2014年2回福島2日目

2014/12/28 (日)
中山 阪神
2014/12/27 (土)
中山 阪神
2014/12/21 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/20 (土)
中山 阪神 中京
2014/12/14 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/13 (土)
中山 阪神 中京
2014/12/07 (日)
中山 阪神 中京
2014/12/06 (土)
中山 阪神 中京
2014/11/30 (日)
東京 京都
2014/11/29 (土)
東京 京都
2014/11/24 (月)
東京 京都
2014/11/23 (日)
東京 京都
2014/11/22 (土)
東京 京都
2014/11/16 (日)
東京 京都 福島
2014/11/15 (土)
東京 京都 福島
2014/11/09 (日)
東京 京都 福島
2014/11/08 (土)
東京 京都 福島
2014/11/02 (日)
東京 京都 福島
2014/11/01 (土)
東京 京都 福島
2014/10/26 (日)
東京 京都 福島
2014/10/25 (土)
東京 京都 福島
2014/10/19 (日)
東京 京都 福島
2014/10/18 (土)
東京 京都 福島
2014/10/14 (火)
京都
2014/10/13 (月)
東京
2014/10/12 (日)
東京 京都
2014/10/11 (土)
東京 京都
2014/10/05 (日)
新潟 阪神
2014/10/04 (土)
新潟 阪神
2014/09/28 (日)
新潟 阪神
2014/09/27 (土)
新潟 阪神
2014/09/21 (日)
新潟 阪神
2014/09/20 (土)
新潟 阪神
2014/09/14 (日)
新潟 阪神
2014/09/13 (土)
新潟 阪神
2014/09/07 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/09/06 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/31 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/30 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/24 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/23 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/17 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/16 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/10 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/09 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/08/03 (日)
新潟 小倉 札幌
2014/08/02 (土)
新潟 小倉 札幌
2014/07/27 (日)
福島 中京 札幌
2014/07/26 (土)
福島 中京 札幌
2014/07/20 (日)
福島 中京 函館
2014/07/19 (土)
福島 中京 函館
2014/07/13 (日)
福島 中京 函館
2014/07/12 (土)
福島 中京 函館
2014/07/06 (日)
福島 中京 函館
2014/07/05 (土)
福島 中京 函館
2014/06/29 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/28 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/22 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/21 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/15 (日)
東京 阪神 函館
2014/06/14 (土)
東京 阪神 函館
2014/06/08 (日)
東京 阪神
2014/06/07 (土)
東京 阪神
2014/06/01 (日)
東京 京都
2014/05/31 (土)
東京 京都
2014/05/25 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/24 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/18 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/17 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/11 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/10 (土)
東京 京都 新潟
2014/05/04 (日)
東京 京都 新潟
2014/05/03 (土)
東京 京都 新潟
2014/04/27 (日)
東京 京都 福島
2014/04/26 (土)
東京 京都 福島
2014/04/20 (日)
中山 阪神 福島
2014/04/19 (土)
中山 阪神 福島
2014/04/13 (日)
中山 阪神 福島
2014/04/12 (土)
中山 阪神 福島
2014/04/06 (日)
中山 阪神
2014/04/05 (土)
中山 阪神
2014/03/30 (日)
中山 阪神 中京
2014/03/29 (土)
中山 阪神 中京
2014/03/23 (日)
中山 阪神
2014/03/22 (土)
阪神 中京
2014/03/21 (金)
中山 中京
2014/03/16 (日)
中山 阪神 中京
2014/03/15 (土)
中山 阪神 中京
2014/03/09 (日)
中山 阪神
2014/03/08 (土)
中山 阪神
2014/03/02 (日)
中山 阪神 小倉
2014/03/01 (土)
中山 阪神 小倉
2014/02/24 (月)
東京
2014/02/23 (日)
東京 京都 小倉
2014/02/22 (土)
東京 京都 小倉
2014/02/18 (火)
東京
2014/02/17 (月)
東京
2014/02/16 (日)
京都 小倉
2014/02/15 (土)
京都 小倉
2014/02/10 (月)
東京
2014/02/09 (日)
京都 小倉
2014/02/08 (土)
京都 小倉
2014/02/02 (日)
東京 京都
2014/02/01 (土)
東京 京都
2014/01/26 (日)
中山 京都 中京
2014/01/25 (土)
中山 京都 中京
2014/01/19 (日)
中山 京都 中京
2014/01/18 (土)
中山 京都 中京
2014/01/13 (月)
中山 京都
2014/01/12 (日)
中山 京都
2014/01/11 (土)
中山 京都
2014/01/06 (月)
中山 京都
2014/01/05 (日)
中山 京都
馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス1秒1だった。
 土曜は稍重でスタートして5Rから良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。雨の影響は残っていたも、速い時計の出るコンディションだったと言えるだろう。日曜は土曜よりも乾いて、馬場差としては若干ではあるが、マイナス方向に大きくなった。連対馬を見ると、前へ行って内を立ち回った馬が粘っていた。土日を合わせて14鞍の内10鞍で逃げ・先行馬が連対という感じだった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒6からマイナス1秒2へと変動、日曜がマイナス1秒0だった。
 土曜は馬場発表が重から稍重に変更されたが、馬場差も変動となった。時間の経過とともに徐々に水準方向に近づいて行く普通の変動。ただし、変動の幅はそれほど大きくなかった。日曜は終日稍重で馬場差も安定していた。土曜日の終わりよりも少しだけ水準に近づいて、馬場差はマイナス1秒0だった。いずれにしろ土日ともに高速馬場。福島らしく、前の組での決着が多かったが、特に土日で5連対した逃げ馬の活躍が目立った。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/07/06 (日)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 ショウナンバクフウ    牝3 未勝利・牝 1:08.9 -0.9 --- -0.2 -0.7 C E
5R T1800 フォワードカフェ    牡2 新馬 1:51.1 +1.2 -0.9 +1.3 -1.0 SL C
6R T1200 クラウンノキミ    牡2 新馬 1:10.4 -0.2 --- +0.5 -0.7 D C
7R T2000 サーストンコラルド    牡3 未勝利 2:01.7 +0.1 --- +1.2 -1.1 E D
9R T1800 アートフェスタ    牡3 雄国沼特500 1:47.0 -0.9 --- +0.1 -1.0 C C
10R T1200 シゲルカガ    牡3 さくらん1000 1:07.7 -1.1 --- -0.4 -0.7 B C
11R T1800 ウインマーレライ    牡3 ラジオNIHG3 1:45.9 -1.0 --- ±0 -1.0 C C

