2012年1回阪神8日目

2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにプラス2秒4だった。ここまで8日間を振り返っておくと全てプラス1秒以上の馬場差で時計の掛かるコンディションが続いている。
先週も雨の影響を受けた。しかも開催日に降ったり止んだりを繰り返して馬場が悪化して行った。先々週よりもさらに時計の掛かるコンディションになった。脚質的には予測通り外差しが決まる様になった。ただ、その一方で最内の1頭分を通った馬の活躍も目立った。つまる所、馬場の2・3分どころが一番荒れている印象で、その部分を通るぐらいなら最内を通るかもしくは外に持ち出すべき馬場だった様に思う。今週ももう1週Aコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス1秒1だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、ダートは全てマイナスの数値。ただ、土日ともにマイナス1秒台だったのは先週が初めて。高速馬場が毎週続いているという訳ではない。
ダートも雨の影響を多分に受けた。雨が降ったりやんだりで、馬場発表は土日とも重で、時計の出方も同じだった。いずれにしろ今開催では1日目に次いで時計の出やすいコンディションになった。脚質的には断然前に行った馬が有利だった。差しが届いたのはべらぼうにペースが速くなったレースだけだった。パサパサの良馬場ならかなり時計が掛かるし、差しも届くと散々言い続けて来たが、これでもかというぐらい雨に降られて、結局1度もその読みが試される事なかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/03/18 (日)  芝=+2.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ブルーハーツクライ    牡3 未勝利 1:37.7 +2.0 --- +0.1 +2.4 C D
6R T2000 ラスカルトップ    牡3 新馬 2:08.7 +6.0 --- +2.6 +2.4 SL C
8R T1800 ショウナンカミング    牡4 500万下 1:50.0 +2.7 --- +0.5 +2.4 D D
10R T2000 レジェンドブルー    牝6 但馬SH1600 2:05.1 +5.6 --- +2.4 +2.4 SL D
11R T3000 ギュスターヴクライ    牡4 阪神大賞G2 3:11.8 +7.2 --- +3.3 +2.4 E B

2012/03/18 (日)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ピサノベッテル    牝3 未勝利・牝 1:13.1 -0.2 --- +0.5 -1.1 D D
2R D1800 カナロア    牡3 未勝利 1:53.6 -1.1 --- ±0 -1.1 C D
3R D1400 ジョウショーキング    牡3 未勝利 1:26.1 -0.1 --- +0.8 -1.1 E D
7R D1800 キングブレイク    牡3 500万下 1:52.1 -1.7 --- -0.6 -1.1 B C
9R D1200 ズンダモチ    牡6 洲本特別1000 1:11.2 -0.5 --- +0.2 -1.1 C C
12R D1800 ルグランヴォヤージ    牡5 1000万下 1:52.5 +0.2 --- +1.3 -1.1 E D

         

3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利
7着 マイネルコンキスタ 前回の番組注目馬だった。人気にもなっていたし、メンバー的にも勝てると思ったが仕方ない部分がある。Bランク相当のタイムをマークした前走は、ある程度はフワッと走れていた分を評価して注目馬にしたが、今回はゲートでやや浮ついた分、押していく形となって結果一本調子の単騎逃げになってしまった。最後に急坂のある阪神よりは、直線平坦の京都向きとも言えるので、次の京都替わりで馬場が良い時に使ってくれば、改めて見直したいと思う。
 
6R3歳新馬 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
7R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
同じ日の12R古馬1000万下よりも勝ち時計は速かった。
1着 キングブレイク ダートに使うようになって2戦連続の逃げ切り勝ち。しかもそのいずれもが、道悪競馬だったが、前走がタイムランクCなのに対して今回はBですから、体が絞れた事で着実に時計を詰めている。いずれにしろダート適性は高いですし、今後は力の要るダートになった時の対応が鍵になる。
2着 ウイニングサルート これはここ3戦全てタイムランクがBのレースで2着・5着・2着。原級突破は時間の問題。
3着 アメリカンダイナー タイムランクAのレースで未勝利勝ちした馬で、今回伸びを欠いたのは1800mが若干長かったからかなと思う。次走は初勝利時と同じ東京マイル戦出走なら狙えると思うが、っと言ってもしばらく東京開催は無いですから、福島1週目の1700mのダート戦滝桜賞辺りが狙い目かなと思う。
 
10R但馬S タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
11R阪神大賞典 タイムランクEのレース
メンバーランクはBだったが、タイムランクがEだった。もちろんペースが遅かった事もありますし、アクシデントがあった事によってラスト1ハロン13秒4掛かっている。その辺りも影響していると思う。
1着 ギュスターヴクライ オルフェーヴルと対照的にオルフェーヴルが逸走した時に、他の騎手は上がって行ったが福永騎手だけジッとしていた。それが結果正解だった。そこで脚を溜めた分、オルフェーヴルが伸びて来ても追撃を凌いだ。非常に中身のあるレースだったと思いますし、長距離なら大崩はない。
2着 オルフェーヴル 3コーナー辺りで外に外に行くような感じで逸走してしまう。逸走してしまうが、また馬自身が馬群を見つけたのか、もう一回その馬群について行こうとして、結果ロスの多い競馬になってしまった。ただ、上がって行く時の脚とか見ていると、やはりタダモノではないなという印象が強い。結果差し届かずで2着に負けてしまうが、能力を再確認した。このヤンチャぶりというのがある意味魅力かなと思うので、この辺りが解消されて欲しい反面、ちょっとこのヤンチャな雰囲気を持ったままこの馬成長して行って欲しいなと思う。
3着 ナムラクレセント 途中からハナに立って、オルフェーヴルに絡まれてと結構厳しい競馬だったが、馬体絞れていたのが良かったのか自分のリズムを守り通したのが良かったのか、最後までしぶとかった。この馬馬場入りを調教でも嫌がったりとか、気性難しいところあるが、走る気になったらこれぐらやれるんだなというのを再確認した。
4着 ヒルノダムール 直線でオルフェーヴルに前をカットされる不利があったが、それでも伸び脚自体がジリジリだった。良くはなっている段階だと思うが、本当にこの馬が良かった頃に比べると、まだ若干物足りないのかなと思う。
5着 ジャガーメイル これは珍しく、前半ちょっと行きたがっていた。その分か馬場が堪えたのか、両方合わせて最後伸びを欠いたという事なので、こちらも長距離のスタミナ勝負には強いタイプの馬ですから、次は変わってくると思う。
 
12R4歳上1000万下 タイムランクEのレース
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
 
馬券Summary
後で更新します。
後ほど
ながえスタイル30%OFF
↑ながえスタイル30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準