ヒメカノ ダウンロード販売

2012年1回東京1日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。
前2年の開幕週の馬場差がマイナス0秒6、あるいはマイナス0秒5だった。プラスマイナスゼロでスタートしたというのは強い風の影響とも考えられる。JRA発表の馬場発表からもDコース部分は内も外もまっさらに近いですよというニュアンスがくみ取れたが、実際秋開催ではDコースを使用しておらず、見た目にも良好なコンディション。今週以降外的要因が減ると時計が出やすくなるという事も想定しておきたい。また、先週は開催替わりの心理的な影響であるとか、向正面の追い風とかこれらが関わったのか逃げ・先行馬がよどみないペースで引っ張るというケースも少なくなかったと思う。縦長になれば、外からの差しも決まっていた。なお、この開催は全てDコースが使用される。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒5だった。
芝と同様風の影響を無視できないコンディションで行われたダートだが、日曜の8Rまで稍重発表が続いたためとは言え、体力を消耗しやすい状況設定だった。最後の直線は向かい風となり、これが差し・追い込み馬の台頭をやや誇張するかなという様なレースも目に付いた。土曜より時計が掛かった日曜の方がより差し決着の色合いは濃くなった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/01/28 (土)  芝=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 アルディートプリエ    牝3 未勝利 1:36.4 +0.4 --- +0.4 ±0 D D
6R T1400 カフヴァール    牝3 新馬 1:24.1 +0.6 --- +0.3 ±0 D D
8R T2000 アルマフローラ    牝4 500万下 2:00.9 +0.1 --- +0.1 ±0 C D
10R T1400 セイクレットレーヴ    牡3 クロッカ 1:22.4 +0.2 --- ±0 ±0 C C
11R T2000 ヤングアットハート    牡5 白富士S 1:59.6 +0.9 --- +0.9 ±0 E D

2012/01/28 (土)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 スカーレル    牝3 未勝利・牝 1:27.6 +1.3 --- +1.0 +0.3 E C
2R D2100 タイセイモンスター    牡3 未勝利 2:15.3 +1.1 --- +0.3 +0.3 C D
3R D1600 シンボリエンパイア    牡3 新馬 1:40.6 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D
7R D1600 メイスンキャプテン    牡3 500万下 1:38.2 -0.5 --- -0.8 +0.3 A C
9R D1400 ジェネラルノブレス    牡6 春望S1600 1:23.9 +0.4 --- +0.1 +0.3 C D
12R D1600 トキノフウジン    牡5 1000万下 1:37.3 +0.1 --- -0.2 +0.3 C D

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
若干中だるみのスローに近い平均ペースだった。
1着 スカーレル スタートで遅れた1着のスカーレルは、コーナーでも膨れ気味になるなど、ロスのある競馬から差しきったという事、まずまずのメンバー相手に脚力の差を見せつけたという勝利。昇級しても牝馬限定戦なら、マークは必要。
2着 オールドパサデナ 番組注目馬だった。勝ち馬と同じ位置から、鋭さ負けという形だが、この馬自身もしっかり伸びている。すぐに順番は回ってくるだろう。
 
7R3歳500万下 タイムランクAのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
1着 メイスンキャプテン 極端ではないものの、ハイペースだった流れを最大限味方にできた。4コーナーで馬群が凝縮したところで、上手く脚が溜まり、1番最後に追い出す様な形が功を奏したという勝利。これで4戦連続の展開利と言えますので、昇級後は楽観視出来ないと見ている。
2着 ヴィンテージイヤー 展開は向いた。ベストは1400mではないかなというイメージですし、やや頭の高いフットワークでもありますから、今回最後に差されたなりの理由はあると見ている。ちなみにこれで7戦して2着は3回目。
3着 ピグマリオン まだおつりを感じる馬体の作りだった。二の足がつきすぎて、前を深追いした競馬ですから、先行勢唯一の粘りは高評価。2戦目でハイペースを経験したという事は糧となると思うが、理想はもう少し短めの距離かなという気もしている。
5着 サンマルデューク 番組注目馬
スタートは遅かったが、道中は淡々とレースを運べた。ただ、直線では正にどん詰まり状態で、最後だけ立て直して伸びてきたが、脚を余していた。まともなら2着争いはできていたはずで、これは番組注目馬として取り上げてもOKのケースと見ている。注目馬。
 
11R白富士S タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
1着馬と2着馬に関しては今後も軽く扱えないと思う。
1着 ヤングアットハート この中間の追い切りで抜群の動きを披露していた。ここら辺をきっかけにして、ビシビシ鍛えられながら競馬も使って、さらに地力をつけていく可能性もある。
2着 ペルーサ 断然人気のペルーサが2着に敗れたが、8キロ増の体重も示すとおりまだ本調子にないだけだと思う。縦長になったとは言え、実際にはピッタリ平均ペース。ですから、6番手をポツンと進んだ1着のヤングアットハートより後ろの馬というのは実質スローな訳で、このヤングアットハートに最高の競馬をされた結果でもあると思う。
 
馬券Summary
小倉ダート1700m穴なら内枠
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準