ヒメカノ ダウンロード販売

2012年2回東京2日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6だった。
草丈が長めでしっかり上に伸びて生育状態の良さを感じさせるというコンディションだった。開幕週の馬場差としては、想定内のごく水準という数値だが、この春開催は天候に恵まれれば、より時計が出やすくなる事もある。一昨年なんかは1秒以上の高速馬場がずっと続いていた事がある。つまり、先週の様な速い上がりの決着が続くという可能性も高い。連対脚質の偏りはないが、有る程度ロスなく捌いて来た馬の好走確率が高く、直線の坂を上りきってからの切れ味勝負でも優位に立っていたかなぁという印象。能力比較に役立てるとすれば、むしろハッキリ外を回って来た馬同士の脚力を見比べておくべきだろう。特に最後までよく伸びて、まだ脚がありそうな馬がこの連続開催の後半戦では狙い目になってくるのではないかと思う。なお、2回開催は6週間の開催で、今週・来週と引き続きAコースが使用される。
先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともプラス0秒9だった。
中間の天候に恵まれた事もあって、時計の掛かるパサパサのコンディションだった。東京で時計が掛かれば、差し決着が多いと思われがちだが、ダート戦全てのレースで黄色、つまり好位に位置した馬が連対している通り、4コーナーである程度の射程圏と言うか、そういった位置につけていないと厳しかったというのが先週の競馬。最も、先週の場合はメンバーレベルが全体に低めだった事も事実ですので、レースセンスも含めた能力差というのが、結果に反映している面も否めない。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/04/22 (日)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
4R T1600 マイネルスパイス    牡3 未勝利 1:35.1 -0.7 --- -0.2 -0.5 102 C C
5R T1800 アナンジュパス    牝3 未勝利・牝 1:50.1 +1.2 --- +0.8 +0.4 92 D D
6R T1400 エネアド    牡3 500万下 1:21.8 -0.6 --- -0.2 -0.4 102 C C
9R T1800 ルルーシュ    牡4 石和特別1000 1:48.7 +1.7 --- +1.3 +0.4 87 S C
10R T2000 ステラロッサ    牡4 府中S1600 2:00.9 +1.5 --- +1.6 -0.1 84 S C
11R T2000 ミッドサマーフェア    牝3 フローラG2 2:02.0 +1.5 --- +1.0 +0.5 90 S E

2012/04/22 (日)  ダ=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1400 ブルーイングリーン    牡3 未勝利 1:27.3 +1.1 --- +0.3 +0.8 97 D E
2R D2100 オネストエイブ    牡3 未勝利 2:16.4 +2.4 --- +1.2 +1.2 88 E D
3R D1600 コパノウィリアム    牡3 未勝利 1:40.1 +0.6 --- -0.3 +0.9 103 B D
7R D1600 シンボリエンパイア    牡3 500万下 1:39.4 +0.8 --- -0.1 +0.9 101 C D
8R D1400 ラッシュザワーク    牡5 500万下 1:26.4 +1.5 --- +0.7 +0.8 93 D D
12R D2100 ニシノヴァンクール    牡5 1000万下 2:14.6 +3.3 --- +1.6 +1.7 84 S D

         

2R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
 
3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 コパノウィリアム 良い脚を持っているのはわかっているのはわかっているが、勝負所でのエンジンの掛かりが遅いタイプ。デビューから6戦目にして距離短縮。初めてハイペースの流れに巡り会えて東京の長い直線を活かせたという内容。4コーナーもキレイに捌いて来れた。ギリギリのBランクでもありますので、昇級云々までは強調できない。ただ、コーナーの数が少ない方が、競馬がしやすいとハッキリしたんじゃないだろうか。
2着 オールキャスト 位置取りを考慮すれば、十分に目処が立つ内容だった。9戦全て左回りで、内7回は東京ダート出走という関西馬。馬場差を踏まえると、大幅な時計短縮とは行かなかったが、次走も水準以下のメンバー構成であれば、連軸として扱える。
3着 ケイエスファントム 出遅れて前半に結構脚を使っていましたし、直線でも前が壁になるというロスもあった。もう一伸びを欠いて、完全タイム差はマイナスにならなかったが、2着馬と同等くらいの評価はしておきたい。
 
6R3歳500万下 注目レース・馬
ここでは上位馬のコース取りに注目しておきたい。1着エネアド、2着トシザグレイトが4コーナーでは距離損を少なく回って来たのに対して、3着ブリスアウトは超大外だった。
3着 ブリスアウト スタートで後手を踏んだ事もあるが、やはり大外18番ゲートは厳しい設定だったと思う。ちょっと内にもたれて追いづらい中でも、最後までしっかり伸びてきた脚はやはり、こう非凡だなと思わせた。冒頭で話した通り、外を回った馬の評価という意味では、次走改めてという期待を持てたんじゃないだろうか。注目馬。
 
9R石和特別 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
10R府中S タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
11RフローラS タイムランクSのレース
タイムランクはS、メンバーランクはEだった。向正面の後半から3コーナーを回る辺りが極端に緩んだ超スローの競馬だった。どの馬も動くに動けないという展開だった。2着馬・3着馬がハッキリ前残りで、勝ち馬のミッドサマーフェアが居なければ、相当質の低い競馬だと言われてもおかしくなかったのではないかと思う。実況にもある通り、坂を上りきってからの切れ味がここでは次元が違った感じ。独走と言って良い内容だった。
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ミッドサマーフェア スタートこそ早くはなかったが、中団の揉まれない位置取りを確保できた事は一番の勝因だろうか。多少は力んだが、こういった位置取りだからこそ3コーナーで一息入れる様な落ち着いたレース運びができて、最後の伸びにも繋がったと見ている。抜け出すとサッと手前を変えてちょっと遊ぶような余裕も見受けられた。2400mのオークスで、こういった全て条件が揃う様なレースができるか微妙だが、桜花賞組と決定的な能力差があるとは思えない。
2着 アイスフォーリス 松岡騎手が完全に手の内に入れている様。食いのない先行策と言える。これまでで最悪の着差が牡馬相手だった葉牡丹賞の0秒7差。ですから、相手なりに走れ、体力的にもしっかりしている馬という評価で良いと思う。
3着 ダイワデッセー 距離経験では優位に立っていましたし、牡馬相手のホープフルS0秒5差の戦績があった。2着アイスフォーリス程のピッチを効かせたフットワークを使えない分、ちょっとしぶいタイプだが、それだけに一旦直線で前がふさがりかけたのが勿体なかったかなぁという風にも見ている。
5着 セコンドピアット 最後の伸び脚という点でセコンドピアット。外を回って来た訳ではないが、直線入り口で外が少々壁になって、トップギアに入るまで多少のタイムロスがあった様に見えた。惜しい惜しいというのが続くタイプ。これも馬っぷりはミッドサマーフェアに見劣りませんし、将来性というところでマークしておきたい。
 
12R4歳上1000万下 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
ポイント
復活!蛯名正義騎手
後で更新します。
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差