アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2012年1回中京8日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
中京はコースも改修されているので、現時点では基準タイムを設定せず、完全タイム差や馬場差そしてタイムランクも表示していない。表示しているのはメンバーランクのみとなっている。
先週の土日で比較すれば、日曜の方が馬場が乾いて時計は出やすくなっていた。土曜の勝ち馬は6頭の内5頭が中団・後方から差して来た馬。総じて外を回った馬が優勢だった。5Rを勝ったヘリオスフィアや11R2着のヤマカツゴールドの様に直線内から伸びて来た馬も居るが、終始内を通って来た訳ではない。一方日曜日は逃げ切りがあり、内ラチ沿いを差しきった馬もいて、むしろ内を通る馬が目立っていた。G1回顧の2着サンカルロの所でも触れたが、傾向としては土日で変わっていた。
先週の放送でダート1800m戦の古馬500万下のレースで1分51秒6と開催で最も速い時計が出たと言っていたが、先週の土曜9Rの古馬500万下で1分51秒3のタイムが出た。さらに速かった。やっぱり雨の影響が大きかったと思う。日曜は馬場も回復して、土曜より時計が掛かっていた。あと土日を通して脚質的には逃げ・先行馬の活躍馬が目立っていたのも注目事項。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/03/25 (日)  芝=+2.2 → +2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
3R T1600 カロッサル    牡3 未勝利 1:40.2 +3.6 --- +0.9 +2.7 91 S D
4R T2000 エックスマーク    牡3 未勝利 2:06.1 +2.6 --- +0.4 +2.2 96 D C
7R T2000 フェアリーレイ    牝5 500万下 2:03.7 +1.7 --- -0.8 +2.5 108 B C
9R T1200 シュプリームギフト    牝4 三河特別1000 1:10.9 +1.4 --- +0.2 +1.2 98 C C
10R T2200 トウカイパラダイス    牡5 名古屋城1600 2:18.8 +4.8 --- +1.9 +2.9 81 S C
11R T1200 カレンチャン    牝5 高松宮記G1 1:10.3 +1.8 --- +0.6 +1.2 94 D C

2012/03/25 (日)  ダ=-1.4 → -0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1800 シゲルサクランボ    牝3 未勝利・牝 1:55.2 -0.1 --- +1.3 -1.4 87 E D
2R D1800 マイネルアクロス    牡3 未勝利 1:53.9 -1.4 --- ±0 -1.4 100 C D
5R D1200 アドマイヤオンリー    牝5 500万下・牝 1:11.9 -0.6 --- +0.3 -0.9 97 D D
6R D1400 サンライズサルーテ    牡4 500万下 1:25.5 +0.3 --- +1.3 -1.0 87 E D
8R D1900 リアルアヴェニュー    牡5 500万下 1:59.0 -1.3 --- -0.1 -1.2 101 C D
12R D1800 ダノンフィーバー    牡6 瀬戸特別1000 1:53.3 +0.5 --- +1.4 -0.9 86 E C

         

3R3歳未勝利 タイムランクSのレース
2着 アポロドーロス 前回の番組注目馬だった。勝った馬とはコース取りの差。力は示した。次走も勝ち負けになると思う。
 
4R3歳未勝利 注目レース・馬
このレースは上位人気5頭が掲示板に載った。全体のメンバーランクはCだったが、上位5頭はBランクのレベルにある。
好位から早めに抜け出したトウショウバラードが内目から抜け出し、踏ん張っているところを外からフェデラルホールとエックスマークが伸びて来て、その後にエックスマークが叩き合いを制して1着となった。
1着 エックスマーク 2着が3回続いていたが、今回は間隔がちょっと開いていたが、仕上がっており断然の支持に応える勝利だった。堅実なタイプで昇級しても圏内。
2着 フェデラルホール 外を伸びて来た。スタートで遅れながらも、長く脚を使っていますし、4戦目でようやく素質を発揮してきた。次走引き続き注意。
3着 トウショウバラード 大外枠から内目に入れて、早めに動きながらも先着2頭には0秒1差。今回外枠で少し前へ行ったが、本来は差してきた方が良い馬だと思う。次走引き続き注意。
4着 ザグレース 出遅れながらも追い上げて来た。次走引き続き注意。
5着 レッドプレイヤー 伸び切れなかった。次走引き続き注意。
 
7R4歳上500万下 注目レース・馬
1着 フェアリーレイ フェアリーレイは1年7ヶ月ぶりの勝利だった。この馬の強さばかりが目立って、2着エーブフウジンに8馬身差をつけていた。時計が掛かっていた1回中京において、古馬500万では優秀なタイムだった。今回のフェアリーレイは若手の藤懸騎手が騎乗して減量となり、前走から斤量は3キロ減。これも勝因だと思うが、デビューから17戦目にして初めて逃げの手に出た事も大きかったのではないだろうか。もう一つはコースとの相性。旧中京で5着・2着・3着、そして新装コースで4着、そして今回が1着と全て掲示板に載っている。今後の出走予定はわからないが、仮に2回中京に出走した場合は注意が必要。
7着 ゴールデングローブ 前回の番組注目馬だった。全く伸びなかった。馬場が堪えたとしか思えない。力そのものは上位なので、次走は巻き返して来ると思っている。
 
