2012年1回阪神7日目

2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにプラス2秒4だった。ここまで8日間を振り返っておくと全てプラス1秒以上の馬場差で時計の掛かるコンディションが続いている。
先週も雨の影響を受けた。しかも開催日に降ったり止んだりを繰り返して馬場が悪化して行った。先々週よりもさらに時計の掛かるコンディションになった。脚質的には予測通り外差しが決まる様になった。ただ、その一方で最内の1頭分を通った馬の活躍も目立った。つまる所、馬場の2・3分どころが一番荒れている印象で、その部分を通るぐらいなら最内を通るかもしくは外に持ち出すべき馬場だった様に思う。今週ももう1週Aコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス1秒1だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、ダートは全てマイナスの数値。ただ、土日ともにマイナス1秒台だったのは先週が初めて。高速馬場が毎週続いているという訳ではない。
ダートも雨の影響を多分に受けた。雨が降ったりやんだりで、馬場発表は土日とも重で、時計の出方も同じだった。いずれにしろ今開催では1日目に次いで時計の出やすいコンディションになった。脚質的には断然前に行った馬が有利だった。差しが届いたのはべらぼうにペースが速くなったレースだけだった。パサパサの良馬場ならかなり時計が掛かるし、差しも届くと散々言い続けて来たが、これでもかというぐらい雨に降られて、結局1度もその読みが試される事なかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/03/17 (土)  芝=+2.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 サンライズトゥルー    牡3 未勝利 2:06.5 +4.1 --- +0.8 +2.4 D D
7R T1400 キリシマトリオ    牡3 500万下 1:23.4 +1.1 --- -0.6 +2.4 B D
9R T2400 カリスマミッキー    牡4 淡路特別1000 2:31.5 +5.1 --- +1.7 +2.4 E C
11R T2000 ワールドエース    牡3 若葉S 2:04.4 +3.6 --- +0.7 +2.4 D D

2012/03/17 (土)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 エーシングランダム    牝3 未勝利・牝 1:56.1 +1.4 --- +1.7 -1.1 E E
2R D1200 テイエムチャンス    牡3 未勝利 1:12.1 -1.2 --- -0.5 -1.1 B D
3R D1800 キクタロウ    牡3 未勝利 1:54.2 -0.5 --- +0.6 -1.1 D D
6R D1800 スペルヴィア    牡3 新馬 1:54.4 -0.6 --- +0.1 -1.1 C D
8R D1800 キンショーダンデー    牡5 500万下 1:51.6 -1.5 --- -0.4 -1.1 B D
10R D1200 シゲルソウサイ    牡4 なにわS1600 1:10.8 -0.3 --- +0.4 -1.1 D C
12R D1200 ナムラドリーミー    牝4 500万下 1:11.9 -0.4 --- +0.3 -1.1 D E

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
 
2R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
同じ日の12R古馬500万下の勝ち時計よりも、0秒2遅いだけ。
1着 テイエムチャンス 前走タイムランクがCのレースで3着だったが、今回距離を200m詰めた事で、実質の時計短縮に成功した。スッと良い位置につけてもう一伸びできるセンスの良さがありますし、昇級しても印は打つべき馬。
2着 イエスイットイズ 逃げて3着に3馬身差。安定感は十分で、今更番組注目馬にはしないが、次走も勝ち負けにはなる。
 
7R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
1着 キリシマトリオ 所謂最内のグリーンベルトを通っての逃げ切り勝ちだった。重い馬場を気にしなかった事に加え、展開も味方した。今回は恵まれた印象が強くて、まだ揉まれた際の不安はあるが、OPに昇級となるとちょっと厳しいかなと思う。
3着 アースソニック この馬発馬を決めて、今回前に行った。その分前半から力んでいましたし、今回の結果だけを見ると1200mの方が良さそうだが、時折ゲートの出が悪い馬ですから、やはり1400mがベターかなと思う。
 
8R4歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1000m通過が1分0秒7でやや速いペースがタイムを押し上げた印象。その分先週のダート戦の中では珍しく、差し馬同士の決着となった。
1着 キンショーダンデー 前走はタイムランクEのレースで2着だった馬。今回ハイペースに恵まれたとは言え、一気の時計短縮は評価して良い。
2着 アサクサショパン 番組注目馬
前走はタイムランクEのレースで2着だった馬。今回ハイペースに恵まれたとは言え、一気の時計短縮は評価して良い。中でも2着アサクサショパンは展開が向いても向いてなくても伸びて来る馬で、次走も当然勝ち負け。注目馬。
 
9R淡路特別 タイムランクEのレース
基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
 
11R若葉S 注目レース・馬
タイムランクはDとなったが、勝ち馬ワールドエースのレースぶりは高く評価できる。
1着 ワールドエース パドック段階から幾分テンションが高かった。ゲートでも立ち遅れて、それでも慌てず騒がず後方でジッと待機して、実質直線だけの競馬で、後続に2馬身もの差をつけて勝った。動きたい時にスッと動けて、反応の良さもありますから、センスという意味では3歳世代では屈指の存在だと思う。デビュー戦を勝った段階からクラシック戦線の主役と位置づけていた馬。その考えは今でも変わらないが、スプリングSでグランデッツァがあまりにも強い勝ち方をしたので、若干迷いが生じているのは事実。本番まで時間がありますし、じっくりと考えたい。
2着 メイショウカドマツ 最内の所謂グリーンベルトを上手く活用した。自分の形に持ち込めばしぶとい事を再度証明した。
3着 ミルドリーム パンパンの良馬場で走らせたいという陣営の思惑とは逆で、2戦連続の道悪での競馬。前回良馬場発表だが、実質は道悪だった。小柄でトビがキレイな馬だけに、かわいそうだった。
4着 アドマイヤレイ 2200m・2000mで連続4着。ですから、良い手応えで伸びなかったのは、道悪というよりも距離が長いからなのかもしれない。1800m戦出走なら見直し。
 
馬券Summary
後で更新します。
後ほど
30%OFFセール
↑30%OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準