2012年3回京都10日目

開催一覧
2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒7だった。ここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値。雨の影響を受けた2日目以外は高速馬場で、特に3日目以降はかなり速い時計の出るコンディションが続いている。なお、3回京都も6週の開催で、今週が最終週。
馬場の内側は傷んで来ているが、天候に恵まれた事もあって、前2週と同様時計の出やすいコンディションが続いた。馬場差は先々週と全く同じ。土曜がマイナス1秒8で、日曜がマイナス1秒7。脚質的には先々週よりも差しが届いている印象。好位・後方問わず馬場の4から5分ところを通る馬の伸びが目を引いた。あと今週も引き続きDコースが使用されますし、外差し有利の流れに拍車がかかりそうな雰囲気はある。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。ここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスで3日目以降はマイナス0秒6で全く変わらない。やや時計の出やすいレベルで安定している。
4週連続でマイナス0秒6の数値。これだけ同じ数値が続くのは珍しいが、特に手を抜いている訳ではない。いずれにしろ良馬場でも時計が出やすいという状況は変わらず。脚質的には先週だけで言えば、先行・差し混在で目立った傾向は無かったが、いつもの京都開催と比べると、今開催は随分と差しが決まっている印象がある。


  タイム分析
 2012/05/20 (日)  芝=-1.7  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T2000 ギリサントポケサン    牡3 未勝利 2:01.0 -1.0 --- ±0 -1.7 C D 8.54
3R T1800 フェータルローズ    牝3 未勝利・牝 1:46.9 -1.7 --- -0.2 -1.7 C C 6.73
6R T1600 サンマルクイーン    牝3 500万下・牝 1:34.3 -0.3 --- +0.7 -1.7 D D 8.15
7R T1200 ジークジオン    牡3 500万下 1:08.2 -1.0 --- ±0 -1.7 C D 8.67
9R T2400 ダコール    牡4 烏丸SH1600 2:24.0 -1.4 --- +0.3 -1.7 C C 5.00
12R T1600 ダノンプログラマー    セ6 1000万下 1:33.1 -0.8 --- +0.6 -1.7 D C 6.67
 2012/05/20 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 アンコールピース    牝3 未勝利・牝 1:55.1 +1.0 --- +1.6 -0.6 E E 8.20
5R D1400 ナムラアピア    牝3 未勝利 1:23.7 -2.0 --- -1.5 -0.6 A D 7.00
8R D1800 サイモンロード    牡4 500万下 1:53.1 +0.5 --- +1.1 -0.6 E D 7.07
10R D1400 レッドクラウディア    牝3 昇竜S 1:23.1 -1.0 --- -0.5 -0.6 B C 7.57
11R D1200 タンジブルアセット    牡5 深草S1600 1:11.1 +0.4 --- +0.8 -0.6 E C 8.07

京都1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
京都3R 3歳未勝利・牝 
1着 フェータルローズ 
前回の番組注目馬。これは内を突いていつ抜け出そうかという手応えで走っていた。幸騎手も最後流す程の余裕があったという事なので、折り合いもつきますし、センスも良いので、距離が伸びても対応できると思うので、今後かなりのレベルまで出世する馬だと思う。
京都5R 3歳未勝利 タイムA
基準より1秒5速い勝ちタイムだった。
レース終わった瞬間にタイムランクAだろうなと思った。実際同じ日に行われた昇竜Sと比べても0秒6遅いだけで、その昇竜SがBランクですから、このレースの優秀さが伝わって来る。
3着以下はDかもしくはそれ以下の時計で、高く評価はできない。
1着 ナムラアピア 番組注目馬
前走はスタートでアオって躓いて体制を立て直す不利があった。実質5馬身程度のロスがあった。それでも2着に突っ込んで来たので、ここなら力は上だろうなと思っていたが、ここまでぶっちぎるとは流石に思わなかった。1200mだとややもたもたしていた事を考えば、現状は1400mがベストでしょうし、逃げなくても競馬できる馬ですから、次走昇級古馬相手でも勝ち負けになる。注目馬。
2着 プリンシペアスール 番組注目馬
Bランク程度では走っている。しかも3着には6馬身差ですから、中距離中心に使われて来たが、どうやら1400mの方が良さそう。次走も適距離出走なら勝ち負けになる。注目馬。
京都8R 4歳上500万下 タイムE
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
京都10R 昇竜S タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 レッドクラウディア 
昨年12月のポインセチア賞ではキズマの2着だった馬。当時はスピードの差がそのまま着順に反映された印象だが、今回はキズマが控える競馬を選択して、ポインセチア賞とは違って前を射程圏に入れていた分、差し届いた。今回は1400mで勝利したが、道中の反応を見ていると距離はむしろ伸びた方が良い感じありますし、中1週でユニコーンSに出走してきても有力だろう。
2着 キズマ 
控える競馬をこなしたという事だけを言えば、収穫だが、逃げていれば勝っていた可能性もある。いずれにしろ1400mなら2頭の力差はなくて、1600mならレッドクラウディアが優勢かなと見ている。
3着 ナガラオリオン 
これはゲート段階から大人しくて、発馬を五分に出た。この馬の場合、1にも2にも落ち着きだと思いますし、その辺りさえクリアできれば出世する馬だと思う。
4着 タイセイシュバリエ 
いつもほど引っかかるところが無かったと、鞍上の藤岡康太騎手も言っていたが、その分意識的に仕掛けて早めに動いて行く形になって、結果論だが早め早めの競馬をしすぎた印象もある。脚の使いどころ次第で巻き返しの余地はある。
9着 メイショウゾンビ 
砂をかぶって嫌がっていたと小牧太騎手が言っていて、でもその後「この馬走るわー。乗り味がええ」と言っていたので、人気が下がる様なら次走狙ってみても面白いと思う。
京都11R 深草S タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
中井裕二騎手
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26