ヒメカノ ダウンロード販売

2014年2回函館3日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒4だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、マイナス1秒台かそれに近いレベルで速めの時計の出るコンディションが続いている。
 芝では雨の影響は残っていなかった。先週からコース設定がBコースに替わって、今年の函館開催では最も時計が速かった1回函館2週目と同じレベルに戻ったと言える。函館は今週が最終日となるが、雨の影響が無ければ、速めの時計の出るコンディションが続くんじゃないでしょうか。連対馬を見ても、傷んでいない馬場らしい傾向と言うべきだろうか、内を立ち回った馬が優勢で、この点も一転するとは考えにくい。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス0秒8だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス1秒1の馬場差だった先週土曜を除けば、マイナス0秒8かマイナス0秒7の馬場差。
 土曜は稍重だったが、前開催から続く良馬場の馬場差よりも若干速いレベルで、1回開催の開幕週みたいな超高速馬場ではなかった。日曜は稍重が残ったが、連続開催の良馬場の水準に戻ったと言えるだろうか。なお、日曜は馬場発表は変更されているが、馬場差は変動ではなく一定とした。土曜は全てのレースで逃げ馬か先行馬が連対しており、引き続き前有利の傾向。また、土日で3勝しているマクリ。この戦法も目立つ週だった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/07/12 (土)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 サンマルバクシン    牡3 未勝利 1:09.8 -0.8 --- ±0 -0.8 C D
5R T1200 アクティブミノル    牡2 新馬 1:09.8 -1.5 --- -0.7 -0.8 B D
6R T1800 クリノダイコクテン    牡3 未勝利 1:49.1 -1.1 --- +0.2 -1.3 C C
8R T2000 エーシングルーオン    牡5 500万下 2:00.7 -1.5 --- -0.1 -1.4 C D
10R T1200 ツクバジャパン    牡3 下北半島500 1:09.3 -0.7 -0.2 -0.1 -0.8 C C
11R T1800 フラアンジェリコ    牡6 五稜郭S1600 1:47.5 -0.4 --- +0.9 -1.3 E D

2014/07/12 (土)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 ラブミークン    牡2 未勝利 1:00.1 -0.4 --- +0.2 -0.6 C D
2R D1700 シュンドルボン    牝3 未勝利・牝 1:47.5 -0.3 --- +0.8 -1.1 D D
4R D1000 キョウエイカプリス    牝3 未勝利 0:59.6 -0.4 --- +0.2 -0.6 C D
7R D1700 アピシウス    牡3 500万下 1:46.0 -0.6 --- +0.5 -1.1 D D
9R D1700 タプローム    牝4 500万下・牝 1:45.3 -1.3 --- -0.2 -1.1 C D
12R D1700 ミッキースマホ    牡4 渡島特別1000 1:44.6 -1.2 --- -0.1 -1.1 C C

         

5R新馬 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 アクティブミノル コメントなし
11R五稜郭S1600 解説者次走危険馬
2着 サクラボールド 市丸博司 次走危険馬
およそ7ヶ月ぶりの実戦だった今回だが、2着に入って次走は人気になりそう。ただ、このレースタイムランクEで恵まれたところもあったんじゃないかと、それを理由にしたい。次走は2走ボケの恐れもちょっとあるかなという気もしますし、得意の洋芝を使うという事で、中1週で札幌競馬場グランドオープン記念というのがあるので、これに出たとしても危険なんじゃないかなと考えた。
馬券Summary
1000万下・芝1200mはスロー多し
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準