2012年2回中山2日目

2012/12/24 (月)
中山 阪神
2012/12/23 (日)
中山 阪神
2012/12/22 (土)
中山 阪神
2012/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2012/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2012/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2012/11/25 (日)
東京 京都
2012/11/24 (土)
東京 京都
2012/11/18 (日)
東京 京都 福島
2012/11/17 (土)
東京 京都 福島
2012/11/11 (日)
東京 京都 福島
2012/11/10 (土)
東京 京都 福島
2012/11/04 (日)
東京 京都 福島
2012/11/03 (土)
東京 京都 福島
2012/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2012/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2012/10/08 (月)
東京 京都
2012/10/07 (日)
東京 京都
2012/10/06 (土)
東京 京都
2012/10/01 (月)
阪神
2012/09/30 (日)
中山
2012/09/29 (土)
中山 阪神
2012/09/23 (日)
中山 阪神
2012/09/22 (土)
中山 阪神
2012/09/17 (月)
中山 阪神
2012/09/16 (日)
中山 阪神
2012/09/15 (土)
中山 阪神
2012/09/09 (日)
中山 阪神
2012/09/08 (土)
中山 阪神
2012/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22 (日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21 (土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15 (日)
新潟 中京 函館
2012/07/14 (土)
新潟 中京 函館
2012/07/08 (日)
福島 中京 函館
2012/07/07 (土)
福島 中京 函館
2012/07/01 (日)
福島 中京 函館
2012/06/30 (土)
福島 中京 函館
2012/06/24 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/23 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/17 (日)
福島 阪神 函館
2012/06/16 (土)
福島 阪神 函館
2012/06/10 (日)
東京 阪神 函館
2012/06/09 (土)
東京 阪神 函館
2012/06/03 (日)
東京 阪神
2012/06/02 (土)
東京 阪神
2012/05/27 (日)
東京 京都
2012/05/26 (土)
東京 京都
2012/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2012/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2012/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2012/04/29 (日)
東京 京都 福島
2012/04/28 (土)
東京 京都 福島
2012/04/22 (日)
東京 京都 福島
2012/04/21 (土)
東京 京都 福島
2012/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2012/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2012/04/01 (日)
中山 阪神
2012/03/31 (土)
中山 阪神
2012/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2012/03/04 (日)
中山 阪神 中京
2012/03/03 (土)
中山 阪神 中京
2012/02/26 (日)
中山 阪神
2012/02/25 (土)
中山 阪神
2012/02/19 (日)
東京 京都
2012/02/18 (土)
東京 京都
2012/02/12 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/11 (土)
東京 京都 小倉
2012/02/05 (日)
東京 京都 小倉
2012/02/04 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/29 (日)
東京 京都 小倉
2012/01/28 (土)
東京 京都 小倉
2012/01/22 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/21 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/15 (日)
中山 京都 小倉
2012/01/14 (土)
中山 京都 小倉
2012/01/09 (月)
中山 京都
2012/01/08 (日)
中山 京都
2012/01/05 (木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜が設定不能、日曜がプラス1秒3だった。
中山は金曜正午の時点で重馬場だった。その後さらに雨が降って、土曜は終日不良馬場になった。馬場差を出すにしても、プラス3秒以上になる数値になるので、ここまで悪化すると馬場差を出してタイムを比較する事は意味がないと言うか、むしろ危険な感じもするので今回は設定不能とした。日曜は土曜と比較すれば乾いていたが、それでもプラス1秒3と開幕週としてはかなり時計の掛かるコンディションだった。道悪が上手な馬とか下手な馬とか問われた事は言うまでもない。脚質的には土曜は差しが届いて、日曜は前に行った馬が有利だった。土日で脚質傾向が大分違うので、注意が必要だと思う。なお、この2回中山は全てAコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒8だった。
雨の影響で脚抜きが良くなっていた。特に土曜の前半は水が浮いた状態だったが、土日で時計の出方はあまり変わらなかった。脚質的には土曜の短距離戦で先行馬同士の決着もあったが、それ以外のレースでは差し馬が数多く台頭していた。各騎手が恐らく早め早めの競馬を意識して、総じてペースが速くなった事が要因の1つだと思われる。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/02/26 (日)  芝=+1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ミッキーシャイン    牡3 未勝利 1:39.5 +3.4 --- +2.1 +1.3 SL C
6R T2000 アンアヴェンジド    牝3 新馬 2:08.9 +5.5 --- +3.0 +1.3 SL C
7R T1800 ヘレナモルフォ    牝3 500万下・牝 1:51.8 +2.7 --- +0.8 +1.3 D D
9R T2500 スーサングレート    牡4 潮来特別1000 2:35.3 +0.8 --- -0.8 +1.3 B C
11R T1800 フェデラリスト    牡5 中山記念G2 1:47.3 +0.8 --- -0.4 +1.3 B C

2012/02/26 (日)  ダ=-0.9 1200m=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 コスモディクタット    牝3 未勝利・牝 1:55.9 +0.1 --- +1.0 -0.9 E E
2R D1200 ヒカルヨコハマ    牡3 未勝利 1:12.1 -0.8 --- ±0 -0.8 C D
3R D1800 スーパーボルト    牡3 未勝利 1:54.7 -1.1 --- -0.2 -0.9 C D
4R D1800 テイエムデジタル    牡3 500万下 1:54.1 -0.7 --- +0.2 -0.9 C C
8R D1800 ニシノオウガイ    牡4 500万下 1:53.4 -0.6 --- +0.3 -0.9 C D
10R D1200 ニシオドリーム    牡4 ブラッド1600 1:09.9 -0.8 --- ±0 -0.8 C C
12R D1200 ハッピーカオル    牡5 1000万下 1:10.3 -1.0 --- -0.2 -0.8 C D

