アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2018年1回東京4日目

2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒1だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、水準レベルで推移している。
 大きく時計を要している訳ではないが、ここまで馬場差がマイナスにはなっていない。日曜は稍重から良に変更されたが、馬場差は1日を通した数値で土曜よりもいくらか乾いていた。なお、土日のトータルでは連対馬に偏りはなかったが、日曜は差し馬が優位だった。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス1秒1だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒レベルで推移しており、速い時計の出るコンディション。
 雪の影響が残って土日ともに不良馬場だった。週単位で見ると、開幕週よりも先週の方が一層時計が出やすくなっていた。連対馬については、差し馬がダメという事ではないが、日曜は7鞍の内5鞍で逃げ・先行馬が絡んでいた。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2018/02/04 (日)  芝=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 アモーレミオ    牝3 未勝利 1:49.0 +0.1 -0.6 -0.6 +0.1 B C
7R T1800 クラークキー    牡4 500万下 1:48.1 +0.4 -0.6 -0.3 +0.1 C D
9R T2400 ブラストワンピース    牡3 ゆりかも500 2:27.6 ±0 -0.5 -0.6 +0.1 B C
11R T1600 リスグラシュー    牝4 東京新聞G3 1:34.1 +1.1 -0.3 +0.7 +0.1 D B
12R T1400 シャンデリアハウス    牝6 1000万下 1:21.7 ±0 -0.1 -0.2 +0.1 C C

2018/02/04 (日)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ピオレドール    牡3 未勝利 1:25.0 -1.2 --- -0.2 -1.0 C D
2R D2100 ロビンズソング    牡3 未勝利 2:13.5 -0.6 -0.7 +0.1 -1.4 C C
3R D1600 ノヴィア    牝3 未勝利・牝 1:38.3 -1.2 --- -0.1 -1.1 C C
4R D1600 アサクサスポット    牡3 新馬 1:39.5 -0.3 --- +0.8 -1.1 D D
6R D1400 ペイシャエヴァー    牡4 500万下 1:23.8 -1.1 --- -0.1 -1.0 C D
8R D1300 スリラーインマニラ    セ5 1000万下 1:17.4 -0.5 --- +0.4 -0.9 D C
10R D2100 クラシックメタル    セ7 金蹄SH1600 2:09.1 -1.3 -0.3 -0.2 -1.4 C C

         

5R3歳未勝利 タイムランクBのレース
 基準タイムより0秒6速い勝ちタイムだった。上位人気の差し・追い込みで決着した。ペース補正が0秒6入ったように、ペースは緩やかだったが、アモーレミオは34秒3という抜けた脚を見せている。
1着 アモーレミオ  アモーレミオは一昨年の菊花賞で6着に入った現役馬シュペルミエールの妹。新馬戦は1600mを使ったが8着で、2戦目は2000mで3着。今回は1800mで1着だった。距離は明らかに長めの方が良いタイプじゃないだろうか。この勝ち方ができるならオークス向きのはずで、上のクラスはすぐにでも勝てると思いますから、次走以降期待したい。
2着 カーロバンビーナ  次走狙えるのはもう1頭、2着のカーロバンビーナ。使う毎に良くなって来ていて今回も追い出すとちょっとフラフラしてしていたが、外からアモーレミオが来たら走る気を見せて伸び、最後は3着馬をねじ伏せている。次走はいよいよ勝つ番が来るんじゃないだろうか。
 
9Rゆりかもめ賞 タイムランクBのレース
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ブラストワンピースが勝って2戦2勝となった。
1着 ブラストワンピース  ブラストワンピースはもうキャリアの浅さを感じさせない内容で、4コーナー後方から馬群をものともせずグイグイ伸び、2着ドレークに4馬身差をつけた。ペース補正が0秒5入って上がり600m35秒4の上がりの競馬だったが、ブラストワンピースは34秒0で上がっている。それも大外ではなくて、馬群を縫うような形でアレができたというのはちょっと大きい。2400mでこれだけのレースができるとなると、当然ダービーが楽しみになってくる。皐月賞使うかどうか、トライアルでどこを使うのかなどを含めて期待が高まるレースだったと言えると思う。
2着 ドレーク  ブラストワンピースに全て持って行かれた形にはなったが、2着を争いを演じたドレーク・ロジティナこの2頭もよく走っている。1勝馬クラスなら次走期待できると思う。
3着 ロジティナ  ブラストワンピースに全て持って行かれた形にはなったが、2着を争いを演じたドレーク・ロジティナこの2頭もよく走っている。1勝馬クラスなら次走期待できると思う。
7着 イェッツト  1番人気イェッツトが全く伸びず7着だった。敗因はちょっとよくわからないが、この負け方では次走様子見が必要となるだろう。
 
10R金蹄S 注目レース・馬
 ペース補正が入ったように緩やかなペースだった。残り600mから11秒7-11秒6-12秒6で上がり600m35秒9と、とてもダート2100mとは思えないような上がりタイムになった。当然展開的にも前残りの流れで、逃げたカフェブリッツ、2番手を進んだロードシャリオ・クラシックメタルという3頭が直線横に並んで叩き合いになったが、最初に脱落したのは3頭の中では最も人気のあった3番人気カフェブリッツだった。8番人気クラシックメタルと番組注目馬なのになんと7番人気だったロードシャリオの一騎討ちとなって、最後はクラシックメタルが抜け出していた。
1着 クラシックメタル  勝ったクラシックメタルは3ヶ月半の休み明けでプラス8キロが嫌われたかもしれないが、このクラスの安定勢力で前回の休み明けも走っている。前走同じハンデで1番人気だった事を考えると、ちょっと人気がなさすぎたと言えるかもしれない。
2着 ロードシャリオ  番組注目馬となっていたロードシャリオは7番人気で2着だった。番組注目馬なのに7番人気だったロードシャリオ、今回もハンデ2キロ減であり、ちょっといくらなんでも人気がなかったと言えるかもしれない。長距離に実績が無い事が嫌われた要因かもしれないが、3走前10月の赤富士Sでは半年ぶりなのに0秒5差8着だった。今回いかにも狙い頃だったと言えるかもしれない。
5着 モズアトラクション  1番人気モズアトラクションは5着だった。展開はちょっと向かなかった印象だが、3連勝中とは言え初めての1600万下でハンデ55キロはちょっと見込まれた感もあった。流石に単勝2.2倍は人気しすぎだったのではないだろうか。ダートでは前に行く脚がないと、こういう事もあるという典型例ではないだろうか。
 
11R東京新聞杯 重賞プレイバック
 タイムランクはD・メンバーランクはBだった。スタートでダノンプラチナ・サトノアレスが遅れた。バラバラっとしたスタートだった。ペース補正がマイナス0秒3ついたようにスローだった。昨年・一昨年ほどではなかったが、このレースは近年本当に速くならない。1番人気グレーターロンドンが前に行くレースを見せて、驚かされたが直線は伸びず上位に来たのは馬群を切り裂いて差して来た馬たち。そういうレースになった。特にリスグラシューの伸び脚が目立った。
1着 リスグラシュー  勝ったリスグラシュー、一昨年の10月のアルテミスS以来の勝利という事になった。阪神JF以降は2着・3着ばかりで1年数ヶ月勝ちきれなかった。スローの上がり勝負は向いたんでしょうけども、休み明けで55キロも関係ない快勝劇で恐れ入りましたと言うしかない。府中マイルのGI戦線で今年面白い存在になったと言えるだろう。
2着 サトノアレス  2着サトノアレスは長い距離を使われて一時ちょっと不振に陥っていた感もあったが、マイル路線で完全に立ち直ってきた。今年の安田記念の有力馬へ浮上したと言えるだろう。
3着 ダイワキャグニー  3着ダイワキャグニーはいつもより後方、外に位置して直線ジワジワと差を詰めたが、1・2着馬とは枠順の差が出た印象。府中は走る。
4着 デンコウアンジュ  4着デンコウアンジュ。9番人気と人気は無かったが、直線前が開くと鋭い伸びを見せた。マイル向きで今年もヴィクトリアマイルの惑星という感じだろう。
8着 クルーガー  8着クルーガーだが、12キロ減が応えたのか直線インを突いてほとんど伸びなかった。好走と凡走を繰り返すタイプだが、ちょっと心配。
9着 グレーターロンドン  9着グレーターロンドン1番人気だが、ペースを考えれば作戦は悪くなかったはず。結果から言えば、こういうレースが向かないという事なんだろう。
 
12R4歳上1000万下 注目レース・馬
 2番手から抜け出したナンヨーアミーコがよく粘ったが、道中6番手のインでじっとしていたシャンデリアハウスが直線外めへ出すとグイッと伸びて快勝した。
1着 シャンデリアハウス  確かに強いレースだったが、上のクラスで通用するためには少し時間が掛かるかもしれない。
2着 ペルソナリテ  素晴らしいレースを見せたのが2着のペルソナリテ。前残りになりそうなレース展開で残り200mではまだ後方だったが、そこから大外から一気に伸びてゴール前ではわずかに2着に上がっていた。昨年1年間でなんと11戦もした頑丈な馬で、今回は久々に2ヶ月半の休養を入れたが、いつものように追い込んで来て2着した。展開待ちのところもあって、毎回必ず走る訳ではないが、左回りで速く流れそうなレースでは常に買っておきたい。
4着 ショウナンアンセム  同タイムの3着から5着馬の中で強調したいのは4着のショウナンアンセム。最後は惜しくも写真判定で4着だったが、もう少しテンが流れていれば勝ち負けだったんじゃないだろうか。こちらは周りに関係なく堅実に走るタイプ。次走もし中山になっても狙ってみたい。ハンデ戦ならさらに面白いだろう。
13着 アルミレーナ  1番人気のアルミレーナ、13着だったが、スタートで大きく出遅れてしまった。今回は参考外。人気を落とすようなら次走狙ってみても面白かもしれない。
 
馬券Summary
4回中京・1回中京の狙い馬
 例年差し馬が活躍する中京芝。中京芝で先行した馬を次走狙おうという試みをこの番組でもいつもやらせていただいている。毎年ある程度の成果を上げている。今回も何か何とかできないかという事で、昨年暮れの4回中京、今年の1回中京、連続開催でしたので前走中京芝で前へ行った馬について計算してみた。これらの開催の芝のレースについて、いろいろと検索・計算した結果、
4コーナー5番手以内、そして9着以内だった馬が次も芝のレースを使ってきた時という条件が最も良い結果を残せた。先々週までのデータで言うと、74回出走して1着12回・2着8回・3着10回。勝率は16.2%、連対率は27%、3着内率は40.5%だった。なおかつ単勝回収率が137%・複勝回収率114%ですから、買い続ければ儲かるという事。なので、ここを狙いたい。実はここに先週のデータは入っていないが、先週のグローリーヴェイズがきさらぎ賞で2着するなど、この条件で14頭出走して、7頭が3着以内だった。3着内率は先週に関して言うと、50%だった。この中にはゆりかもめ賞で6番人気2着だったドレーク。箱根特別で9番人気3着だったトータルソッカーも含まれる。穴馬も結構いた。従って今年はこの条件を高らかにここに宣言したい。特に今週からは、小倉が始まりますから、小倉でこの条件に当てはま馬が大暴れするんじゃないかと信じて狙い撃ちしたい。
Hunter30%OFF
↑Hunter30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準