ヒメカノ ダウンロード販売

2012年2回京都4日目

2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにプラスマイナスゼロだった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1回開催最終週は雨の影響を受けたが、それ以外の週は水準レベルの数値で大きな動きはない。
特に土曜の4鞍の内3鞍ではだが、後方から追い込んだ馬が勝っている。土曜10Rの様にペース次第では前残りもありましたし、日曜5Rでは逃げたクランモンンタナが強い競馬をした様に、差し一辺倒ではないものの前開催と比べれば、やはり差しが効きやすいコンディションとなっている。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス1秒1だった。ここまでの馬場差を振り返っておくと、1回開催最終週は雨の影響で脚抜きが良くなったが、この開催に入って時計の掛かるコンディションとなっている。
連対馬脚質についてだが、中団と後方に位置した馬を足して考えた場合、2週前は約35%だったのが先週は約43%まで占有率がアップしている。より京都の平均値よりも、差しが効きやすいという状況になっていると思う。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/02/05 (日)  芝=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2200 クランモンタナ    牡3 未勝利 2:14.4 -1.2 --- -1.9 ±0 A D
6R T1600 ダイワマッジョーレ    牡3 新馬 1:36.4 +0.6 --- ±0 ±0 C C
9R T1400 マイネルカリバーン    牡5 宇治川H1000 1:21.4 +0.1 --- -0.2 ±0 C D
11R T1800 ワールドエース    牡3 きさらぎG3 1:47.0 -0.4 --- -1.2 ±0 A C

2012/02/05 (日)  ダ=+1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 グランプリブルー    牡3 未勝利 1:14.3 +1.3 --- +0.6 +1.1 D D
2R D1800 ハギノタイクーン    牡3 未勝利 1:55.0 +0.7 --- -0.4 +1.1 B D
3R D1200 トルサード    牝3 新馬・牝 1:15.0 +1.8 --- +1.1 +1.1 E D
7R D1800 ダノンゴールド    牡3 500万下 1:54.6 +1.2 --- -0.7 +1.1 B C
8R D1400 アースワンキセキ    牡4 500万下 1:25.5 +1.0 --- +0.1 +1.1 C D
10R D1200 マルカバッケン    牡5 橿原SH1600 1:11.7 +1.0 --- +0.3 +1.1 D C
12R D1200 シルクデイブレイク    牡5 1000万下 1:12.2 +0.9 --- +0.2 +1.1 C C

         

2R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ハギノタイクーン 乗り込み十分で好仕上がりだった。1コーナーから向正面までに前がやり合いそうになる事を察知してか、ゆっくりと位置取りを下げた。結果的にここで溜めた事が最後の伸びに繋がった訳です。ラスト100mで2着馬を3馬身千切ってギリギリのBランクになった。昇級しても相手なりに走れそうだが、現時点では昇級すると△程度の評価が妥当かなという気もしている。
2着 ベストサーパス これの完全タイム差はプラスになってしまうが、今回は展開がキツかった。道中は終始外の2頭に突かれる息の入らない流れだった。これを振り切ったところで勝ち馬に一気に来られたという訳です。2着だったとは言え、ダート転向は正解だったんじゃないだろうか。父がPulpit、A.P. Indyの直仔ですから血統的にもそういう事が言えると思う。もちろんメンバー次第にもよると思うが、次走Cランク以下のメンバー相手なら逃げ切れる確率は高いだろう。
 
3R3歳新馬 タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒9も速い勝ちタイムだった。
まずは完全タイム差のマイナス1秒9について。ペース補正を施しての数値とは言え、ペース補正をしない段階でもAランクのレベルにあった事は驚き。このレースの様に直線で2頭が叩き合いながらゴールに向かって行くというレースの形は案外と言うか、速い時計が出やすいんだなと改めて認識した。
1着 クランモンタナ これまでは堅実に上位入線しながらも勝てなかったが、今回は初めてブリンカーを装着し、積極策に打って出た。言わば、意気込みを表すかの様な臨戦態勢だった。直線はアドマイヤフライトに並びかけられて、また勝てないのかなと思われたが、そこからがしぶとかった。結果的にこういった作戦が功を奏したという事。ただ、それだけではなくて時計が速いのですから、ようやく持てる力を発揮した一戦という事だろう。ディープインパクト産駒でお母さんは重賞ウィナーのエアトゥーレ。という事は、アルティマトゥーレやキャプテントゥーレの半弟という事で、まずこういった器と言うか背景であれば昇級しても頭打ちにはならないだろう。ただ、一つ気になるのは今回の反動。次走に向けての調整過程は忘れずにチェック。
2着 アドマイヤフライト 番組注目馬
1番人気のアドマイヤフライトは2着だった。ただ、外を回ってよく追い上げて来ていますし、3着のテイエムオペラドンに5馬身差をつけている。勝ち馬が強かったのであって、この馬自身はまだ荒削りではあるが、デビューしてから2走目で順当に良化して来たという事。次走も首位候補に扱う。注目馬。
 
