2010年5回阪神7日目

開催一覧
2010/12/26 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/25 (土)
中山 阪神 小倉
2010/12/19 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/18 (土)
中山 阪神 小倉
2010/12/12 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/11 (土)
中山 阪神 小倉
2010/12/05 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/04 (土)
中山 阪神 小倉
2010/11/28 (日)
東京 京都
2010/11/27 (土)
東京 京都
2010/11/21 (日)
東京 京都 福島
2010/11/20 (土)
東京 京都 福島
2010/11/14 (日)
東京 京都 福島
2010/11/13 (土)
東京 京都 福島
2010/11/07 (日)
東京 京都 福島
2010/11/06 (土)
東京 京都 福島
2010/11/01 (月)
東京
2010/10/31 (日)
東京 京都 福島
2010/10/30 (土)
京都 福島
2010/10/24 (日)
東京 京都 福島
2010/10/23 (土)
東京 京都 福島
2010/10/17 (日)
東京 京都
2010/10/16 (土)
東京 京都
2010/10/10 (日)
東京 京都
2010/10/09 (土)
東京 京都
2010/10/03 (日)
中山 阪神 札幌
2010/10/02 (土)
中山 阪神 札幌
2010/09/26 (日)
中山 阪神 札幌
2010/09/25 (土)
中山 阪神 札幌
2010/09/20 (月)
阪神 札幌
2010/09/19 (日)
中山 阪神
2010/09/18 (土)
中山 札幌
2010/09/12 (日)
中山 阪神 札幌
2010/09/11 (土)
中山 阪神 札幌
2010/09/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/09/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/08/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/22 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/08/21 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/15 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/08/14 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/08 (日)
新潟 小倉 函館
2010/08/07 (土)
新潟 小倉 函館
2010/08/01 (日)
新潟 小倉 函館
2010/07/31 (土)
新潟 小倉 函館
2010/07/25 (日)
新潟 小倉 函館
2010/07/24 (土)
新潟 小倉 函館
2010/07/18 (日)
新潟 小倉 函館
2010/07/17 (土)
新潟 小倉 函館
2010/07/11 (日)
福島 阪神 函館
2010/07/10 (土)
福島 阪神 函館
2010/07/04 (日)
福島 阪神 函館
2010/07/03 (土)
福島 阪神 函館
2010/06/27 (日)
福島 阪神 函館
2010/06/26 (土)
福島 阪神 函館
2010/06/20 (日)
福島 阪神 函館
2010/06/19 (土)
福島 阪神 函館
2010/06/13 (日)
東京 京都
2010/06/12 (土)
東京 京都
2010/06/06 (日)
東京 京都
2010/06/05 (土)
東京 京都
2010/05/30 (日)
東京 京都
2010/05/29 (土)
東京 京都
2010/05/23 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/22 (土)
東京 京都 新潟
2010/05/16 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/15 (土)
東京 京都 新潟
2010/05/09 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/08 (土)
東京 京都 新潟
2010/05/02 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/01 (土)
東京 京都 新潟
2010/04/25 (日)
東京 京都 福島
2010/04/24 (土)
東京 京都 福島
2010/04/19 (月)
福島
2010/04/18 (日)
中山 阪神 福島
2010/04/17 (土)
中山 阪神
2010/04/11 (日)
中山 阪神 福島
2010/04/10 (土)
中山 阪神 福島
2010/04/04 (日)
中山 阪神
2010/04/03 (土)
中山 阪神
