2014年1回京都2日目

開催一覧
2014/12/28 (日)
中山 阪神
2014/12/27 (土)
中山 阪神
2014/12/21 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/20 (土)
中山 阪神 中京
2014/12/14 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/13 (土)
中山 阪神 中京
2014/12/07 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/06 (土)
中山 阪神 中京
2014/11/30 (日)
東京 京都
2014/11/29 (土)
東京 京都
2014/11/24 (月)
東京 京都
2014/11/23 (日)
東京 京都
2014/11/22 (土)
東京 京都
2014/11/16 (日)
東京 京都 福島
2014/11/15 (土)
東京 京都 福島
2014/11/09 (日)
東京 京都 福島
2014/11/08 (土)
東京 京都 福島
2014/11/02 (日)
東京 京都 福島
2014/11/01 (土)
東京 京都 福島
2014/10/26 (日)
東京 京都 福島
2014/10/25 (土)
東京 京都 福島
2014/10/19 (日)
東京 京都 福島
2014/10/18 (土)
東京 京都 福島
2014/10/14 (火)
京都
2014/10/13 (月)
東京
2014/10/12 (日)
東京 京都
2014/10/11 (土)
東京 京都
2014/10/05 (日)
新潟 阪神
2014/10/04 (土)
新潟 阪神
2014/09/28 (日)
新潟 阪神
2014/09/27 (土)
新潟 阪神
2014/09/21 (日)
新潟 阪神
2014/09/20 (土)
新潟 阪神
2014/09/14 (日)
新潟 阪神
2014/09/13 (土)
新潟 阪神
2014/09/07 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/09/06 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/31 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/30 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/24 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/23 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/17 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/16 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/10 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/09 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/03 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/02 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/07/27 (日)
福島 中京 札幌
2014/07/26 (土)
福島 中京 札幌
2014/07/20 (日)
福島 中京 函館
2014/07/19 (土)
福島 中京 函館
2014/07/13 (日)
福島 中京 函館
2014/07/12 (土)
福島 中京 函館
2014/07/06 (日)
福島 中京 函館
2014/07/05 (土)
福島 中京 函館
2014/06/29 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/28 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/22 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/21 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/15 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/14 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/08 (日)
東京 阪神
2014/06/07 (土)
東京 阪神
2014/06/01 (日)
東京 京都
2014/05/31 (土)
東京 京都
2014/05/25 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/24 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/18 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/17 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/11 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/10 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/04 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/03 (土)
東京 京都 新潟
2014/04/27 (日)
東京 京都 福島
2014/04/26 (土)
東京 京都 福島
2014/04/20 (日)
中山 阪神 福島
2014/04/19 (土)
中山 阪神 福島
2014/04/13 (日)
中山 阪神 福島
2014/04/12 (土)
中山 阪神 福島
2014/04/06 (日)
中山 阪神
2014/04/05 (土)
中山 阪神
2014/03/30 (日)
中山 阪神 中京
2014/03/29 (土)
中山 阪神 中京
2014/03/23 (日)
中山 阪神
2014/03/22 (土)
阪神 中京
2014/03/21 (金)
中山 中京
2014/03/16 (日)
中山 阪神 中京
2014/03/15 (土)
中山 阪神 中京
2014/03/09 (日)
中山 阪神
2014/03/08 (土)
中山 阪神
2014/03/02 (日)
中山 阪神 小倉
2014/03/01 (土)
中山 阪神 小倉
2014/02/24 (月)
東京
2014/02/23 (日)
東京 京都 小倉
2014/02/22 (土)
東京 京都 小倉
2014/02/18 (火)
東京
2014/02/17 (月)
東京
2014/02/16 (日)
京都 小倉
2014/02/15 (土)
京都 小倉
2014/02/10 (月)
東京
2014/02/09 (日)
京都 小倉
2014/02/08 (土)
京都 小倉
2014/02/02 (日)
東京 京都
2014/02/01 (土)
東京 京都
2014/01/26 (日)
中山 京都 中京
2014/01/25 (土)
中山 京都 中京
2014/01/19 (日)
中山 京都 中京
2014/01/18 (土)
中山 京都 中京
2014/01/13 (月)
中山 京都
2014/01/12 (日)
中山 京都
2014/01/11 (土)
中山 京都
2014/01/06 (月)
中山 京都
2014/01/05 (日)
中山 京都
  馬場コメント
 1週目の芝の馬場差2000m対象の数値は日曜月曜ともに、マイナス1秒0だった。
 例年の1回京都よりも速い時計の出るコンディションだった。前年の10月の京都が芝がAコースで行われ、11月の京都がBコースとCコース。そして年明けの1回京都がAコースというこのパターンは、もう今年で5年連続だが、1ヶ月間保護されていた内側4mの馬場状態が良いので、過去4年と同じように今年も前と内が有利という馬場だった。しかも例年の1回京都より速い時計の出るコンディションなので、後方から外を回していると厳しかった。この開催は全てAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は日曜がプラス0秒1、月曜がプラス0秒3だった。
 馬場差は水準レベルで、なおかつ1・2着馬の脚質と言うか、道中の位置取りもいろいろバラエティに富んでいて、何か偏りがあるという馬場でもなかったという事は、補足することはないということ。


