2012年2回京都8日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス0秒5だった。2回開催の馬場差を振り返ると、マイナスゾーンの開催日はなく、連続開催の後半らしく時計は掛かって行った。
土曜の朝までで1cmの積雪があり、レース開始前に除雪作業が行われていた。ただし、土曜はこの後も4Rのダート戦の時と芝の9R・10R時に雪が降り、特に9R前には続行すべきかを検討される状況でもあった。ただ、馬場差としては終日同じ数値となっている。日曜は若干馬場が乾き、馬場差も水準方向へ戻した。好位勢の連対数が目に付くが、上位に来た馬が位置取りに関わらず、傷んだインコースを避けて外めへ持ち出したためと見ている。特に日曜11R、これは2番手を進んだトウショウフリークが際どく粘るが、外めへと進路を取っていた。この馬が取った進路がギリギリという感じで、後は外の方が伸びるというコンディションで、トーセンレーヴが差し切って1着。そして3着・4着も形勢逆転して外差しの馬が浮上していた。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒2だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てプラスの数値だが、前半2週と比較すると後半2週は時計が出やすくなっている。特に先週は水準レベルだった。
表見的にはサラッとした感じのダートに見えたが、中はしっとりと言った感じのコンディションだった。雪が降った土曜は連対馬の傾向に著しく変化が現れた訳ではない。ただ、日曜では中団・後方から連対した馬が1頭だけ。この結果、トータルとしてはこの開催では最も差しが効きにくかったと言うべきだろうか。実際流れ次第では速い上がりの数字を求められる決着もあった。


  タイム分析
 2012/02/19 (日)  芝=+0.5  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 エアルプロン    牡3 未勝利 2:03.2 +1.0 --- -0.4 +0.5 B C 9.15
6R T1600 ウインサーガ    セ3 新馬 1:38.4 +2.6 --- +1.6 +0.5 SL C 9.07
9R T1400 カイシュウコロンボ    牡4 乙訓特別1000 1:23.1 +1.8 --- +1.2 +0.5 SL D 9.67
11R T1600 トーセンレーヴ    牡4 洛陽SH 1:34.1 +1.4 --- +1.0 +0.5 E D 7.43
 2012/02/19 (日)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ショウナンマオ    牝3 未勝利・牝 1:55.4 +1.1 --- +0.9 +0.2 E D 8.46
2R D1800 ベストサーパス    牡3 未勝利 1:54.1 -0.2 --- -0.4 +0.2 B D 6.71
3R D1400 デアリングプライド    牝3 未勝利 1:27.2 +1.3 --- +1.1 +0.2 E D 8.50
7R D1800 ラフィングインメイ    牡3 500万下 1:53.1 -0.3 --- -0.5 +0.2 B C 5.81
8R D1900 トーセンウィーク    牡4 500万下 2:01.5 +2.3 --- +2.1 +0.2 E D 6.38
10R D1400 メイショウマシュウ    牡4 河原町S1600 1:24.2 +1.1 --- +0.9 +0.2 E B 7.62
12R D1200 コパノカチーノ    牡6 1000万下 1:11.5 +0.2 --- +0.1 +0.2 C C 7.92

京都1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
京都2R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ベストサーパス 
前走2着と同様いたずらにペースを落とさず、若干のハイペースで良い意味での一本調子な逃げを討って直線半ばで勝負を決めたという事。前走は勝ったハギノタイクーンが強かっただけで、実際昇級戦でもハギノタイクーンは2着になっている。その比較からベストサーパスの今回は順当勝ちと言えると思う。レース前はテンションが高めに映ったりとか、体系的にちょっと窮屈な部分を感じさせるが、レースに行くと体を大きく使って走れる。一応は器用さを活かせる京都向きとしておくが、昇級しても楽しみな先行力の持ち主。
2着 エーシングッデイ 
デビュー戦も同じ舞台だったが、大外枠から外外を回らされて、ムリには仕掛けて行けない中団追走だった。今回は枠順にも恵まれて、勝ち馬マーク。そして内々から押し上げ、目処の立つ内容だったと思う。次走はもう一段階体力レベルがアップするはずです。水準以下のメンバーであったら、勝機だろう。
京都3R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
京都5R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 エアルプロン 
デビュー戦2着もハナの皮1枚ぐらいしか差がなかった。当時が前半1000m通過65秒8から実質ラスト400mの勝負。これが11秒6-11秒3だった。これに対して今回は、1000mが62秒6。そして上がりも600mから競馬が動く形となっていましたから、リズム良く存分のパフォーマンスを見せつけられた。それにしても、外めをスーッと伸びてくる姿というのはディープインパクト産駒には似合う。っと言っても馬体の印象からすると、まだ素質だけで走っているという感じが強い。父がディープインパクトで、母エアデジャヴーという、こう走って当然の血統背景から離れたとしても、春が楽しみな存在だなと思わせた。
2着 ダノンキセキ 
これはダノンキセキにとっては相手が悪すぎただけではないだろうか。こちらももう一絞りあって良さそうな雰囲気でしたから、陣営もそこに取り組んでいる様だが、馬体重はマイナス2キロ止まりだったということ。ですから、もっと速い上がりの脚を使えるかどうかというのは、その馬体にもかかっているのかなという気がしている。いずれにしても、これまでの対戦比較も含めると今の未勝利では上位ランクの力量は間違いない。
京都6R 3歳新馬 注目
直線強烈な追い込みを見せた3着のキタサンエピソードを取り上げる。
前半が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
3着 キタサンエピソード 番組注目馬
映像を見てもらいたいが、レース上がりが11秒8-11秒7-11秒7の35秒2という事。これはもう超スローからのほぼ完璧な前残りの競馬だが、その中にレース上がりを0秒8上回る切れ味で突っ込んで来た内容は強烈だった。馬体にも余裕が残っていましたし、道中のレース運びにも幼さがあった様。逆に言えば、2戦目はかなりの学習効果が期待できるはず。まして、坂のある阪神の芝という事だったらチャンスだろう。これは注目馬に抜擢する。注目馬。
京都7R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
3着以下5着までが完全タイム差マイナスとなる。
1着 ラフィングインメイ 
出遅れて隊列から置かれ気味の後方だったが、向正面で流れが落ち着きかけたところを一気のマクリ。前半1000m通過時点では4番手まで押し上げていた。一旦そこで息を整え、4コーナー手前から改めて猛然とスパート。そして残り300mぐらいは独走状態での完勝という事だった。残念ながらゲート練習の成果は出なかったが、立派なハイペースをあえてマクって出た訳ですから強い。見栄えのする足長体型で、これで芝とダートで1勝ずつ。次走はともかくだが、長い活躍を期待できる。
2着 ハギノタイクーン 
こちらも好位でじっくり脚を溜められたとは言っても、流れには乗っていた。ケチの付かない好内容と見ている。次走も連軸としての信頼性は十分。
5着 ウイニングサルート 
番組注目馬だった。有る程度差しに回る事は予想していたが、今回は内枠も災いした。途中で次から次へとマクリって来る馬が居る中で、番手がどんどん下がる形だった。直線外へよく持ち出して、0秒3差まで来ている。よくぞという感じで、決して力負けではないと思う。
京都8R 4歳上500万下 タイムE
基準より2秒1遅い勝ちタイムだった。
京都9R 乙訓特別 タイムSL
前半が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
京都10R 河原町S タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
極端ではないものの、全体に落ち着いたペースというのが、決着タイムの遅さというのに明らかに関係していた。その分高額条件らしく、レース上がり36秒8というのは日曜のダート戦ではズバ抜けていた。
また、メンバーランクをBとした様に見直す余地のある馬は複数居るはずですから、次走に繋げてもらいたい。
1着 メイショウマシュウ 
これを4コーナーで大外を回して突き抜けた1着のメイショウマシュウ、これは文句なしの勝ちっぷりだった。再びスタートには課題を残したが、これで4走前の500万下勝ちから5走連続してメンバー最速上がりを連発中という事。タイムランク上の裏付けはないが、オープンでも個性派としての活躍を期待してみたい。
京都11R 洛陽S タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
後で更新します。
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26