2010/03/28 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/27 (土)
中山 阪神 中京
2010/03/21 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/20 (土)
中山 阪神 中京
2010/03/14 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/13 (土)
中山 阪神 中京
2010/03/07 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/06 (土)
中山 阪神 中京
2010/02/28 (日)
中山 阪神
2010/02/27 (土)
中山 阪神
2010/02/21 (日)
東京 京都
2010/02/20 (土)
東京 京都
2010/02/14 (日)
東京 京都 中京
2010/02/13 (土)
東京 京都 中京
2010/02/07 (日)
東京 京都 中京
2010/02/06 (土)
東京 京都 中京
2010/01/31 (日)
東京 京都 中京
2010/01/30 (土)
東京 京都 中京
2010/01/24 (日)
中山 京都 中京
2010/01/23 (土)
中山 京都 中京
2010/01/17 (日)
中山 京都
2010/01/16 (土)
中山 京都
2010/01/11 (月)
中山 京都
2010/01/10 (日)
中山 京都
2010/01/09 (土)
中山 京都
2010/01/05 (火)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラス0秒4、日曜日がプラス0秒6だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は速い時計出る馬場状態だったが、2週目には雨や風の影響でやや時計を要した。3週目はマイナス方向に時計を戻したものの、先週は一気にプラスゾーンへと移行している。
芝そのものが傷み始めた影響か、先々週と比べると時計の出方もこれでもかと言うぐらい大きく鈍った。ただ、脚質的には極端に差しが届くようになった印象はなくて、先々週と同様先行・差し混在だった。実際先行馬と差し馬が1・2着という組み合わせの決着が多かった。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。ここまで8日間を振り返ると、1週目は脚抜きが良く、速めの時計が出るコンディションだったが、徐々に時計が掛かり、先週はプラスゾーンに突入した。
多少雪はちらついたが、馬場に影響を及ぼすほどではなくて、土日ともパサパサの状態だった。結果先々週よりも時計の出方は鈍って、終始プラスゾーンで推移した。馬場差は土日ともプラス0秒1。脚質的には依然先行有利の状況が続いている。差しは本当にたまに来る程度。


  タイム分析
 2010/12/25 (土)  芝=+0.4  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 カルドブレッサ    牡2 未勝利 1:36.4 +0.6 --- +0.3 --- D B --
5R T1800 ハンドインハンド    牡2 未勝利 1:48.4 -0.3 --- -0.7 --- B B --
7R T1600 グルヴェイグ    牝2 新馬 1:36.3 +0.2 --- -0.1 --- C C --
9R T1600 ドリームゼニス    牡4 摂津特別1000 1:34.9 +0.9 --- +0.6 --- D D --
10R T2000 マルカボルト    牡3 元町SH1600 2:01.1 +1.6 --- +1.2 --- E D --
11R T2000 ダノンバラード    牡2 ラジオNIG3 2:02.2 +1.2 --- +0.4 --- D C --
 2010/12/25 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 トレンドハンター    牝2 未勝利 1:57.4 +2.5 --- +1.8 --- E D --
2R D1400 カラフルデイズ    牝2 未勝利・牝 1:26.2 +0.2 --- +0.1 --- C D --
6R D1400 タガノルナリロ    牡2 新馬 1:28.0 +1.8 --- +1.7 --- E C --
8R D1200 キングパーフェクト    牡4 500万下 1:11.5 -0.8 --- -0.9 --- A C --
12R D1800 リバプールサウンド    牡7 1000万下 1:52.8 +0.5 --- +0.4 --- D D --

阪神1R 2歳未勝利 タイムE
基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 2歳未勝利 注目
前走5着以内の馬が12頭も出走したレースだった。という訳でメンバーランクはB。勝ったカルドブレッサ・2着アドマイヤバートンも次走有力だが、より評価したいのは3着ノーザンリバー
3着 ノーザンリバー 番組注目馬
休み明けの今回のレースで、しかもスタートで出遅れた。道中も外外を回りながら、直線は外からしぶとく相当長く良い脚を使っていますから、この馬新馬戦ではレーヴディソールの2着だった馬ですから、叩き2走目の次走は勝ち負け。注目馬。
阪神5R 2歳未勝利 タイムB
逃げていたフォーカルシャインは4コーナーで早くも一杯。変わってジェントルマン・メイショウヤマカゼが先頭に出て直線に。打ちからサイモンロードが伸びかけるが、残り100mで外から2頭もの凄い脚で追い込んで来る。大外のハンドインハンドがアドマイヤカーリンとの追い比べを制した。
前走2着の馬が5頭も出走していてメンバーランクはBとしたが、実際それを裏付けるかの様に勝ち時計も速かった。加えてレースのラスト2ハロンも11秒7-11秒8という事で、最後までラップが落ちていない点も価値があると思う。
1着 ハンドインハンド 
母シェイクハンド譲りの切れ味を発揮して、実質直線だけの競馬で差しきった。1走毎の競馬内容も良化しているだけに、昇級しても通用。
2着 アドマイヤカーリン 番組注目馬
直線でヨレるアクシデントがあったが、それでもラストまでしぶとく粘った。これでデビューから3戦連続の2着ですから、次走は首位有望。注目馬。
5着 ソルデマーヨ 
直線で不利を受けた。それでも5着と崩れなかったソルデマーヨは次走も引き続き有力。
9着 ウインルキア 
直線で不利を受けた。
阪神6R 2歳新馬 タイムE
基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
阪神7R 2歳新馬 注目
1着 グルヴェイグ 
父ディープインパクト・母エアグルーヴという良血馬。実際走りも両親譲りで直線で一旦狭くなったが、そこから外に出してからの伸びは良かった。最後も坂の一番苦しいところから伸びて、きっちり差しきった走りの印象は父と言うか、どっちかと言うと母に似ている感じがする。牝馬ながら勝負根性も非凡ですし、距離面の融通も効きそうで将来性は十分だと思う。
阪神8R 3歳上500万下 タイムA
先行していたキングパーフェクトが直線に向いたところで抜け出して行く。そのまま後続との差を広げて行き、注目は2着争いとなる。外からスマートキャスターとイチオカが良い脚で伸びてくる。外のイチオカの脚が勝り、2着に上がるが先頭のキングパーフェクトは余裕でゴールした。
結果勝ち馬が強すぎた事で、それを追いかけた馬たちは軒並み失速したので2・3着には差し馬が台頭するという結果になった。
1着 キングパーフェクト 
初めてのダート戦でレースぶりが一変した。ジョッキーによると中団につけるつもりだったらしいが、楽な手応えでハナを奪うと直線で後続を突き放した。まだ砂をかぶってどうかの不安もあるが、それにしてもこの勝ち時計は出色ですから、昇級しても勝負になると思う
少なくとも1000万クラスまでなら連勝できると見る。
7着 プリサイストップ 
番組注目馬。これは痛恨の出遅れだった。おまけに鐙まで外れてしまったので、結果7着が精一杯。ゲートはもう大丈夫だと踏んで注目馬に選んだが、こういう事になった。
阪神10R 元町S タイムE
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
阪神11R ラジオNIKKEI杯2歳S 
アドマイヤコリンが逃げて緩やかなペースだった。このレース、毎年緩やかになりがちだが、今年もペースが遅かった分若干行きたがる馬がいた。ただ、直線に向くとそのまま前の馬が残る展開ではなく、結構差し馬が伸びてくる形になって直線で不利を受けた馬も居たが、最後は激しい追い比べの結果ダノンバラードが抜け出して、オールアズワンがしぶとく粘って2着だった。
1着 ダノンバラード 
もう1にも2にも折り合いがつくかどうかが一つのポイントだったが、今回行きたがる面を多少見せたが非常に折り合いは上手くついたなと思う。となると元々瞬発力がある血統であり、この馬自身そうですから非常に最後の伸びは目立った。今後距離が伸びてさらにペースが緩やかになった時の対応が課題になってくると思う。
==武豊騎手==
道中ずっと良いリズムで行けたし、4コーナーの手応えも十分。直線半ばで何とかなると感じた。抜け出して1頭になると、物見をしてブレーキをかけようとしていたけど、強いレースだった。池江泰郎厩舎のディープインパクトの仔で、このレースを勝ててうれしいです。来年はさらに良くなると思う。
2着 オールアズワン 
ペースが遅かった事もあって、この馬もちょっと行きたがっていたが、何とかジョッキーがなだめて非常に折り合いがついて、最後までこの馬自身の持ち味であるしぶとさを活かした。確かに競り負けはしたが、この馬自身は休み明けでしたし、グランプリボスから寸法を測っても上位の実力があることには違いないですし、次走も引き続き注目したい。
3着 コティリオン 
道中良い感じで折り合いがついていた。ちょっと外に逃げ気味だったり不器用な面はあるが、溜めれば溜める程切れるなという印象を持ちましたし、恐らく直線で前がつかえて無ければ上位2頭の争いには加わっていたと思う。ですから、この馬も負けはしたが、力は示しましたし、距離延長にも対応したという事で、将来に向けては非常に良い経験になったなと思う。
8着 ショウナンマイティ 
これはちょっともともとテンションが高くて、引っかかる面のある馬だが、今回初めて馬込みで競馬をしたことによって、戸惑った印象が強いので、今回の負けだけで見限るのは早計だと思う。

  馬券Summary
結局、何も変わらず
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26