2018年2回京都3日目

2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス1秒0だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値で特に前の開催6日目以降は時計の掛かるコンディション。
 良馬場発表ではあったが、連続開催後半で雪の影響が残って時計の掛かる馬場になった。9鞍中7鞍で逃げ・先行馬が連対。ほとんどのレースでペース補正が入っており、このような結果になったのはペースの影響もあるが、馬場が荒れているとは言え、差し有利ではない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒7だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値。
 先週については、凍結防止剤は散布されていないが、先々週までと同じく時計の掛かる馬場だった。ともかくここ4週、1日を通じて良馬場だった日は1回もないが、脚抜きの良い馬場ではない。上位馬の脚質については、土曜は目立った偏りはないが、日曜は逃げ・先行馬が目立ち、6鞍中5鞍で連対している。京都ダートという事を踏まえても前に位置した馬が目立った。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2018/02/03 (土)  芝=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ナリタハーデス    牡3 未勝利 1:36.9 +1.4 -0.3 +0.3 +0.8 C B
6R T2000 スズカテイオー    牡3 新馬 2:05.4 +3.0 -1.1 +0.9 +1.0 SL C
9R T2000 ダノンディスタンス    牡4 稲荷特別1000 2:01.4 +1.6 -0.3 +0.3 +1.0 C C
10R T1600 レッドサクヤ    牝3 エルフィ 1:35.6 +1.2 --- +0.4 +0.8 D D

2018/02/03 (土)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 アンフィニスター    牝3 未勝利・牝 1:56.5 +2.2 --- +1.5 +0.7 E C
2R D1800 キタサンタイドー    牡3 未勝利 1:55.0 +0.7 --- ±0 +0.7 C D
3R D1400 モンサンフィエール    牡3 未勝利 1:26.1 +0.2 --- -0.3 +0.5 B C
4R D1200 メープル    牝3 500万下 1:13.1 +0.8 --- +0.3 +0.5 D C
7R D1400 メイショウギガース    牡4 500万下 1:25.0 +0.5 --- ±0 +0.5 C C
8R D1800 タイユール    牡6 500万下 1:53.4 +0.8 --- +0.1 +0.7 C D
11R D1900 ナムラアラシ    牡5 アルデバ 1:57.9 +0.7 --- ±0 +0.7 C D
12R D1200 シンゼンスタチュー    セ5 1000万下 1:12.9 +1.6 --- +1.1 +0.5 E D

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
 
3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ダートに転じて成績が安定してきたモンサンフィエールが圧勝だった。
1着 モンサンフィエール  ダートに変わってから3着・2着・2着と堅実に走っていたモンサンフィエールが断然の1番人気に応えて圧勝した。これまでは中団ぐらいに位置して差して来ていたが、今回4番手。前の3頭を見ながら、直線残り200mで外から並びかけるとあっさり抜け出して、5馬身差をつけてしまった。当然上のクラスでも十分やれると思われるが、今回は相手関係とハイペースで上がりが掛かる展開にも恵まれた。前に行けないのなら、今後はもう少し距離を伸ばしても面白いのかもしれない。
3着 メイショウバイタル 解説者次走推奨馬
 2着以下で狙えるのは3着に敗れたメイショウバイタルだろう。ハイペースの2番手を追走しながら、一瞬は勝つかという見せ場を作っている。6戦して全て4着以内。次走辺り、そろそろ順番が来るのではないだろうか。
 ハイペースでの2番手追走から一瞬は勝ったかという見せ場を作った。ただ、やっぱり今回は相手がちょっと悪かった。それから展開的にもちょっと恵まれなかった。これは次走は勝てるんじゃないかという風に見て、この馬を推奨馬にする。
 
6R3歳新馬 タイムランクSのレース
 前半ないし中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
11RアルデバランS 注目レース・馬
 前半から速いラップで進み、直線では2・3番手から抜け出した4番人気マイネルオフィール、1番人気ラインルーフの争いになるかと思われたが、これでも早かった。直線後方にいたナムラアラシが満を持して追い出して、追い込み勝ち。同じような位置にいた初ダートのアングライフェンが2着に入った。
1着 ナムラアラシ  1・2着馬は明らかに展開がハマった印象で、特にナムラアラシは長距離でハイペースのレースが得意で、今回全て上手く行った。
2着 アングライフェン  2着アングライフェンは6歳で初ダートですから驚きで、今回全て上手く行った印象だが、こういうケースの次走難しい。人気なら狙いは下げたいが…。
3着 ラインルーフ  次走狙うとすれば、やはり3着ラインルーフの方だろう。もう少しペースが落ち着けば、オープン特別ならいつでも勝てる。
4着 マイネルオフィール  4着マイネルオフィールも今後へ向けて手応えを感じられたと思う。すぐには難しくてもいつかはオープンでも勝ち負けになるだろう。
 
12R4歳上1000万下 タイムランクEのレース
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
 
馬券Summary
4回中京・1回中京の狙い馬
 例年差し馬が活躍する中京芝。中京芝で先行した馬を次走狙おうという試みをこの番組でもいつもやらせていただいている。毎年ある程度の成果を上げている。今回も何か何とかできないかという事で、昨年暮れの4回中京、今年の1回中京、連続開催でしたので前走中京芝で前へ行った馬について計算してみた。これらの開催の芝のレースについて、いろいろと検索・計算した結果、
4コーナー5番手以内、そして9着以内だった馬が次も芝のレースを使ってきた時という条件が最も良い結果を残せた。先々週までのデータで言うと、74回出走して1着12回・2着8回・3着10回。勝率は16.2%、連対率は27%、3着内率は40.5%だった。なおかつ単勝回収率が137%・複勝回収率114%ですから、買い続ければ儲かるという事。なので、ここを狙いたい。実はここに先週のデータは入っていないが、先週のグローリーヴェイズがきさらぎ賞で2着するなど、この条件で14頭出走して、7頭が3着以内だった。3着内率は先週に関して言うと、50%だった。この中にはゆりかもめ賞で6番人気2着だったドレーク。箱根特別で9番人気3着だったトータルソッカーも含まれる。穴馬も結構いた。従って今年はこの条件を高らかにここに宣言したい。特に今週からは、小倉が始まりますから、小倉でこの条件に当てはま馬が大暴れするんじゃないかと信じて狙い撃ちしたい。
ながえスタイル30%OFF
↑ながえスタイル30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準