2018年1回中京6日目

2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒8だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、1週目がマイナス0秒1、2週目がプラス0秒5、そして先週がプラス0秒8と顕著に時計が掛かってきている。
 先週土曜は雪の影響が残って稍重。日曜は良馬場ではあったが、乾ききった訳ではなくその上同じBコース使用での最終日で時計が掛かっていた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、マイナス0秒6からマイナス0秒4の間で推移しており、大きな動きはなかった。
 1回中京のダートは良か稍重で行われたが、馬場発表で時計の出方に明確な差はなかった。先週も凍結防止剤はまかれたが、時計の出方は変わらなかった。なお、連対馬の脚質にも目立った偏りはなかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2018/01/28 (日)  芝=+0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
7R T2000 アイスバブル    牡3 未勝利 2:03.4 +1.0 -0.6 -0.4 +0.8 B C
9R T1200 ユアスイスイ    牝4 500万下 1:10.1 +1.0 -0.1 +0.4 +0.5 D D
10R T2000 レイズアベール    牝4 西尾特別500 2:03.3 +2.3 -0.4 +1.1 +0.8 SL D
11R T1200 タイセイスターリー    牡4 長篠S1600 1:09.2 +0.9 --- +0.4 +0.5 D C

2018/01/28 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ミスズフリオーソ    牡3 未勝利 1:55.9 +0.7 --- +1.1 -0.4 E D
2R D1400 ナイトスプライト    牝3 未勝利 1:27.5 +1.1 --- +1.4 -0.3 E D
3R D1200 メジャーガラメキ    牝6 500万下・牝 1:13.0 +0.5 --- +0.8 -0.3 E D
6R D1800 カフジキング    牡5 500万下・若 1:53.5 -0.1 --- +0.3 -0.4 C C
8R D1400 ティアップサンダー    牡6 500万下 1:25.2 +0.1 --- +0.4 -0.3 D D
12R D1200 アデレードヒル    牝5 大須特別1000 1:12.2 +0.3 --- +0.6 -0.3 D D

         

1R3歳未勝利 タイムランクEのレース
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
 
2R3歳未勝利 タイムランクEのレース
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
 
3R4歳上500万下・牝 タイムランクEのレース
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
 
7R3歳未勝利 タイムランクBのレース
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。上位人気馬の争いとなり、アイスバブルがアリュマージュ・ムーンレイカーを敗って勝った。
1着 アイスバブル 勝ち馬の中から次走注目できる馬
 勝ったアイスバブルは好スタートを控えて、インの4・5番手。ペースが落ちた中間の600mでも掛かる素振りを見せず、持ったままで4コーナーを回って直線インを突いてきっちり差し切っていた。アイスバブルは1600万下のグリュイエールの全弟。現役オープン馬のマウントロブソンや菊花賞3着馬ポポカテペトルの近親に当たる。スローに折り合って上がりの脚を使える能力はいかにも芝中距離向き。今からクラシック戦線に乗るのは、結構難しいとは思うが、早めに1勝クラスを勝ち上がってトライアルを使えれば、あるいはという楽しみもある。
2着 アリュマージュ  2着アリュマージュ・3着ムーンレイカーもいずれ勝ち上がる力は持っている。
3着 ムーンレイカー  2着アリュマージュ・3着ムーンレイカーもいずれ勝ち上がる力は持っている。
 
10R西尾特別 タイムランクSのレース
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
 
11R長篠S 注目レース・馬
1着 タイセイスターリー  前走で大きな不利があったタイセイスターリーが勝った。前走1番人気で浜松Sに出走したが、内枠が災いして直線前が全く開かず、ほとんど追えないまま9着でゴールインしていた。次走外枠を引いたらと思っていたら今回大外枠。こうなるとちょっと負けられない。外から押して前へ、先手を取りきってしまってそのまま直線も押し切った。2着以下とは能力が違う印象のレースとなった。勝った坂井瑠星騎手だが、オーストラリアに遠征中で、今週だけ帰国して乗った。16鞍乗って計4勝と遠征の成果を見せた。次回の帰国は5月頃という事だが、今から楽しみ。
 
馬券Summary
現3歳世代ダート種牡馬ベスト5
 ダート戦線たけなわですので、今年の3歳ダート戦線、新種牡馬が活躍して従来とは大分様相が違っている印象がある。ここで1度まとめておきたいと思う。先週までのJRAダート競走の種牡馬成績ベスト5の表をご覧下さい。
 なんと言ってもヘニーヒューズの活躍がダート戦線を変えたと言えるだろう。勝ち鞍は他を圧倒して2位以下の倍近くある。しかも連対率・複勝率ともに2位と。さらに複勝回収率4位に入っていて、これだけ活躍しているのに、回収率も高いという事なのですから、まだ完全にはバレてはいない。今だからこそヘニーヒューズ買いたいなという結論が出る。連対率・複勝率はキングカメハメハが1位だが、キングカメハメハ産駒はどうしてもダートでも人気になってしまう傾向にある。これなら、連対率・複勝率ともに高いハードスパン。それから勝ち鞍は少ないものの、単複の回収率で1位のスマートファルコンが狙い目じゃないだろうか。2月はダートが馬券成績分けるので、この辺りを踏まえつつダート戦線を効率的に狙ってみてはいかがでしょうか。
Hunter30%OFF
↑Hunter30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準