引き続き調整&騎手の出遅れ率


 調教の善し悪しを判断するために、引き続き調教の時計を分析。能力や展開等々を全く考慮せずに、単純に調教時計の速い馬の成績を調べる。というかバランス調整している。

何も考えずに時計だけを判断すると↓こうなる

次に追った強さによって補正をかけてみると↓こうなる

この2つだけを比べてみると強さで補正した方が若干ではあるものの、指数1位の馬の成績は良くなる。

後者の強さによる補正をかけたパターンで、各時計のウェイトを思いっきり変えてみると↓こうなった

現時点だと一番最初に作った、真ん中のパターンが良さそうなので、強さによる補正値の調整をかけてみるか。
プログラマーではないので、試行錯誤しながらphp上で計算式いじって、updateのSQL作ってDBアップデートしてCSV形式で保存という感じの作業になってしまっている。プログラムの知識があればもっと短縮できるのかもしれないが、1サイクルで3~4時間かかってしまっている。何かの作業をしている裏で勝手に計算させているので、手がかかっている訳ではないにせよ時間だけがかかってしまっている。

そういえば、インターネット馬三郎を見ていて、騎手別の出遅れ率なるデータがあったのが気になった。

どうやって算出しているんだろうか。紙面に載せる短評?に「出遅れ」とあるアレを集計しているんだろうか。あと、このデータは重賞に限った事なのかトータルでのものなのか謎。

 インターネット馬三郎を起動→重賞レースを選択→「データ」という項目の一番下に騎手別の出遅れデータがある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。