8R4歳上500万下 注目レース・馬
1着 リアルアヴェニュー 浜中騎手の好判断で、離して逃げる形での楽勝だった。本来器用なタイプではないので、小倉の様な小回りは不得手。広いコースで伸び伸び走れば、能力全開のタイプ。昇級しても広いコースなら軽視はできないと思う。
2着 アドマイヤジャコモ 休み明けを一叩きした前走、変わり身を見せていたが、今回はさらに良化した。勝ち馬は強かったが、好位から上手い立ち回りで2着は安泰だった。引き続き上位候補。
3着 ライジングサン これは未勝利の身で前走500万下を楽勝して、当然の1番人気だった。ただし、今回は前走ほどのダッシュがなくて、好位の外めのレースになって伸び切れなかった。前走負かしたラインレグルスがその後2着・1着と来ている事から、レースのレベルは決して低くはなかったと思う。追って味がある訳ではないので、先行して力任せのレースをすれば巻き返して来ると思う。
 
11R高松宮記念 メンバーランクはCだった。エーシンダックマンが先手を取って直線、一杯になってしまってカレンチャンが2番手から先頭に立つ。その外がダッシャーゴーゴー、内を突いて来たのが1番人気のロードカナロア。この3頭かなと思ったが、外から一気に伸びてくるのがピンクの帽子のサンカルロ。カレンチャン1馬身ぐらいリードするが、サンカルロがゴールでクビ差まで迫っていた。
1着 カレンチャン 1回使ってテンションの高さがほど良い気合い乗りに変わっていた。馬体を含めて大きく変わったという感じはないが、香港遠征で少し輸送に時間がかかったという事なので、前走のオーシャンSよりは苦しさが抜けて来た感じがある。馬が楽になったという感じがパドックでした。エーシンダックマンの2番手から正攻法で勝ちきる強い競馬。昨年秋のスプリンターズS、これは国際級の相手も居ましたし、あれを勝った時点で既にフラワーパーク・ビリーヴ級と思っていた、今回でG1の勝ち数でも追いついた、そんな感じ。
==池添謙一==
今日競馬乗る時からたくさんのお客さんがこの競馬場に脚を運んでるなぁと思っていて、ここで勝ったら気持ち良いだろうなぁと思っていたが、本当に良い結果を出すことができて良かった。2番手で正攻法で勝ちに行く競馬で最後まで凌いでくれたので、強かったと思う。抜け出してからは凄く直線が長くて、新しくなって中京競馬場直線長いなぁと思いながら、何とか凌いでくれと思いながら追っていた。春の最大目標は高松宮記念と決まっていましたし、その中でしっかり結果を出せたので、本当にカレンチャンは大したもの。
2着 サンカルロ 一昨年が旧中京コースで直線窮屈になって4着。昨年は急坂の阪神で2着とパフォーマンスを上げた。今回は坂に加えて直線が長くなる新中京という事で、条件が揃っていた。また外枠というのも、先々週までの中京1200mではむしろ有利に映った。ところがこの日は何故か馬場が乾いて来て、内有利にちょっとなって行った。結果的にこの17番枠が逆に少し不利になってしまったんだと思う。それでも吉田豊騎手はいつもより前めの位置で競馬をさせて、最高に乗っていると思う。結果勝ちきれませんでしたし、まだ1200mで勝ち鞍が無い様にあと100mあったらという感じはあるが、いずれチャンスはモノにする可能性はあると思う。
3着 ロードカナロア 好発を決めた後インに控えて、今週最後の週、馬場の良いはずの内を通って来た。ただ、直線に向いてからカレンチャンとエーシンダックマン、横にマジンプロスパーといった馬の中に入ってしまって、ちょっと窮屈になってしまう。結果的にインのラチ沿いに行ったが、少しカレンチャンが寄って来て、また少し狭くなる。今までのパターンから言うとかなりキツい競馬を強いられている。それでいてゴール前ダッシャーゴーゴーを差して3着。別に悲観する材料ではないと思う。この経験が糧になって秋にはカレンチャンと肩を並べるか、上を行くか、それぐらいの名スプリンターになって行くと思う。
==福永祐一騎手==
いつも通りにスタートも良かったし、内の方も馬場が良くなっていたので、そのまま進んだ。この枠でも上手く乗れたと思うし、イメージ通りのレースはできたけどね。今日は初めてG1馬が相手、体はしっかりして来ているので、またチャンスはあると思う。
4着 ダッシャーゴーゴー 最近ちょっとリズムが悪かったが、この馬の場合は前半のペースに変わらず、自分自身34秒0の通過ラップで600mを入ると一番切れる脚を使えると思っている。ところが中京の1200mというのは前半が速くならない。この馬自身4番手でも自身の通過ラップは3ハロン35秒0。これだと少し掛かって行ってしまう。しかも外枠という事で4コーナーちょっと行きすぎているかなといった感じはあった。それでも直線は実にしぶとかったですから、馬自身は決して衰えている所はないと思う。もう少し速い流れになれば、どっかのG1で一発が期待できると思う。
5着 マジンプロスパー 初めてのG1ですから善戦だと思う。ただ、やはり1200mだと最後のひと伸びが足りない気がする。やっぱり1400mがベストかなと。
11着 ジョーカプチーノ 4番人気だった。以前は1200mでも実績があったが、今は1400m以上の方が良い様。という事は今のジョーカプチーノにG1の1200mは忙しいと。その結果ではないだろうか。
 
ポイント
ダートの内田博幸騎手は完璧
後ほど
プレステージ 30%OFF
↑プレステージ 30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差