2012年3回中山8日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス2秒2からプラス2秒6へと変動、日曜がプラス1秒0だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、3日目までと先週は雨や風の影響を受けた。一方4日目から6日目はマイナスの馬場差で、特に5日目・6日目は速い時計の出やすいコンディションだった。
中間は土曜日の天気予報に傘マークはあったが、当初は比較的早めに上がって、皐月賞の行われる日曜は良馬場に回復すると思っていた。それが金曜夜から降り始めた雨が、予想以上の雨量となって土曜の夜21時頃まで降っていた。土曜日は不良発表で、馬場差は変動だった。中盤の5R・6Rよりも後半よりの8R・9Rの方が時計が掛かって行っている。日曜は朝の時点で不良に近い重馬場、それでも土曜よりは時計の出る馬場コンディションで、馬場発表は皐月賞の11Rから稍重に回復したが、馬場差は終日対象となる。前開催から雨に祟られ続けた事もあって、3・4コーナーと直線の馬場の内側の傷みが大きくて、土日ともに馬場の中から外の差し馬が上位を賑わしていた。日曜の後半2Rは内と大外の決着だったが、内の馬も決して最内ではない。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス1秒8。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス1秒2だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨や風の影響によって時計の出方は開催日によって、あるいは時間帯で異なる。1800mでは3回開催の初日・2日目、そして8日目がマイナス1秒台で速い時計の出るコンディション。1200mは3回開催の初日と8日目がマイナス1秒台だったのに対し、3日目は強風の影響を受け、かなり時計が掛かっていた。
土日ともに不良発表。ただし、土曜は競馬開催中も雨が降り続けていたために、水が浮いた状態だった。日曜は表面上、その水分が吸収された状態で、脚抜きは断然土曜よりも走りやすかったと思う。土日ともに時計の出るコンディションだが、1800m・1200mともに日曜日の方が高速化している。脚質的には時計が速いからと言って、前が止まりにくい事もなく、差し・追い込みも決まっていた。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/04/15 (日)  芝=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
4R T1600 ユッカマウンテン    牝3 未勝利 1:37.0 +0.9 --- +0.1 +0.8 99 C C
8R T1200 ウインバンディエラ    牡6 袖ケ浦特1000 1:09.4 +0.6 --- ±0 +0.6 100 C D
9R T2000 ヤマニンシャスール    牡5 鹿野山特1000 2:03.3 +2.4 --- +1.4 +1.0 86 E D
11R T2000 ゴールドシップ    牡3 皐月賞G1 2:01.3 +0.1 --- -0.9 +1.0 109 A C
12R T1600 ミヤビファルネーゼ    牡4 春興SH1600 1:35.4 +1.6 --- +0.8 +0.8 92 E C

2012/04/15 (日)  ダ=-1.8 1200m=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 デプロマトウショウ    牝3 未勝利・牝 1:12.2 -0.7 --- +0.5 -1.2 95 D D
2R D1800 ダイワスパンキー    牡3 未勝利 1:53.9 -1.9 --- -0.1 -1.8 101 C D
3R D1200 ビーキュート    牝3 未勝利 1:11.8 -1.1 --- +0.1 -1.2 99 C E
5R D1800 ストローハット    牡3 500万下 1:52.0 -2.8 --- -1.0 -1.8 110 A C
6R D1200 クリノトルネード    牡4 500万下 1:10.4 -1.5 --- -0.3 -1.2 103 B D
7R D1800 コルノグランデ    牡4 500万下 1:53.9 -0.1 --- +1.7 -1.8 83 E D
10R D1200 デュアルスウォード    牡4 京葉SH 1:09.4 -0.7 --- +0.5 -1.2 95 D D

         

1R3歳未勝利
1着 デプロマトウショウ 前回の番組注目馬。かなり相手に恵まれて勝ったが、完全タイム差はマイナス0秒3からプラス0秒5とパフォーマンスを大幅に下げて、ゴール前はちょっとアップアップした。ちょっとキツい面が出てきているだろうか…、間隔を空けた方が良いかもしれない。
 