7R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 ダノンゴールド 藤沢和雄厩舎にしては珍しく、平場戦での関西遠征だった。遅い流れでの中団外めでじっくりと脚を溜め、ペース補正が入るほど上がりをまとめて、Bランクに引き上げた。まだまだ成長を予感させる好馬体をしており、オープン・重賞戦線でも活躍が期待できるんじゃないだろうか。ただし、スタートがゆっくりな現状では、押し上げやすい外枠がベターではないかと思う。
2着 ウイニングサルート 番組注目馬
一戦毎に着実に力をつけてきている。決して有利ではない流れの中、勝ち馬を凌ぐ推定上がり35秒9で追い込んで来た。3着以下にこの流れでは決定的とも言える2馬身半以上の差をつけている。次走は首位候補。注目馬。
 
11Rきさらぎ賞 タイムランクAのレース
基準より1秒2速い勝ちタイムだった。
前半1000m通過61秒7というのは、計算では水準より2秒ほど遅い超のつくスローだった。
1着 ワールドエース 集団に取り付く感じの中団を進んで、坂の下りからジワジワ間合いを詰めて行き、直線は大外へ持ち出して爆発的な加速を見せた。小牧太騎手がまともに入れたステッキは1発だけだった。タイムランクAにふさわしい勝ちっぷりだったという事。もちろんクラシック主役であることは間違いないが、まだゲートの中でチャカチャカしたりするところがあるので、例えば関東圏の輸送なども本番前には経験して欲しいところだろう。と言うかさせると思う。
2着 ヒストリカル ここまでの3戦内回りの2000mの競馬しか使っておらず、スタートやら折り合いなどに課題がある様に思っていたが、外周りに替わって思い切った待機策を取れたことが大きかったんじゃないだろうか。見た目の雰囲気からはちょっと奥手なイメージだが、もう少し経験を詰めればダービー向きのタイプとして整ってくるかと思う。
3着 ベールドインパクト C.デムーロ騎手らしい積極的な立ち回りだったが、まだ首を上手に使って走れないので、その点も加味して今までのこの馬のスタイルを貫いたんじゃないかなという気もする。ちょっとまだ体つきは幼い印象は受けた。
4着 ジャスタウェイ 若干おつり残しと言うか、締まりがないかなという感じがした。序盤からちょっと舌を出しながら行儀の悪い走りだったが、結局流れ込みが精一杯という感じだった。母系が短距離向きではあるが、案外もう少し距離があっても良いのかなという気もしている。
 
12R4歳上1000万下 注目レース・馬
2着だったコパノカチーノを取り上げる。
2着 コパノカチーノ 今回はピッタリ平均ぐらいの流れを割と積極的に出して行く競馬だった。今回は実は一叩きすれば絞れて来るだろうと見ていたが、プラス14キロという事で、実はデビュー以来最高の538キロでの出走だった。それでも積極的なレース運びから残り200m地点では勝ったかと思わせる内容だった。最後に踏ん張りが効かなかったのは、重めの影響。次走絞れて来れば、勝機だと思う。
 
馬券Summary
伏線のハイペース
超ハイペース
 
かなりのハイペース
日付
レース
勝ち馬
日付
レース
勝ち馬
1/8 中山01R スターゲイジング   1/5 中山07R リックムファサ
1/9 中山01R ドリームリーグ     中山10R コンフォーコ
1/14 中山01R ラシーク     中山12R ディープサウンド
中山03R スズノライジン   1/14 中山05R ミッドサマーフェア
中山08R サクラシリアス   1/22 中山02R スズカヴィグラス
1/21 中山01R シンデンアラタ        
中山12R スノードラゴン        
1/22 中山07R ミッキーレモン        
中山10R コスモソーンパーク        
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準