  タイム分析
 2014/01/06 (月)  芝=-1.0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 エイシンスパルタン    牡3 未勝利 1:34.1 -1.4 --- -0.6 -0.8 B B 9.63
6R T2000 グッドスピリッツ    セ3 新馬 2:04.0 +1.6 -1.3 +1.3 -1.0 SL C 7.55
9R T2200 ロッカデバルディ    牡4 許波多特1000 2:13.3 +0.2 -0.7 +0.6 -1.1 D C 5.36
10R T1600 フィエロ    牡5 新春S1600 1:32.8 -0.5 --- +0.3 -0.8 C C 5.14
11R T3000 タニノエポレット    牡7 万葉SH 3:07.0 +1.6 -0.9 +2.2 -1.5 E E 7.67
 2014/01/06 (月)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 エノラブエナ    牡3 未勝利 1:55.3 +1.0 --- +0.7 +0.3 D D 6.94
2R D1800 ゴットロブロイ    牡3 新馬 1:56.0 +1.4 --- +1.1 +0.3 E C 8.69
3R D1400 ハンマークラビア    牝3 未勝利 1:26.3 +0.4 --- +0.2 +0.2 C C 8.57
4R D1800 タイセイクルーズ    牡3 500万下 1:54.7 +1.3 -0.3 +0.7 +0.3 D D 9.22
7R D1800 グランプリブラッド    牡5 500万下 1:52.8 +0.2 --- -0.1 +0.3 C C 7.15
8R D1200 ジェネシスロック    牡4 500万下 1:12.4 +0.5 --- +0.3 +0.2 D C 7.69
12R D1200 アフリカンハンター    牡6 1000万下 1:12.1 +0.8 --- +0.6 +0.2 D D 8.93

京都4R 3歳500万下 
3着 レッドアルヴィス 解説危険
大川浩史 次走危険馬
まず逃げたミヤジカールソンを捕まえられなかった上にさらに後ろから来たタイセイクルーズにも完全に伸び負けして差されてしまった。このレース単体を見ても、全くほめるところのない3着だと思う。この馬そもそも1勝目はタイムランクEでしたから、今回の単勝1.9倍というのはちょっと買われすぎ。カレンブラックヒルの弟という血統背景などがあるので、次走も人気は落ちないはずですから、嫌って良いのかなと思う。
京都10R 新春S 
3着 ウイングザムーン 解説推奨
大川浩史 次走推奨馬
1400mで好走続けて来たアドマイヤムーン産駒が1600mに出走して来ても苦しいだろうと思っていたが、正攻法で進めて直線半ばでいったん先頭に立った。その後に2頭に差されている辺りが1600mはちょっと苦しいという事だと思うが、なんとこの開催の4週目に石清水Sという1400mのドンピシャのレースがある。次走はそこだろうと、そういう当たりをつけておいて、ここで挙げておく。

  馬券Summary
今の中山芝ではディープインパクト産駒は軽視
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai