ヒメカノ ダウンロード販売

2012年2回阪神8日目

2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス0秒9だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、設定不能とした3日目を含め、雨の影響を受けた。
1回開催から全てプラスの馬場差。設定不能としたこの開催3日目についても、数値を出して言えば、もちろんプラスの馬場差になった訳で、16日間全てプラスの馬場差。この番組的にはトピックスにしても良い程。ただ、先々週に続いて、先週もこの春の開催ではまだ時計は出やすかったレベル。プラス1秒前後でも時計が出やすかったという表現になる程ですから、いかにそれまで時計が掛かっていたかという事。
土曜日は内から抜け出した馬が勝ったり、あるいは大外を追い込んで来た馬も居たりで、目立って優位なコース取りはなかった。ただ、日曜は差し馬が全てのレースで連対していましたし、外を回る馬の上位進出が目に付いた。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス1秒0へと変動、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差だった。総じて脚抜きが良く、時計の出やすいコンディションだったが、3週目は水準に近づいていた。
土曜は雨の影響が残って、時計が出やすいコンディション。特に午前の方が脚抜きが良くて、午後はいくらか乾いたので変動になっている。日曜は終日同じ馬場差で、土曜終盤よりもやや掛かっていた。後は脚質面。土曜は中団より後ろからの連対は12Rの2着馬のみだった。日曜は逆に差し馬の連対が目に付いた。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/04/15 (日)  芝=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 ヴァンセンヌ    牡3 未勝利 1:49.1 +0.5 --- -0.3 +0.9 C D
6R T1400 ゴールデンムーン    牝3 500万下 1:23.1 +0.8 --- +0.2 +0.9 C D
8R T1600 カレンデイムーン    牡4 500万下 1:35.3 +0.7 --- ±0 +0.9 C D
9R T1800 リトルダーリン    牝4 蓬莱峡H1000 1:48.2 +1.6 --- +0.8 +0.9 D D
11R T1200 キングレオポルド    牡5 淀屋橋H1600 1:10.0 +1.5 --- +1.0 +0.9 E C

2012/04/15 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 タツショウワ    牡3 未勝利 1:13.6 +0.3 --- +0.8 -0.8 E D
2R D1800 メイショウアサアケ    牡3 未勝利 1:53.5 -1.2 --- -0.4 -0.8 B D
3R D1400 ジャスティシア    牝3 未勝利・牝 1:25.9 -0.3 --- +0.3 -0.8 D E
7R D1800 ラヴフェアリー    牝4 500万下・牝 1:53.4 +0.3 --- +1.1 -0.8 E E
10R D1200 テイクアベット    牡4 陽春S1600 1:10.2 -0.9 --- -0.4 -0.8 B D
12R D2000 ハジメレンジャー    牡6 1000万下 2:05.5 -0.1 --- +0.8 -0.8 D D

         

1R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
 
2R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 メイショウアサアケ 前2頭が3番手以下を大きく引き離しす展開が向いた事もあるが、初ダートでの一変ぶりは見事だった。芝での実績や、道中の行きっぷりなどから、距離はもう少し短くても良さそう。どちらにしても、これからの主戦場はダートという事になりそうだが、昇級戦の扱いはメンバーを見てからだと思う。
2着 ジュガーシャック 番組注目馬
一番強い競馬をしたのはこの馬だった。前走がデビュー戦で2着とは言え、先ほど取り上げたオースミイチバンから2秒も離されて自身の完全タイム差はプラスの範疇でしかなかった。今回は良化が顕著で、完全タイム差もマイナス。3コーナーから自分から動いて勝ちに行く競馬をして、直線は一旦完全に抜け出した内容も、前走より数段上。次走はチャンス。注目馬。
3着 ミッキーエール 安定性は抜群だが、ワンパンチ足りない競馬が続いている。とは言え、自身2度目の完全タイム差マイナスを記録して、4着馬には決定的な9馬身差をつけていた。引き続き上位候補に変わりない。
 
5R3歳未勝利 注目レース・馬
勝ったヴァンセンヌを取り上げる。
1着 ヴァンセンヌ 今回はデビュー戦ながら1番人気になり、その支持に応える勝ちっぷりだった。スタートがあまり良くなくて、道中は後方を追走していたが、勝負所で外を追い上げて、直線では内の馬を並ぶまもなく交わして抜け出して行った。ディープインパクト産駒というだけではなくて、母がスプリントG1で活躍したフラワーパークという血統から、注目されていた馬。1番人気に支持されたという事も頷ける。さらにデビュー戦、いきなり1800mで勝ったという事は、距離の融通性もあるのだと思う。同じ松永幹夫厩舎の半姉、クリアンサスよりも長めの距離で活躍が見込めそう。
 
7R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
 
10R陽春S タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 テイクアベット 今までの好走パターンはとにかくハナを切る事。今回はズンダモチが控えた事でさほど労せずにマイペースに持ち込めたのが大きかったと思う。Bランクで6馬身差の圧勝は認めるとして、オープンで即通用するかは何とも言えない。今までがそうだった様に、間に凡走を挟んで、忘れた頃に大駆けというのがパターンかもしれない。
4着 トーホウプリンセス 一叩きしただけでは、完全復調とは行かなかったと思う。昨年夏に急激に力をつけた経緯からして、もう少し暖かくなってからの狙いとなりそう。昨年の夏から秋の出来に戻れば、降級馬相手の準OPでも十分に足りる馬。
 
11R淀屋橋S タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 
馬券Summary
ステイゴールド vs ディープインパクト
後で更新します。
30%OFFセール
↑30%OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準