4R3歳未勝利 注目レース・馬
メンバーランクはCだったが、土日の未勝利の中では割合粒が揃っていた。ちなみに上位4頭は全て牝馬。次走牝馬限定戦に出走ならどの馬も高い確率で勝ち負けになる。
1着 ユッカマウンテン 3走前にパララサルーの勝ったタイムランクA・メンバーランクBの一戦で0秒1差の2着。勝つのも遅すぎたぐらいだが、今回は北村宏司騎手がいつもより早めに動いて、アミカブルナンバーとの競り合いを制した。ゴール前は抜かせない勝負根性が伺えましたし、良馬場ならさらにパフォーマンスアップが期待できる。
2着 アミカブルナンバー 外へ出すのが遅れて、脚を余した前走から今回はユッカマウンテンを徹底マークして進んだ。それでいて、同じ相手に2戦連続して先着されたのですから、現状ちょっと足りないのだと思う。直線ちょっと外に張られる様なところあったが、あれはそれほど影響していないと見ている。それでも芝の未勝利では牡・牝を問わずに上位で、ヒシアマゾンの孫。上も活躍している血統から、まだまだ良化の余地がある。注目馬。
3着 フェニーチェ 3ヶ月ぶりの放牧明けにしては上々の内容だった。これはファルブラヴ産駒なので、以前2着した事のある東京1400mに短縮すればチャンスだと思う。
4着 アクアライン 2着3回の戦績からは、上位3頭に3馬身以上離されたのは不満は不満だが、直線は馬場の悪い内めに入っていた。この点見直しが必要だと思う。
5着 ザキャップ こちらは牡馬だが、今回が初出走だった。それでも調教でも動いていましたし、好馬体の持ち主。次走は変わって来そうですし、ダートのオープン馬メイショウエンジンの全弟に当たる血統から、ダートに出走してきても楽しみだと思っている。
 
5R3歳500万下 タイムランクAのレース
基準より1秒0速い勝ちタイムだった。
1着 ストローハット 前走スプリングSで8着と皐月賞の権利取りに失敗したが、自己条件で賞金加算に成功した形。今回は初ダートだったが、脚抜きの良い馬場状態も功を奏した形。っと言っても完全タイム差はマイナス1秒0で楽勝ですから、ダートの適性自体は高いのだと思う。今後はいろんな路線が考えられるが、芝の道悪以外は条件を問わない面はあると思う。
2着 ドラゴンフォルテ 番組注目馬だった。前走に続いてタイムランクB相当で走っての2着。乾いたダート向きと前走時に言ったが、2戦連続で高速決着のダートで、芝の実績馬に負けたのですから、ちょっとツいていない部分があると思う。500万下はいつでも勝てる馬だが、番組注目馬で2着と内容は完敗だったので、負けは負けなので今回の注目馬は控えておきたいと思う。
 
6R4歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 クリノトルネード 前走ソンガヴァッツォの勝った鞍で、タイム差無しの3着。その完全タイム差はマイナス0秒2で、タイムランクはCだった。今回は連闘で出走して、完全タイム差はマイナス0秒3。コンマ1秒短縮してランクを上げた事になる。3走前に先週の土曜阪神の1000万下を勝ったスマイルタイムの0秒3差3着。比較上昇級しても即通用しそうだが、今回は見習いの杉原騎手という事で、3キロ減が効いた感触もある。狙い馬は控えたいと思う。
 
