2014年2回福島1日目

開催一覧
2014/12/28 (日)
中山 阪神
2014/12/27 (土)
中山 阪神
2014/12/21 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/20 (土)
中山 阪神 中京
2014/12/14 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/13 (土)
中山 阪神 中京
2014/12/07 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/06 (土)
中山 阪神 中京
2014/11/30 (日)
東京 京都
2014/11/29 (土)
東京 京都
2014/11/24 (月)
東京 京都
2014/11/23 (日)
東京 京都
2014/11/22 (土)
東京 京都
2014/11/16 (日)
東京 京都 福島
2014/11/15 (土)
東京 京都 福島
2014/11/09 (日)
東京 京都 福島
2014/11/08 (土)
東京 京都 福島
2014/11/02 (日)
東京 京都 福島
2014/11/01 (土)
東京 京都 福島
2014/10/26 (日)
東京 京都 福島
2014/10/25 (土)
東京 京都 福島
2014/10/19 (日)
東京 京都 福島
2014/10/18 (土)
東京 京都 福島
2014/10/14 (火)
京都
2014/10/13 (月)
東京
2014/10/12 (日)
東京 京都
2014/10/11 (土)
東京 京都
2014/10/05 (日)
新潟 阪神
2014/10/04 (土)
新潟 阪神
2014/09/28 (日)
新潟 阪神
2014/09/27 (土)
新潟 阪神
2014/09/21 (日)
新潟 阪神
2014/09/20 (土)
新潟 阪神
2014/09/14 (日)
新潟 阪神
2014/09/13 (土)
新潟 阪神
2014/09/07 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/09/06 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/31 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/30 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/24 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/23 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/17 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/16 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/10 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/09 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/03 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/02 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/07/27 (日)
福島 中京 札幌
2014/07/26 (土)
福島 中京 札幌
2014/07/20 (日)
福島 中京 函館
2014/07/19 (土)
福島 中京 函館
2014/07/13 (日)
福島 中京 函館
2014/07/12 (土)
福島 中京 函館
2014/07/06 (日)
福島 中京 函館
2014/07/05 (土)
福島 中京 函館
2014/06/29 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/28 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/22 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/21 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/15 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/14 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/08 (日)
東京 阪神
2014/06/07 (土)
東京 阪神
2014/06/01 (日)
東京 京都
2014/05/31 (土)
東京 京都
2014/05/25 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/24 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/18 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/17 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/11 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/10 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/04 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/03 (土)
東京 京都 新潟
2014/04/27 (日)
東京 京都 福島
2014/04/26 (土)
東京 京都 福島
2014/04/20 (日)
中山 阪神 福島
2014/04/19 (土)
中山 阪神 福島
2014/04/13 (日)
中山 阪神 福島
2014/04/12 (土)
中山 阪神 福島
2014/04/06 (日)
中山 阪神
2014/04/05 (土)
中山 阪神
2014/03/30 (日)
中山 阪神 中京
2014/03/29 (土)
中山 阪神 中京
2014/03/23 (日)
中山 阪神
2014/03/22 (土)
阪神 中京
2014/03/21 (金)
中山 中京
2014/03/16 (日)
中山 阪神 中京
2014/03/15 (土)
中山 阪神 中京
2014/03/09 (日)
中山 阪神
2014/03/08 (土)
中山 阪神
2014/03/02 (日)
中山 阪神 小倉
2014/03/01 (土)
中山 阪神 小倉
2014/02/24 (月)
東京
2014/02/23 (日)
東京 京都 小倉
2014/02/22 (土)
東京 京都 小倉
2014/02/18 (火)
東京
2014/02/17 (月)
東京
2014/02/16 (日)
京都 小倉
2014/02/15 (土)
京都 小倉
2014/02/10 (月)
東京
2014/02/09 (日)
京都 小倉
2014/02/08 (土)
京都 小倉
2014/02/02 (日)
東京 京都
2014/02/01 (土)
東京 京都
2014/01/26 (日)
中山 京都 中京
2014/01/25 (土)
中山 京都 中京
2014/01/19 (日)
中山 京都 中京
2014/01/18 (土)
中山 京都 中京
2014/01/13 (月)
中山 京都
2014/01/12 (日)
中山 京都
2014/01/11 (土)
中山 京都
2014/01/06 (月)
中山 京都
2014/01/05 (日)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス1秒1だった。
 土曜は稍重でスタートして5Rから良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。雨の影響は残っていたも、速い時計の出るコンディションだったと言えるだろう。日曜は土曜よりも乾いて、馬場差としては若干ではあるが、マイナス方向に大きくなった。連対馬を見ると、前へ行って内を立ち回った馬が粘っていた。土日を合わせて14鞍の内10鞍で逃げ・先行馬が連対という感じだった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒6からマイナス1秒2へと変動、日曜がマイナス1秒0だった。
 土曜は馬場発表が重から稍重に変更されたが、馬場差も変動となった。時間の経過とともに徐々に水準方向に近づいて行く普通の変動。ただし、変動の幅はそれほど大きくなかった。日曜は終日稍重で馬場差も安定していた。土曜日の終わりよりも少しだけ水準に近づいて、馬場差はマイナス1秒0だった。いずれにしろ土日ともに高速馬場。福島らしく、前の組での決着が多かったが、特に土日で5連対した逃げ馬の活躍が目立った。