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 注目レース・馬
勝ったミッキーシャインを取り上げる。
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ミッキーシャイン この馬他馬の動きに動じる事無く自分のペースを守り通した。結果馬なりのまま逃げ切った。タイムランクは遅かったのでSとしたが、まだまだ時計の短縮は可能ですし、少なくとも1600mはベストだと思うので、次走も要警戒。
2着 アポロドーロス 番組注目馬
これはスローペースの中、内から狭いところを通ってよく追い込んだ。勝ち馬が強かった分敗れはしたが、レースの中身は濃いですし、次走も勝ち負けになる。注目馬。
 
6R3歳新馬 注目レース・馬
勝ったアンアヴェンジドを取り上げる。
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 アンアヴェンジド 序盤ペースが遅かった事もあって、ちょっと行きたがる素振りを見せていたが、ペースが上がってからは非常に楽だった。4角で射程圏に取り付くと直線は楽な手応えで抜け出して、ゴール前では気合いを抜かさない様に走らせているという感じ。クラスが上がって道中の流れが速くなった方が競馬しやすそうなタイプですし、次走昇級でも楽しみな存在。
 
9R潮来特別 タイムランクBのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
1着 スーサングレート 先行馬が有利だった日曜の傾向をそのまま反映したレースだった。後続を大きく引き離して逃げたスーサングレートがそのまま4コーナーを回ってセーフティーリードで押し切った。結局5馬身差だった。ラップを見てみると、序盤は結構速くて、中盤ガクンとペースが落ちて残り400mから200mの間を11秒8で駆けている。要するに逃げて溜めて、他馬が加速する前にスパートするという理想的なラップを刻んでの勝利だった。丸田騎手らしい思い切った騎乗が光った。ただ、時計が速かったからと言って次走も同様の運びができるかとなると疑問。今後人気下がった時にあくまで穴馬として狙うべきレベルの馬だと思う。
4着 ルイーザシアター 1番人気で4着だった。この馬ホント動きたい時にスッと動ける器用さというのがなかなか無い。馬自身の能力は高く評価していたが、今後も長距離出走なら確実に人気になるので、疑って妙味有りじゃないかなと思う。
 
10RブラッドストーンS 注目レース・馬
勝ったニシオドリームを取り上げる。
1着 ニシオドリーム 直線で一旦前が壁になる。そこから外に持ち出してかなりのロスはあったが、外に出して差し切った。以前は前に行って粘るだけの馬だったが、前走から差す競馬を習得して、脚質に幅が出てきた事は今後に向けて明るい材料。これなら距離が1400mに伸びても対応可能ですし、先週で高橋厩舎が解散のため別の厩舎に移る事にはなるが、今が成長期なのは確かですし、オープン昇級でも印は打つべき馬。
 
11R中山記念 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
シルポートがハイペースでレースを引っ張った分全体の時計が押し上げられた印象。タイムランクBはあくまで参考レベルと見て良いと思う。
1着 フェデラリスト 昨年の夏に札幌で1000万クラス2度出走して共に4着だった。当時生観戦していたが、甘い馬だなぁという印象が強かった。そしてもっと振り返れば、昨年の4月には園田競馬のC2クラスに出走していた馬。それがその9ヶ月後にはG3を勝って、その勢いでG2も勝つんですからその成長力には驚かされる。血統面もあるんだろうが、地道に体質強化に努めた陣営の勝利とも言えると思う。今後も2000m前後の距離ならかなりの活躍が期待できますし、海外もちょっと視野に入れ始めたという事なので、非常に楽しみな馬が出てきたなと思う。
2着 シルポート 松岡騎手らしい思い切った騎乗だった。この馬の場合後続に突かれる様な逃げよりかは、大きく離して後続にむしろ脚を使わせる様な逃げの方が良い。その点を考えれば、1400m・1600mよりも現状、1800mの方が自分の形に持ち込みやすいと思う。ただ、この馬も馬券を買うか買わないかというのはあくまで、人気とのバランスを考えてから。この馬人気がない時しか買わない様にしている。
3着 リアルインパクト 3番手追走から伸びずバテずだった。結論から言えば、シルポートの逃げでなし崩しに脚を使わされた印象。それに馬体重もプラス10キロで若干太かったですし、道悪もこの馬には良くなかった。
10着 トゥザグローリー これはよもやの結果だった。トゥザグローリーは道中の行きっぷりは良かったが、いざこう前に追いつこうとする段階になった時に全く反応しなかったですから、1800mの流れに戸惑ったとは思うが、10着はいくらなんでも負けすぎだと思いますし、ハッキリとは言えないが出来落ちを考えるのが妥当な線じゃないかなと思う。
11着 レッドデイヴィス この馬も序盤のポジションは良かったが、徐々に後ろは下がって行く形になって、その後はトゥザグローリーと同様、全く反応できなかった。こちらも道悪を敗因とするにはちょっと負けすぎの印象が強いですし、現状のこの馬のジャッジとしては、強さと脆さが同居するタイプという事で、あまり信用はしにくいなという印象を強く持った。
 
馬券Summary
開幕週の結果から今週の馬場傾向を探る
後ほど
SOD30%OFF
↑SOD30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準