2014/07/06 (日)  ダ=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1150 サンタレジーナ    牝3 未勝利 1:09.4 +0.2 --- +0.9 -0.7 E D
3R D1700 フジマサクラウン    牡3 未勝利 1:46.1 -1.0 --- ±0 -1.0 C D
8R D1700 ソーミラキュラス    牝4 500万下・牝 1:44.3 -1.7 --- -0.7 -1.0 B D
12R D1150 ボンジュールノゾミ    牝4 500万下 1:07.9 -0.6 --- +0.1 -0.7 D C

         

8R500万下・牝 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ソーミラキュラス コメントなし
8R500万下・牝 番組注目馬
2着 タイキグラミー コメントなし
馬券Summary
巴賞から函館記念を考える
巴賞は函館記念の重要なステップレースだが、過去10年の函館記念において、前走が巴賞だった馬が5勝2着6回3着3回と連対馬の半数以上を占めている。5勝の内訳は巴賞1着から4着馬が各1勝で、残る1頭は巴賞11着だった。ただ、よくよく調べてみると、この5勝のうち3勝が同一馬。2005年から2007年で勝ったエリモハリアー。エリモハリアーのような馬が再び現れるとはちょっと考えにくいので、2008年以降6年間でデータを取り直してみる。この内2009年は札幌開催。すると前走巴賞だった馬は2勝2着4回3着3回と。巴賞が重要なステップレースである事には変わりないが、近年の傾向からは巴賞については函館記念で1着よりも2・3着の方が多いことがわかる。また、2008年以降の2勝はそれぞれ巴賞で3着・4着だった馬で巴賞1着馬はなんと2008年のフィールドベアのみで2着1回のみ。フィールドベアが2着しただけ。ここ5年連続して巴賞1着馬は4着以下に沈んでいる。過去3年は連続して巴賞1着馬が1番人気だったのに、4着以下に沈んでいる。これはちょっと勝ち馬はどうなのかなという感じがある。さらに2着3回3着3回は巴賞5着から8着馬。しかも、巴賞で4番人気以内だった馬が1勝2着3回3着3回とよく頑張っている。巴賞から函館記念に向かう馬を狙うなら4番人気以内で5着から9着ぐらいだった馬を狙うべきじゃないかと。
ながえスタイル30%OFF
↑ながえスタイル30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準