  タイム分析
 2014/07/05 (土)  芝=-1.0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1800 ロジチャリス    牡2 未勝利 1:50.0 +0.4 --- +1.3 -0.9 E D 8.36
3R T1200 ブリッツカイザー    牡3 未勝利 1:08.8 -1.0 --- -0.4 -0.6 B D 9.67
5R T1000 ハタノガイスト    牡2 新馬 0:57.7 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D 8.36
6R T1800 サンアグライア    牝3 未勝利・牝 1:48.3 -0.5 --- +0.4 -0.9 D C 8.17
8R T1200 ユキノアイオロス    セ6 500万下 1:08.5 -0.7 --- -0.1 -0.6 C D 8.50
10R T2600 レイトライザー    牡4 開成山特500 2:40.6 -0.1 -0.6 +0.6 -1.3 D C 5.38
11R T1200 メイショウスザンナ    牝5 テレビユ1600 1:07.8 -0.6 --- ±0 -0.6 C D 7.81
 2014/07/05 (土)  ダ=-1.6 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 レイズアセイル    牝3 未勝利・牝 1:46.6 -0.5 --- +1.1 -1.6 E E 9.92
4R D1150 ダイワコンシード    牝3 未勝利 1:07.5 -1.7 --- -0.6 -1.1 B D 8.50
7R D1700 マハーシュリー    牝3 未勝利 1:46.7 -0.4 --- +1.0 -1.4 E D 8.00
9R D1700 ティアップレーヴ    牝4 猪苗代特1000 1:44.3 -0.9 -0.3 +0.1 -1.3 C C 9.63
12R D1700 チャンスメイク    牡3 500万下 1:45.3 -0.7 --- +0.5 -1.2 D C 8.93


  馬券Summary
巴賞から函館記念を考える
巴賞は函館記念の重要なステップレースだが、過去10年の函館記念において、前走が巴賞だった馬が5勝2着6回3着3回と連対馬の半数以上を占めている。5勝の内訳は巴賞1着から4着馬が各1勝で、残る1頭は巴賞11着だった。ただ、よくよく調べてみると、この5勝のうち3勝が同一馬。2005年から2007年で勝ったエリモハリアー。エリモハリアーのような馬が再び現れるとはちょっと考えにくいので、2008年以降6年間でデータを取り直してみる。この内2009年は札幌開催。すると前走巴賞だった馬は2勝2着4回3着3回と。巴賞が重要なステップレースである事には変わりないが、近年の傾向からは巴賞については函館記念で1着よりも2・3着の方が多いことがわかる。また、2008年以降の2勝はそれぞれ巴賞で3着・4着だった馬で巴賞1着馬はなんと2008年のフィールドベアのみで2着1回のみ。フィールドベアが2着しただけ。ここ5年連続して巴賞1着馬は4着以下に沈んでいる。過去3年は連続して巴賞1着馬が1番人気だったのに、4着以下に沈んでいる。これはちょっと勝ち馬はどうなのかなという感じがある。さらに2着3回3着3回は巴賞5着から8着馬。しかも、巴賞で4番人気以内だった馬が1勝2着3回3着3回とよく頑張っている。巴賞から函館記念に向かう馬を狙うなら4番人気以内で5着から9着ぐらいだった馬を狙うべきじゃないかと。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai