2012年2回阪神7日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス0秒9だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、設定不能とした3日目を含め、雨の影響を受けた。
1回開催から全てプラスの馬場差。設定不能としたこの開催3日目についても、数値を出して言えば、もちろんプラスの馬場差になった訳で、16日間全てプラスの馬場差。この番組的にはトピックスにしても良い程。ただ、先々週に続いて、先週もこの春の開催ではまだ時計は出やすかったレベル。プラス1秒前後でも時計が出やすかったという表現になる程ですから、いかにそれまで時計が掛かっていたかという事。
土曜日は内から抜け出した馬が勝ったり、あるいは大外を追い込んで来た馬も居たりで、目立って優位なコース取りはなかった。ただ、日曜は差し馬が全てのレースで連対していましたし、外を回る馬の上位進出が目に付いた。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス1秒0へと変動、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差だった。総じて脚抜きが良く、時計の出やすいコンディションだったが、3週目は水準に近づいていた。
土曜は雨の影響が残って、時計が出やすいコンディション。特に午前の方が脚抜きが良くて、午後はいくらか乾いたので変動になっている。日曜は終日同じ馬場差で、土曜終盤よりもやや掛かっていた。後は脚質面。土曜は中団より後ろからの連対は12Rの2着馬のみだった。日曜は逆に差し馬の連対が目に付いた。


  タイム分析
 2012/04/14 (土)  芝=+1.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2200 テイエムオペラドン    牡3 未勝利 2:18.4 +2.5 --- +1.4 +1.0 E D 7.88
6R T1400 アンビホールドゥン    牝3 未勝利 1:23.7 +0.7 --- ±0 +1.0 C C 8.07
9R T1800 ショウナンカンムリ    牡3 はなみず500 1:48.2 +0.4 --- -0.5 +1.0 B C 4.60
10R T1400 ラトルスネーク    牡4 千種川特1000 1:22.3 +0.8 --- +0.1 +1.0 C C 7.27
 2012/04/14 (土)  ダ=-1.4 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 トーブプリンセス    牝3 未勝利・牝 1:54.2 -0.5 --- +0.9 -1.4 E E 7.50
2R D1200 コウユーサクラサク    牡3 未勝利 1:13.0 -0.3 --- +0.6 -1.4 D D 8.27
3R D1800 スマートマーズ    牡3 未勝利 1:53.4 -1.3 --- +0.1 -1.4 C D 7.23
4R D1400 キーブランド    牡3 未勝利 1:25.1 -1.1 --- ±0 -1.4 C D 5.85
7R D1800 オースミイチバン    牡3 500万下 1:52.8 -1.0 --- -0.5 -1.4 B D 5.00
8R D1400 エーシンバサラ    牡4 500万下 1:24.2 -0.7 --- +0.2 -1.4 C D 7.00
11R D1800 ゴルトブリッツ    牡5 アンタレG3 1:49.9 -0.8 --- +0.2 -1.4 C C 8.38
12R D1400 スマイルタイム    牡5 1000万下 1:23.8 -0.4 --- +0.4 -1.4 D C 7.14

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
阪神5R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神7R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 オースミイチバン 
前走Aランクの大差勝ちは伊達ではなかった。道中は抑えきれない程の手応えで3番手の外めを追走。向正面でコウエイチャンスがマクっても全く動じず、自信に満ちた騎乗での大楽勝だった。今後はメンバーが一気に強化して、ここ2戦の様な楽な競馬はさせてもらえなくなると思うが、ただ、ダートオープンクラスの有力馬の1頭になった事は間違いないと思う。
阪神9R はなみずき賞 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ショウナンカンムリ 
ここまで馬券圏内に入った5回は全て芝の1800m。しかも新潟・阪神・京都と1800mについては外周りで行われている競馬場ばかり。コーナーが2つのコースの方がスムーズに追走できる様。今回も中団の内めをロスなく立ち回って、直線内ラチ沿いを伸びて来た。外回りとしては、ペースが緩まなかった分、差し馬が有利だったのでオープンで上位候補とまでは言えないが、外回りの1800mに出走した際は注意が必要だと思う。
2着 シンゼンレンジャー 
前走2000mを超える距離で着外だった。距離短縮も変わり身を示した要因だと思う。
3着 シルクキングリー 
前走2000mを超える距離で着外だった。距離短縮も変わり身を示した要因だと思う。
8着 エックスマーク 
1番人気で8着。今回は前に行く戦法を採って直線伸びを欠いた印象がある。これまでの様に末脚を活かす形なら変わり身も見込める馬。
阪神10R 千種川特別 注目
勝ったラトルスネークを取り上げる。
1着 ラトルスネーク 
昨年5月末以来で、10ヶ月半ぶりの出走だった。体重は28キロ増えていたが、太くは映らなかった。道中は好位を進んで、直線で押し上げてアルマリンピアとの叩き合いとなり、ハナ差で競り勝った。休み明けでいきなりこの形で勝ったのは地力の証明。これで3勝全て1400mだから距離も合っているのだと思う。前走1800mでも2着に入っていて、中距離がダメと決めつけられない面もあるが、パドックでは馬体重の増加よりも入れ込みの方が気になった程。精神的な面も踏まえると短めの距離の方が力を発揮しやすいと思う。
11着 スズカイルマン 
前回の番組注目馬だった。最終追い切りを軽めにしたにも関わらず、大幅な体重減があった。見た目はそれほど細く映らなかったが、この辺が微妙に影響した可能性がある。いずれにせよ、これが力ではないと思う。
阪神11R アンタレスS 
タイムランク・メンバーランク共にCだった。
1着 ゴルトブリッツ 
川田騎手が自身を持って中位を追走して、直線追われてからもしっかり反応して抜け出して2着馬に2馬身差の完勝だった。心房細動で大敗した2走前を除けば、これで2連勝。ダートでは交流重賞を含めて9戦6勝とまだまだ底が割れていない。ディープインパクトの半姉、レディブロンドの子供で、やがてはダートG1通用の素質があると思う。
2着 アイファーソング 
2コーナー過ぎで出ムチをくれて、川須騎手がトーセンアドミラルを交わしてハナに行った。きっぽの良い騎乗で、結果的にこれが功を奏したと思う。中盤少し息が入ったとは言え、決して緩いペースでもなかった。展開一つの面はあるにしても、今回は別定G3ですし、急坂の阪神。今までの小倉巧者のイメージを一掃した。
3着 シルクシュナイダー 
中山ほどではないにしても、まだまだ3・4コーナーで追っつける分がある。その分届かない印象がある。これは気性と言うよりも、G3ではあと一歩足りないという事ではないかなと思っている。脚はあるが…。
5着 ニホンピロアワーズ 
2番人気で5着。インで折り合いをつけて、向正面から外に出してゴルトブリッツより先に動いて、この馬の競馬はできている。それでいて、逃げたアイファーソングをも交わせず、5着に敗走。ちょっと不満。58キロもあると思うが、今まで交流重賞でそう追われる事のない様な楽勝してきた馬なので、その辺がちょっと追ってから影響しているのかなという感じがする。いずれにしてもJRAの重賞では過大評価は禁物だと思っている。

  馬券Summary
ステイゴールド vs ディープインパクト
後で更新します。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26