ヒメカノ ダウンロード販売

2012年1回阪神4日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒5、日曜がプラス1秒5からプラス3秒0へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、阪神の芝も雨の影響で時計の掛かるコンディションが続いている。
土曜の時点で雨の影響が残って、時計の掛かるコンディションだった。日曜日の芝で最初のレースである5R時から雨が降り始めて、後のレースになればなる程時計が掛かっていった。土日とも馬場発表は良だが、実際は道悪だったと考えるべき。脚質的には道悪が進むにつれて前に行った馬が有利になって来た。いずれにしろ開幕週から2週連続の道悪競馬ですから、コースの内側は徐々に荒れ始めていますから、乾いた馬場になれば外差しが効くと思う。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4からマイナス1秒1へと変動した。ここまで4日間全てマイナスの馬場差ですが、開催日で時計の出方が異なる。
日曜については、雨が降っていなかった4Rは1800m対象の数値はマイナス0秒4で一定。午後は雨の降る中レースが行われて、後はレース進むにつれ、時計が出やすくなって行った。ただ、この開催の阪神のダートについては、例えば土曜の中山ダートの様に極限に近い時計の争いにまでは至っていない。ここで推移表を見ると、初日から4日目つまり先週の日曜午前までは開催日毎に水準方向に近づいた、つまり時計が掛かって来た。ただ、日曜後半は雨が降ってマイナス方向に戻って行った事になる。この推移から、雨の影響が無く乾いた馬場になれば、もっと時計が掛かって行って当然だろうという事になる。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/03/04 (日)  芝=+1.5 → +3.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1600 エロイカ    牡3 新馬 1:38.5 +2.5 --- +0.7 +1.8 93 D C
9R T1800 マウントシャスタ    牡3 アルメリ500 1:52.0 +4.2 --- +1.1 +3.1 89 S C
10R T1800 ミッキーパンプキン    牡6 大阪城S 1:48.6 +3.4 --- +1.1 +2.3 89 E D
12R T1600 ロードロックスター    牡6 1000万下 1:38.7 +4.7 --- +1.7 +3.0 83 S C

2012/03/04 (日)  ダ=-0.4 → -1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 サマーハピネス    牝3 未勝利・牝 1:13.4 +0.1 --- +0.4 -0.3 96 D D
2R D1800 テイエムワカタカ    牡3 未勝利 1:54.2 -0.5 --- -0.5 ±0 105 B D
3R D1400 スズカジョンブル    牡3 未勝利 1:26.5 +0.3 --- +0.6 -0.3 94 D D
4R D1800 デコレイト    牝3 新馬 1:57.8 +2.8 --- +2.3 +0.5 77 E D
6R D1200 エスジーブルーム    牝3 500万下・牝 1:12.6 ±0 --- +0.4 -0.4 96 D D
7R D1800 ベストリガーズ    牡4 500万下 1:53.3 +0.2 --- +0.9 -0.7 91 E D
8R D1200 ピルケンハンマー    牡4 500万下 1:12.0 -0.3 --- +0.2 -0.5 98 C D
11R D2000 ゴルトブリッツ    牡5 仁川S 2:02.3 -1.5 --- -0.8 -0.7 108 B D

         

2R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
意外と言っては失礼だが、メンバー構成から想像するよりも時計は速かった。
1着 テイエムワカタカ 今回が初ダートだった。積極的に逃げるとそのまま後続を封じ込めた。ダートに対する適性は高かったという事。ただ、今回は1度も砂を被っていないですし、昇級して揉まれ込んだ時の不安はある。
2着 グレートチャールズ VTR見直せる人は見直して欲しいが、1800m中1400mは引っかかっていた。それでも2着ですから、未勝利クラスなら能力上位は明らか。次走引き続き1800m戦出走でも勝ち負けになるが、1400m戦出走ならもっと信頼できる。注目馬。
4着 サトノシーザー 前回の番組注目馬。前を交わせず、後ろにも差されるという案外な負け方だった。まだまだ気性面に課題が残っている。
 
4R3歳新馬 タイムランクEのレース
基準より2秒3遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳新馬 注目レース・馬
上位3頭は次走も圏内。
1着 エロイカ 勝ったエロイカは道中離れた5・6番手を追走して、直線もギリギリまで追い出し我慢する。坂上からほぼ馬なりのまま一気に抜け出す強い競馬だった。この馬NHKマイルCを制したシンボリインディの下。ですから、1600m前後の距離が良さそうですし、昇級しても上位争いになる。
2着 テディービン 一旦抜け出す場面もありましたから、今回は相手が悪かったと見るべき。500キロある大型馬だけに、次走に向けての上積みは大きい。
3着 タニノシュヴァリエ この馬加速がついてからの脚は良かった。ですから、もう少し距離が伸びた方が良いだろう。
 
7R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
9Rアルメリア賞 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
10R大阪城S タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
メンバーランクがDで、しかも道悪でさらにスローペースの競馬という事で、低調な内容になった。
2着 ショウナンマイティ 差しが届かない馬場の中、外からハナ差の2着まで突っ込んだショウナンマイティだけは、別格と見て良い。言うまでもなくコーナー2回のコースなら次走も上位争い。
 
11R仁川S タイムランクBのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
ゴルトブリッツだけがBランクの対象。
1着 ゴルトブリッツ 先行馬が少ないメンバー構成の中で、終始馬なりで2番手を追走して、その後3コーナーで先頭に立つと追われる事無く、後続を千切った。今回が心房細動明けだったが、そんな影響はみじんも感じられなかったですし、とにかく自分のリズムで走れば強くて、これで再転厩後の道悪競馬では3勝目。ですから、どちらかと言うと脚抜きの良い馬場向きで、次走も有力。
4着 マカニビスティー スローに泣いた口なので、展開が向けば十分やれる馬だと思う。
6着 デスペラード スローに泣いた口なので、展開が向けば十分やれる馬だと思う。
 
12R4歳上1000万下 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
ポイント
本当の中京攻略法
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差