2012年3回中山1日目

2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜が設定不能、日曜がプラス1秒3だった。連続開催なので、まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。雨の影響を強く受け、前開催5日目から先週の土曜まで5日間続いて設定不能。その他の3日間もプラス1秒を超える数値となっている。
くどい様だが、毎週毎週週末になると雨。先週も金曜日午前11時頃昼前の11時頃から、土曜の夜中の2時まで降り続いて、一旦止んだがレース中にも2ミリの雨があった。土曜の馬場発表は重だが、時計の出方は完全な不良馬場だった。先々週、さらにその前の週同様にタイムランクの表示が意味を持たないために、またしても設定不能になった。日曜は馬場が回復した。それでもかなり重いが、馬場差の設定が可能になった。土日ともに道悪巧者が活躍したのは言うまでもない事だが、ペースの緩急を別にすると、若干設定不能の土曜の方が差しが効いていた気がする。日曜は馬場が回復している時の特徴でもあるが、内の先行馬に有利な傾向が見られた。なお、今週からBコースに替わる。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒2。1200m対象の数値は土曜はマイナス1秒3、日曜はマイナス0秒8だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で脚抜きが良い日が多くなっている。ただ、1800mでは水準レベルの日もあり、全ての日が高速馬場という訳ではない。
雨の影響から土曜は1800m・1200mともに高速決着だった。日曜は少し乾いて、1800m・1200m共に土曜よりは掛かっていたが、それでも速い時計の出る馬場コンディション。脚抜きが良くて1200mは流石に逃げ・先行馬の活躍が目立ったが、1800mは力のある馬なら差しても追い込んで来れる馬場だった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/03/24 (土)  芝=設定不能
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 サクラオードシエル    牝3 未勝利・牝 2:06.8 +3.7 --- --- --- - D
5R T1600 ルナ    牡3 未勝利 1:38.7 +2.6 --- --- --- - D
9R T2000 ハイリリー    牝3 ミモザ賞500 2:05.8 +3.6 --- --- --- - D
11R T2500 ネコパンチ    牡6 日経賞G2 2:37.4 +4.3 --- --- --- - C

2012/03/24 (土)  ダ=-1.8 1200m=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 オオタニジムチョウ    牡3 未勝利 1:11.4 -1.5 --- -0.2 -1.3 C D
2R D1800 クリティカルヒット    牡3 未勝利 1:54.2 -1.6 --- +0.2 -1.8 C D
3R D1200 トウカイアストロ    牡3 未勝利 1:12.1 -0.8 --- +0.5 -1.3 D D
6R D1800 グッドマイスター    牡3 500万下 1:52.0 -2.8 --- -1.0 -1.8 A D
7R D1800 コパノカーン    牡4 500万下 1:53.0 -1.0 --- +0.8 -1.8 D D
10R D1800 ヒラボクマジック    牡4 利根川特1000 1:51.6 -1.6 --- +0.2 -1.8 C C
12R D1200 アランルース    セ4 500万下 1:11.0 -0.9 --- +0.4 -1.3 D D

         

5R3歳未勝利
2着 ユッカマウンテン 前回の番組注目馬だった。好スタートからロスなく内に入れて、直線もスムーズ。楽々差しきれると思ったが、勝ち馬のしぶとさを褒めるしかない。人気薄の馬だったが、ちょっと道悪がユッカマウンテンには堪えた節がある。
 
6R3歳500万下 タイムランクAのレース
基準より1秒0速い勝ちタイムだった。
このレーステイエムデジタルの勝った前開催2日目の一戦で共に脚を余して2着・3着だったドラゴンフォルテとグッドマイスターが人気を二分していたが、結果もこの2頭の一騎打ちとなった。対象もこの2頭。
1着 グッドマイスター 前半後方に位置していたが、内田博幸騎手が徐々に順位を上げて、マクり切った。かなり長く脚を使っている。オープンでも相手次第では通用すると思う。なおこの馬は芝でも小倉2000mの未勝利勝ちをレコード勝ちして、あすなろ賞3着の良績がある。
2着 ドラゴンフォルテ 番組注目馬
福永騎手がそつなく流れに乗せた競馬をして差された。力負けだが、高速決着のダートではセントライト記念を勝ったダイワワイルドボアの全弟で芝の実績もあるグッドマイスターの方が適性が高かった面がある。こちらはディープインパクト産駒だが、母がダートで活躍したヴィフォルテ。母の父が馬力血統のデヒア。乾燥したダートならこちらの方が勝っていた可能性が高いと思う。もちろん次走は首位有望で、自己条件なら今回の様な高速ダートでも楽勝ではないかなと思っている。注目馬。
 
11R日経賞
ルーラーシップが単勝1.4倍と断然の人気となっていた。なおメンバーランクはCだった。
1着 ネコパンチ '江田照男騎手と日経賞と言えば、テンジンショウグン。当時が12番人気で単勝35,570円。今回もネコパンチで大逃走。またしても単勝万馬券の大穴になった。残り800mの時点で逃げたネコパンチと2番手ケイアイドウソジンとの差が約2秒。ネコパンチは結構良いペースで行っているが、離された2番手以下はかなりスローの状態だった。後ろの有力馬は全てこの大逃げに翻弄された形。道悪で時計も上がりも掛かった事、これを味方につけた感が強い。ただ、テンジンショウグン同様恐らくネコパンチも一世一代的な激走かなという気がする。G2を勝ったんですから、一応ネコパンチを褒めてあげたいと思う。'
2着 ウインバリアシオン 京都記念より馬体が絞れて好印象だった。初騎乗の武豊騎手が最後方から馬を進ませて、比較的馬場の良い外を追い込んで断然人気のルーラーシップを交わした。4歳世代でオルフェーブルの2番手だった馬が確実に復調していると思う。
3着 ルーラーシップ もう間に合わないタイミングだが、やはり人気を背負っているだけに後続の中では早めに動いた。2着のウインバリアシオンとの差はその差だと思う。ただ、道悪は上手なはずですし、せめて2着は確保して欲しかったと思う。距離の2500mが若干長い節もある。
8着 フェイトフルウォー 父がステイゴールド、母の父がメジロマックイーンの配合から血統的には道悪は上手なはずだが、実際不良馬場のダービーでも惨敗している。適性は良馬場の持久力勝負ではないだろうか。
10着 トーセンラー なんと10着。3コーナーで一杯になってしまった。この馬もダービーは11着だった。体力がないので、ベストは良馬場だと思う。
 
馬券Summary
ダートの内田博幸騎手は完璧
後ほど
Hunter30%OFF
↑Hunter30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準