機械買いなら100万馬券も


 以前も少し触れた、調教の指数の件、リンク先のは単純に「出走馬の中で1位の馬」を調べると勝率約12%で単回が86円になる。TARGETの検証方法で外部指数を2つ読み込ますことができないので、他の指数(スピード指数)と組み合わせての検証となると、プログラムを組まなければならないので、そこまではできておらず。ただ、人気のファクターならすぐに調べられるので、指数1位でn番人気の馬…というような検証なら可能。

で、馬券シミュレーションの機能を使ってみると、

出走馬の中で調教が一番良い馬かつ1~2番人気の馬を頭に(マルチ無し)、指数2~6位の馬への流しで買うと同じ指数の馬がいなければ、大体20点買いになる。これだと

的中率は8.2%で回収率が120%。

ただ、あんまりコレはやりたくなくて(コレで馬券を買いたくなくて)、あくまでも“予想する”のが楽しいのであって、投資みたいな感覚じゃないのよね…。
数値のデータ自体は悪くないはずなので、どう使うのがベストなのかを摩策している段階。相変わらずスピード指数×展開×調教の3点で十分だと思うけど、コレのバランス配分がねぇ…。
実績作らないと。高松宮記念に突っ込んだ分がなくならない内に近いうちに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。