2018年1回京都2日目

2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜・日曜がマイナス0秒6、月曜はプラス0秒4からプラス1秒9へと変動した。
 昨年秋の開催で雨の中の競馬が多くて、その影響が残っているようで土日はマイナスの馬場差ではあるが、雨の影響を受けていない1回京都1週目としては速い馬場ではなかった。雨が降った月曜は最初から最後まで稍重だったが、後半は一気に時計が掛かるようになった。同じ稍重でも5Rと11Rでは2000m換算で1秒5も時計が掛かるようになっているので、注意したいところ。また、月曜日の後半は稍重という馬場発表のイメージ以上に重馬場をこなせるかどうかが鍵になっていた。秋にダメージを受けた馬場を修復はもちろんしているが、完全ではなくレースの最中に雨が降ると一気に時計が掛かるようになるという馬場。月曜日の雨のダメージが今週末にどのぐらい影響するのか読めないが、良馬場でもプラスの馬場差になるかもしれない。また、1回京都の前半と言えば内有利というのが定番で、実際に先週も内を通る馬の好走は多かったが、スローペースのレースが多かったという影響もある。ある程度のペースになれば、外目を通る差し馬も間に合っていた。昨年10月のAコースを使用していた開催の時にかなりダメージを受けていた影響だと思う。今週以降はさらに外差しが決まるようになるはず。関西は例年通り年明けは京都の連続開催で、1回開催はAコース、そして2回開催がBコース使用となる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒6、月曜はプラス0秒4からマイナス0秒4へと変動した。ここまで3日間の馬場差を確認しておくと、土日は終日プラスの数値でやや時計が掛かっていたが、月曜は後になるほど時計が出やすくなって行った。
 まず土日だが、乾燥していてかなり時計の掛かる馬場になっていた。そして月曜日は朝から稍重だったが、午前中はプラスの馬場差で雨の強くなった午後は徐々に高速化して行った。時計が掛かっていた土日も途中から徐々に高速化した月曜も前残りの行った行ったあり、ズブズブの差し競馬ありとバラエティに富んでいた。これは要するに各レースのペースの違いという問題。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2018/01/07 (日)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ラセット    牡3 未勝利 1:34.5 -1.0 --- -0.5 -0.5 B B
8R T2200 アインザッツ    牡5 500万下 2:13.9 +0.1 --- +0.8 -0.7 D C
10R T2000 トリオンフ    セ4 寿S1600 1:59.1 ±0 --- +0.6 -0.6 D C
11R T3000 トミケンスラーヴァ    牡8 万葉SH 3:07.0 +1.4 -0.6 +1.7 -0.9 E D
12R T1600 ブランドベルグ    セ6 1000万下 1:34.1 +0.2 --- +0.7 -0.5 D C

2018/01/07 (日)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 スリーヘリオス    牡3 未勝利 1:13.1 +0.1 --- -0.3 +0.4 B C
2R D1800 シンコーメグチャン    牝3 未勝利・牝 1:56.4 +2.1 -1.0 +0.5 +0.6 D D
3R D1200 マルモマリア    牝3 新馬 1:14.1 +0.9 --- +0.5 +0.4 D C
6R D1800 テイエムディラン    牡3 500万下 1:53.9 +0.5 --- -0.1 +0.6 C C
7R D1800 スズカブルグ    牡4 500万下 1:54.2 +1.6 -0.6 +0.4 +0.6 D C
9R D1800 アスターゴールド    牡4 舞鶴特別1000 1:53.0 +1.2 --- +0.6 +0.6 D C

         

3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。スリーヘリオスがダートに転じて2走目で勝ち上がった。
1着 スリーヘリオス スリーヘリオスは大外枠からすぐに好位へ取り付き、ずっとスムーズに運んでの快勝。最後までしっかり追っていても余裕はまだありそうでしたが、ギリギリのBランクであり、圧勝ではあるが昇級してすぐに通用するとも言いにくい。
2着 ライリー 0秒9差の2着ライリー、3着ブライトエンパイアはDランク相当で着順だけで次走人気になると危ないと言うパターンではある。ライリーは今回が初ダートでそれで砂をかぶっても問題なかったのは収穫。
3着 ブライトエンパイア 0秒9差の2着ライリー、3着ブライトエンパイアはDランク相当で着順だけで次走人気になると危ないと言うパターンではある。ブライトエンパイアは内枠で前半詰まったりで窮屈になっていただけに、スムーズならもっと走れる可能性はある。
 
5R3歳未勝利 タイムランクBのレース
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。京都・中京で2走続けて2着だったラセットが初勝利を挙げた。
1着 ラセット ラセットは2走前に京都芝1600mで自身の完全タイム差マイナス0秒7で走っており、同じ京都1600mなら完全タイム差マイナス0秒5での勝利は順当。ただ、2走前と今回の上がり600mは35秒3。スローペースからレース上がり34秒7だった前走は差し損なっており、昇級して瞬発力勝負だと不安はある。
2着 カンタービレ 番組注目馬
2着のカンタービレは早めに先頭に立って、勝ち馬の目標にされて差されただけという2着。タイムも優秀で次走はかなり有力。
3着 ラノカウ 3着ラノカウは4コーナーから直線にかけてズブさを見せて差を広げられたが、最後はジワジワと差を詰めている。4コーナー付近でフワフワしていたのは、新馬戦の時も同じで精神面の成長が欲しいところだが、勝つだけの能力はあると思う。
 
11R万葉S タイムランクEのレース
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
 
馬券Summary
なぜ内有利だったのか
 京都金杯だが、内枠が有利・外枠が先行して内を通らなければ厳しいという結果が長く続いていたが、今年は枠連6-8。4コーナーで9番手と7番手の差し馬が1着・2着となった。京都金杯と言うか、1回京都の芝が内有利だったのは前年の10月の京都がAコースで行われた後、11月の京都でBコースとCコースが使用され、そこから1ヶ月明けただけで年明けの京都がAコースで行われてきたため。2ヶ月温存されていたその内側の状態が良く、そこを通れないと非常に厳しかったが、昨年10月の4回京都は後半4日間の芝の馬場差も全て設定不能になるほど雨に祟られた。そのダメージが抜けきっておらず、今年の1回京都は例年のような内有利の芝では無いという事。京都金杯の過去10年の傾向といったものを集計すると、6枠より外は勝った事が無いという内枠有利の傾向が出てくるが、この内有利という傾向は京都のコース形態によるものですはなく、前年秋のコース移動によって1回京都の芝が内有利になっているというだけ。前年秋のコース移動パターンが変わったり、1回京都の使用コースが変わったりすれば、内有利ではなくなる可能性がありますし、今年のように前年秋の天候の影響が残る場合もある。
 一方フェアリーS。今年は外枠が勝ったが、勝ち馬の多くが1枠から4枠であるという事とは、これは意味が違う。こちらは中山芝1600mが内枠有利のコース形態をしているという事に由来している。
30%OFFセール
↑30%OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準