ヒメカノ ダウンロード販売

2012年2回京都5日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒4だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、マイナスゾーンはない。この開催に入ってからは大きく時計が掛かる事はなく、水準か水準に近いレベル。ただ、先週は1週目・2週目よりもやや時計は掛かってきている。
連続開催の後半になって、外も荒れて来たのか、外差しが目立つという事はなかった。むしろ土曜9Rで2着のダークナイサー、10Rで1着のデンコウジュピター、そして日曜6Rの1着コスモルーシーは内から伸びて来ていた。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒6だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催最終週は雨の影響で脚抜きが良く、速い時計が出やすいコンディションだったが、2回開催に入ってプラスの馬場差が続いている。ただ、先週は前半2週ほど時計の掛かるコンディションではなかった。
連対馬の脚質についてだが、特に15鞍の内に8鞍黄色の好位の馬が1着となっている。馬場差がマイナス方向に推移した事によって、少なくとも勝率においては好位の馬の活躍が目に付いた。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/02/11 (土)  芝=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 オソレイユ    牡3 未勝利 1:36.3 +0.8 --- +0.2 +0.3 C C
9R T1800 エアソミュール    牡3 つばき賞500 1:49.6 +1.6 --- +0.6 +0.3 D C
10R T1600 デンコウジュピター    牡4 木津川特1000 1:35.8 +1.9 --- +1.3 +0.3 SL C

2012/02/11 (土)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ダークブレイズ    牡3 未勝利 1:54.5 +0.2 --- -0.2 +0.4 C D
2R D1200 ローレルレジェンド    牡3 未勝利 1:13.6 +0.6 --- +0.3 +0.4 D D
3R D1800 ジョナパランセ    牡3 未勝利 1:55.7 +1.4 --- +1.0 +0.4 E D
4R D1400 マルカリョウマ    牡3 新馬 1:26.2 +0.1 --- -0.2 +0.4 C D
6R D1400 ワイドバッハ    牡3 500万下 1:25.3 +0.2 --- -0.1 +0.4 C D
7R D1200 アイスメアー    牝4 500万下・牝 1:12.8 +0.9 --- +0.6 +0.4 D D
11R D1900 エアマックール    牡7 アルデバH 1:57.3 +0.5 --- +0.1 +0.4 C D
12R D1400 オーシャンフリート    牝4 1000万下・牝 1:25.0 +1.2 --- +0.9 +0.4 E D

         

3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 
6R3歳500万下 注目レース・馬
7着だったキクノストームを取り上げる。
7着 キクノストーム 脚部不安で7ヶ月ぶりの実践だった。プラス12キロは成長分もあると思うが、幾分余裕残しには映った。割と楽なペースで逃げられたが、直線半ばで失速。結果的に休み明けが堪えた形。最後は目一杯に追われてもいませんでしたので、着順を大きく落としたのはまぁご愛敬みたいなところか。しかしデビュー戦で見せたスピード、この時はタイムランクがCで余力たっぷりだった。あのパフォーマンスから考えれば、このクラスでも十分通用するはず。ただし、現状ではスピードで押し切れる1200mの方が良さそう。叩いた次走1200mなら狙ってみたい。
 
10R木津川特別 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
12R4歳上1000万下・牝 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
馬券Summary
後で更新します。
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準