2014年2回東京1日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0だった。
 1回東京開催は雪の影響を大きく受けてしまって、そこからどこまで芝が生育しているかが焦点だったが、見事に生えそろって綺麗な馬場だった。っと言っても馬場差はマイナス1秒0ですから、超高速馬場という程ではない。逃げ切りあり、追い込みありという結果だったが、前めに行った馬が上位を占めているレース、具体的には日曜5R・9R・10Rだが、これは超スローペースだった。日曜の6R・7Rも超スローだが、どちらもディープインパクト産駒が速い上がりで追い込みを決めている。つまり、普通のペースになれば差しが決まる馬場であって、スローでも切れ味で上回る馬なら届くことがある。先週日曜は開幕週だったので、前残りが結構あったという事ではなく、超スローのレースが多かったという事。特に日曜10R、これは前半1000mが64秒3で、後半1000mが58秒7。こんな超スローだともう馬場がどうこうという以前の問題で前残りになる。2回東京はトータル6週12日間の開催で、来週までAコース使用。その後Bコースに替わる。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。
 見た目にはかなり乾燥しているようだったが、実際には時計の掛かる馬場ではなくて、ほぼ水準だった。前が有利とかあるいは差しが効くあるいは、内が有利・外が伸びるといったそういう偏りもなかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/04/26 (土)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1800 レッドシェリール    牝3 未勝利・牝 1:48.5 -0.2 -0.6 +0.1 -0.9 C D
5R T1600 ベストドリーム    牡3 未勝利 1:34.9 -0.8 --- ±0 -0.8 C D
8R T1800 イレプレイスブル    牡4 500万下 1:47.4 -0.3 -0.3 +0.3 -0.9 C C
9R T2300 ハギノハイブリッド    牡3 新緑賞500 2:20.1 -1.0 --- +0.2 -1.2 C C
11R T2400 ラブリーデイ    牡4 メトロポH 2:25.2 +0.4 -0.4 +1.2 -1.2 E D
12R T1600 チェリーヒロイン    牝5 1000万下・牝 1:33.5 -0.7 --- +0.1 -0.8 C D

2014/04/26 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 オクリモノ    牝3 未勝利・牝 1:27.3 +1.3 --- +1.2 +0.1 E D
2R D1600 メガオパールカフェ    牡3 未勝利 1:39.7 +0.5 --- +0.4 +0.1 D D
3R D2100 クールジャイロ    牡3 未勝利 2:13.8 +0.1 -0.3 -0.3 +0.1 C D
6R D1600 ストロングサウザー    牡3 500万下 1:38.0 -0.3 --- -0.4 +0.1 B D
7R D1400 ブルーイングリーン    牡5 500万下 1:25.7 +0.8 --- +0.7 +0.1 D D
10R D1400 カチューシャ    牝5 ウインズ1600 1:24.2 +0.7 -0.3 +0.3 +0.1 D D

         

6R500万下 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ストロングサウザー コメントなし
馬券Summary
ディープインパクトの4週間
後ほど
30% OFFセール
↑30% OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準