7R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
 
9R鹿野山特別 タイムランクEのレース
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
 
11R皐月賞 タイムランクAのレース
前半1000m59秒1、この日の馬場にしてはかなりのハイペースだと思う。まだゼロスが粘っていて、2番手がメイショウカドマツだが、その内を突いてスルスル伸びて来たのがゴールドシップ。一方のワールドエースは大外。グランデッツァの外まで来たが、よくそこから2着に届いたと思う。ゴールドシップは完勝だが、ワールドエースもディープブリランテを交わして2番手に上がった。
基準より0秒9速い勝ちタイムだった。なお、メンバーランクはCだった。タイムランクが上がったのは、逃げたゼロスが前半1000m59秒1のハイペースで飛ばした事もあるが、対して1着・2着のゴールドシップとワールドエースは3コーナーまで最後方。つまり、かなりのスローペースの位置で競馬をした事になる。そこから首位争いまで追い上げた脚力はG1回顧でも触れたが、半端ではなかった。2強と言っても良いかもしれない。
1着 ゴールドシップ 道中はワールドエースと共に最後方に位置していた。4コーナー、大外に出したワールドエースに対して、内田博幸騎手は内を突いて上がって行く。良いところと悪いところのギリギリみたいなところ。他馬が、みんな外を回る事を余儀なくされた中で、コーナーワークを利して一気に遅れを取り戻した。これはショートカット騎乗かなという気がする。もちろん内と言っても最内ではありませんし、この日の馬場を読んだ的確な読みが光った一戦だと思う。皐月賞の2馬身半差は強い訳ですし、バテる馬ではありませんし、東京の高速上がりにも共同通信杯で対応しているところを見せている。2冠の可能性は十分だが、ただ、今回のこの完勝は馬場と騎手の好判断も若干味方した事は含んでおきたいと思う。
==内田博幸騎手==
最初は外に出そうかなと思っていたが、みんな外へ行っていたので、僕の馬は道悪を嫌がる馬じゃないので、調教とかで乗ってそういう風な感触をつかめていたので、そんなに外に行きすぎない方が良いなと思って、内に切り替えて、内に切り替えた時に良い伸びをしてくれていたので、あ、これはも全然大丈夫だと思ってすかさず内を狙ってそのまま行った。東京の方がもっとこの馬味が出ると思うので、是非東京でまたこの芦毛の馬体が1着になれる様に僕も導きたいなと思っている。
2着 ワールドエース スタート後にしばらく行ってからマイネルロブストがちょっと前に入ってくる。これにちょっと自らの左前脚の蹄鉄をぶつけてしまって、ガクンと落馬寸前のアクシデントがあった。この不利は大きかったと思うが、その後すぐ平静さを取り戻して自分の競馬に徹していた。この修正能力がこの馬凄いと思う。それと終いの脚、上がり推定600m34秒9はゴールドシップに0秒3劣るが、内と大外、走った距離を考えると内容は決して劣らないと思う。次は広く、直線の長い東京、この持久力のある末脚がフルに活きる条件。今まで2世代のディープインパクト産駒を見てきたが、最も父に近い走りをする馬。ダービーが約束の地になりそうな感じがする。注目馬。
3着 ディープブリランテ 1にも2にも折り合いが鍵の馬。スタンド前で一旦折り合ったかに見えたが、外のゼロスがメイショウカドマツに競りかけて行った際に、これを見てハミを噛んでしまった。それでも向正面過ぎには折り合えて、好位から抜けるこの馬のパターンには持ち込めている。大分折り合いもマシになって来たと思う。後は距離と底力。前2頭とはこの点で若干差がある気がする。
4着 コスモオオゾラ 仮に前日の馬場でやっていればと、恐らく柴田大知騎手はそんな思いだと思うが、これは贅沢というもの。この日の馬場でもこの馬の適性に味方していたと思う。中山2000m巧者らしい競馬はできている。東京2400mになっても良馬場では不利だが、道悪にでもなれば、一応注意しておきたい存在。
5着 グランデッツァ 今回▲と評価を下げた。2つ理由があって、1つは時計がない事、もう1つはラジオNIKKEI杯3着のレースぶりから言って、2000mは長いのではないかなという部分。馬場はこういう馬場状態ですから、時計がない事はマイナスにはならなかったと思うが、4コーナーを回ってワールドエースと一緒に追い込んで来て、置かれたのはやっぱり距離が若干長い感じがある。(マルセリーナの弟ですから…)ダービーは距離がちょっと長くなるのがどうかなと、逆に仮にNHKマイルC辺りを使ってくれば面白い存在かなと思っている。
==M.デムーロ騎手==
前回は渋った馬場をこなしてくれたが、今日の馬場では道中滑りながら走っている感じでダメだった。大外枠でもあったし、外外を回らされたのも堪えた。その分伸びきれなかった。
 
12R春興S タイムランクEのレース
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
2着 ロイヤルクレスト 外差し傾向の先週の芝で、唯一逃げて連対を果たした馬だった。しかも今回は7ヶ月ぶりの骨折休養明けで、馬体にも余裕があった。1000万勝ちがタイムランク・メンバーランク共にBの高レベル。東京にも勝ち鞍があり、Eランクでも軽く見ない方が良いと思う。
 
ポイント
ステイゴールド vs ディープインパクト
後で更新します。
h.m.p30%OFF
↑h.m.p30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差