば、1秒1差で勝ったとは言わないが、フェアリーS程度のメンバーなら重賞でも好勝負になる。これは間違いないと思う。
2着 メイショウスザンナ 
パララサルーを追うように上がって来て、並びかける所まで行ったが、突き放されてしまった。完敗ではあるが、手綱の尾錠(留め金)が外れてしまった白菊賞を除くと芝で1着・3着・2着。次走も牝馬限定の500万なら有力。
3着 トランドネージュ 
まだ口向きが悪くてフラフラして走っているが、大分落ち着いて来た。いずれ順番が回ってきそう。
7着 サンキューアスク 
3番人気で7着。ひいらぎ賞の好タイムというのは超ハイペースを追い込んだものなので、過大評価禁物だが、今回内で何回も前が詰まってアクセル踏んだらすぐブレーキというのを何回も繰り返して、大変燃費の悪いレースになった。着順や着差以上の評価をする必要がある。
中山11R アレキサンドライトS タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ゴールデンチケット 
3勝目だが、実は中央競馬JRAではこれが初勝利。それでもG1で1秒差以内の好走が何度もある馬で、ハンデ58キロでも力の違いを見せたという勝利だった。1年以上休養して復帰したのは昨年10月で、そこから4走目でようやく体調が整ったという事だろう。言うまでもなくオープンでも過去の実績通り上位争い可能。
2着 マイネルオベリスク 番組注目馬
仕掛けてハナを切ったが、ゴールデンチケットにズーッと外からプレッシャーをかけられているという苦しい展開だった。マッチレースになってクビ差の2着だが、勝ち馬にかわいがってもらってという内容ではないですから、しかも3着に3馬身差。次走も中山の1800m具体的には3/4の上総Sだが、そこに出走してくれば勝機濃厚だと思うので、注目馬とするが、もし過去に好走実績の無い東京に出走して来た場合は、割引が必要。仮に次走東京で凡走したとしても、その次に中山に出てくれば頭から狙えると思う。
注目馬。※次走が中山以外、特に東京の場合は割引が必要。
中山12R 4歳上1000万下 注目
1着 スノードラゴン 
今回は楽勝とか圧勝のたぐいではなく、タイムランクもCだが、ご覧の通りフットワークが大きくてボヨンボヨンという走りをする馬なので、本来中山の1200mが合うタイプではないと思う。東京1400mなら昇級しても通用すると思う。土曜の京都で勝ったセイカプリコーンとの比較からも1600万下でも好勝負になるはず。
11着 ヤマニンパピオネ 
1番人気で11着だったヤマニンパピオネについて。ハイペースの先行で後続にも脚を使わせるというのが、この馬の好走パターンだが、今回はダッシュがつかず後方のままだった。という事で、今回の敗因は自分の競馬ができなかった事だが、こうなる事は有る程度予測できた。前走2着が休み明けで、今回は中1週。その前走の後にこの番組で1戦毎に完全燃焼してしまうというタイプなので、間隔を詰めて使ってくると危ないと言ったが、今回パドックで妙に大人しかった。普段から大人しい馬なら問題ないが、この馬は普段短距離でハイペースの先行する馬らしく、あんなに大人しくない。落ち着いていた訳ではなくて、元気がなかったんだと思う。この後間隔を空けてフレッシュな状態の時に走る馬という事ですから、間隔を空けてきたらそこで狙いたい。

  馬券Summary
小倉は外、京都は内
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai