ヒメカノ ダウンロード販売

2018年1回中京2日目

2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。
 暮れの開催のAコースからBコースへ移り、年末年始に2週間シート養生をしていたので高速化する可能性もあったが、昨年末より時計の掛かる馬場になっていた。月曜から火曜にかけての雨がどの程度影響していたのか判断できなかったが、もし先週の馬場に雨の影響があったのなら、今週は馬場差がマイナス方向に動く可能性はある。なお、土曜夜の雨は日曜の時計の出方に影響するほどではなかった。Bコース1週目でも内有利という馬場ではなく、外からの差しもよく届いていた。この開催は全てBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒5だった。
 月曜から火曜にかけて雨が降り、金曜に凍結防止剤が散布されて乾かなくなり、土曜は稍重だったが良馬場に近い状態だった。また、雨が降ってすぐに木曜日に凍結防止剤が散布された京都とは違って、粘りけのある馬場にはならず馬場差はマイナスだった。土曜の夜に雨が降ったが、日曜の方が乾いていて、日曜日は良馬場。ただし、馬場差は稍重だった土曜とほとんど変わっていなかった。1着馬だけ見れば、逃げ・先行馬が多いが、ダートでは普通の事。直線の長いコースらしく差し・追い込み馬も上位に来ていた。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2018/01/14 (日)  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ハナソメイ    牝3 新馬 2:04.8 +2.1 -0.9 +1.3 -0.1 SL C
7R T1600 リバティハイツ    牝3 未勝利 1:36.2 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D
11R T1400 ココファンタジア    牝5 知立特別1000 1:21.4 +0.4 --- +0.5 -0.1 D D
12R T2200 コールストーム    牡4 金山特別500 2:14.3 +0.5 -0.4 +0.2 -0.1 C C

2018/01/14 (日)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 コリーヌヴェルト    牡3 未勝利 1:56.5 +1.3 -0.7 +1.1 -0.5 E D
2R D1400 アシャカデッシュ    牡3 未勝利・若 1:26.8 +0.4 --- +0.8 -0.4 E C
3R D1200 コロニアルスタイル    牝4 500万下・牝 1:13.0 +0.5 --- +0.8 -0.3 E D
6R D1800 クルークハイト    牝4 500万下・牝 1:53.7 +0.1 --- +0.6 -0.5 D C
8R D1400 キンイロジャッカル    牡4 500万下 1:25.3 +0.2 --- +0.6 -0.4 D D
9R D1900 ローデルバーン    牡5 500万下 2:00.8 +0.3 --- +0.8 -0.5 D D
10R D1200 マニクール    牝3 ごぎょう500 1:13.0 +0.2 --- +0.5 -0.3 D C

         

1R3歳未勝利 タイムランクEのレース
 基準より1秒1遅い勝ちタイム。
 
2R3歳未勝利 タイムランクEのレース
 基準より0秒8遅い勝ちタイム。
 
3R4歳上500万下 タイムランクEのレース
 基準より0秒8遅い勝ちタイム。
 
5R3歳新馬 タイムランクSのレース
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
馬券Summary
中山ダート1200mはなぜ外枠有利なのか
 中山ダート1200mと言えば、外枠有利。
これは数字にもハッキリ出ているが、よく言われる「外枠の方がスタート直後の芝の部分を長く走れるから有利」というのはちょっとはあるのだろうが、根拠としては正しくないと思う。ちなみに、同じ芝スタートのダート、例えば京都ダート1400mは外枠不利でもないが、外枠有利でもない。この一般論としてスタートから最初のコーナーまでの距離が長いほど外枠有利になりやすく、その後のコーナーの半径が小さいほど外枠有利になりやすいという事がある。スタートから最初のコーナーまでが長いと最初のコーナーに入るまでに馬群が縦長になりやすく、外枠でもその後極端に外を回る必要もなく、距離損が少ない。そしてコーナー半径が小さいと内ピッタリを回った場合に窮屈になりやすく、外で伸び伸びと走っている事のアドバンテージが大きいという事。
中山のコース図。中山ダート1200mというのは、スタートから最初のコーナーつまり、3コーナーまでおよそ500mある。なおかつ、コーナーの半径というのが、小回りコースと言われている札幌よりも小さい。外枠有利になる要素が2つ揃っているだけであって、芝を長く走れるかどうかはあまり関係ない。また、中山ダート1200m、スタートからずーっと下り坂が続く。なので、前半のペースが速くなりやすく、従って3コーナーでは縦長になっている確率が高い。外を回る不利が非常に小さい上に、内の先行馬が急激にバテて下がってくる事も多く、内の好位にいると特に不利を受けやすいという事。
 ちょっと話が京都に飛ぶが、京都ダート1400m。こちらはスタートから3コーナーまでおよそ600mとかなり長いが、その前半部分が登り坂でペースが上がりにくくてなおかつその後3コーナー・4コーナーが大きい。そのため外枠有利と言うほどではなくなっている。話を中山ダート1200mに戻すと外枠有利なのは、このコースの形によるものであって、スタート地点の芝はそれほど関係ない。内の好位にいると、先行した馬がバテて来た、下がってきた時に不利を受けやすいが、内から先行してなおかつバテないだけの力がある馬なら、それは関係ないという事。近年は中山ダート1200mですら、超ハイペースが減っているので、内枠の先行馬を内枠だからという理由で嫌うのは得策ではないと思う。
Hunter30%OFF
↑Hunter30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準