2014年2回京都2日目

開催一覧
2014/12/28 (日)
中山 阪神
2014/12/27 (土)
中山 阪神
2014/12/21 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/20 (土)
中山 阪神 中京
2014/12/14 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/13 (土)
中山 阪神 中京
2014/12/07 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/06 (土)
中山 阪神 中京
2014/11/30 (日)
東京 京都
2014/11/29 (土)
東京 京都
2014/11/24 (月)
東京 京都
2014/11/23 (日)
東京 京都
2014/11/22 (土)
東京 京都
2014/11/16 (日)
東京 京都 福島
2014/11/15 (土)
東京 京都 福島
2014/11/09 (日)
東京 京都 福島
2014/11/08 (土)
東京 京都 福島
2014/11/02 (日)
東京 京都 福島
2014/11/01 (土)
東京 京都 福島
2014/10/26 (日)
東京 京都 福島
2014/10/25 (土)
東京 京都 福島
2014/10/19 (日)
東京 京都 福島
2014/10/18 (土)
東京 京都 福島
2014/10/14 (火)
京都
2014/10/13 (月)
東京
2014/10/12 (日)
東京 京都
2014/10/11 (土)
東京 京都
2014/10/05 (日)
新潟 阪神
2014/10/04 (土)
新潟 阪神
2014/09/28 (日)
新潟 阪神
2014/09/27 (土)
新潟 阪神
2014/09/21 (日)
新潟 阪神
2014/09/20 (土)
新潟 阪神
2014/09/14 (日)
新潟 阪神
2014/09/13 (土)
新潟 阪神
2014/09/07 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/09/06 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/31 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/30 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/24 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/23 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/17 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/16 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/10 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/09 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/03 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/02 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/07/27 (日)
福島 中京 札幌
2014/07/26 (土)
福島 中京 札幌
2014/07/20 (日)
福島 中京 函館
2014/07/19 (土)
福島 中京 函館
2014/07/13 (日)
福島 中京 函館
2014/07/12 (土)
福島 中京 函館
2014/07/06 (日)
福島 中京 函館
2014/07/05 (土)
福島 中京 函館
2014/06/29 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/28 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/22 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/21 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/15 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/14 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/08 (日)
東京 阪神
2014/06/07 (土)
東京 阪神
2014/06/01 (日)
東京 京都
2014/05/31 (土)
東京 京都
2014/05/25 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/24 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/18 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/17 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/11 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/10 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/04 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/03 (土)
東京 京都 新潟
2014/04/27 (日)
東京 京都 福島
2014/04/26 (土)
東京 京都 福島
2014/04/20 (日)
中山 阪神 福島
2014/04/19 (土)
中山 阪神 福島
2014/04/13 (日)
中山 阪神 福島
2014/04/12 (土)
中山 阪神 福島
2014/04/06 (日)
中山 阪神
2014/04/05 (土)
中山 阪神
2014/03/30 (日)
中山 阪神 中京
2014/03/29 (土)
中山 阪神 中京
2014/03/23 (日)
中山 阪神
2014/03/22 (土)
阪神 中京
2014/03/21 (金)
中山 中京
2014/03/16 (日)
中山 阪神 中京
2014/03/15 (土)
中山 阪神 中京
2014/03/09 (日)
中山 阪神
2014/03/08 (土)
中山 阪神
2014/03/02 (日)
中山 阪神 小倉
2014/03/01 (土)
中山 阪神 小倉
2014/02/24 (月)
東京
2014/02/23 (日)
東京 京都 小倉
2014/02/22 (土)
東京 京都 小倉
2014/02/18 (火)
東京
2014/02/17 (月)
東京
2014/02/16 (日)
京都 小倉
2014/02/15 (土)
京都 小倉
2014/02/10 (月)
東京
2014/02/09 (日)
京都 小倉
2014/02/08 (土)
京都 小倉
2014/02/02 (日)
東京 京都
2014/02/01 (土)
東京 京都
2014/01/26 (日)
中山 京都 中京
2014/01/25 (土)
中山 京都 中京
2014/01/19 (日)
中山 京都 中京
2014/01/18 (土)
中山 京都 中京
2014/01/13 (月)
中山 京都
2014/01/12 (日)
中山 京都
2014/01/11 (土)
中山 京都
2014/01/06 (月)
中山 京都
2014/01/05 (日)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4だった。まずここまで9日間の馬場差を振り返っておく。1回京都では水準に近づいて行って、最終日はプラスマイナスゼロだったが、開催が変わってマイナス方向に戻した。
 週半ばの雨の影響は残っていたが、先週からBコースに変わって先々週よりも時計は出やすくなった。ただ、この開催は最終週までこのままBコースが使用されるので、前開催と同様水準に近づいて行くと思われる。上位馬の脚質・コース取りについては、目立った偏りは見られなかったと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておく。1回開催はプラス0秒6だった7日目を除くと水準前後の馬場差だったが、先週は今年の京都のダートでは初めて土日ともにマイナスの数値だった。
 土曜日は稍重でスタートしたように、雨の影響が残っていくらか時計は出やすくなっていた。凍結防止剤の散布もなかったので、シンプルに考えて良いと思う。ただ、脚抜きが良いという程ではなかった。なお、その土曜だが途中で良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値になっている。


  タイム分析
 2014/02/02 (日)  芝=-0.4  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ネオヴァリアント    牡3 未勝利 1:36.9 +1.4 --- +1.7 -0.3 E C
6R T2000 トーセンマタコイヤ    牡3 新馬 2:03.0 +0.6 -0.8 +0.2 -0.4 C C
9R T1800 ダノンフェニックス    牡6 春日特別1000 1:48.2 +1.5 -0.3 +1.6 -0.4 SL C
10R T2400 ラストインパクト    牡4 松籟SH1600 2:31.2 +5.8 -1.7 +4.6 -0.5 SL C
11R T1200 ストレイトガール    牝5 シルクロHG3 1:07.4 -0.5 -0.2 -0.5 -0.2 B D
 2014/02/02 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 マーシレス    牡3 未勝利 1:13.0 ±0 --- +0.3 -0.3 D D
2R D1800 アグネスオラシオン    牡3 未勝利 1:55.1 +0.8 --- +1.2 -0.4 E D
3R D1400 メイショウオセアン    牡3 未勝利 1:25.3 -0.6 --- -0.3 -0.3 B C
4R D1200 コーリンベリー    牝3 500万下 1:11.6 -0.7 --- -0.4 -0.3 B C
7R D1800 サウンドビガレス    牡5 500万下 1:52.7 +0.1 --- +0.5 -0.4 D D
8R D1200 エイシンパラダイス    牝4 500万下・牝 1:12.6 +0.7 --- +1.0 -0.3 E D
12R D1800 タイセイバスター    牡4 1000万下 1:53.4 +1.6 -1.0 +1.0 -0.4 SL D
京都1R 未勝利 
7着 マッセナ 解説危険
吉岡哲哉 次走危険馬
新馬戦が2着、そして次の未勝利戦で3着。いずれもダート1400mだったが、今回は距離を短縮してダート1200mを使って来た。戦績からこの組み合わせなら1番人気に推されるのも当然だが、こちらも負け方が良くない。4コーナーまでは良い感じだったのに、そこからさっぱり。タイムランク・メンバーランクともにDのレースで7着だが、すぐに人気は下がらないから次走1400mに戻したとしても過信は禁物だと思う。

  馬券Summary
ゴールドアリュール産駒を狙え!
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai